TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第20話「聖邪決戦」【感想コラム】

TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第20話「聖邪決戦」【感想コラム】

TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第20話「聖邪決戦」のあらすじ

教皇の「大聖堂」に囚われた尚文たちは攻撃の手を休めなかった。しかし、「大聖堂」は神聖な領域なので、呪いの盾は無効化されてしまい、あと一撃が届かなかった…。

そこで、尚文は新たに解放された呪いの盾の力を使おうとするが、竜の怒りに心を蝕まれていく…。

奮闘するも…

TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第20話「聖邪決戦」【感想コラム】

画像引用元:(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

「大聖堂」に囚われてもなお、尚文たちは攻撃の手を休めなかった。錬と樹が連携攻撃をして、続いてフィーロに乗ってラフタリアが教皇に攻撃を仕掛けるも、外にいる信者たちが癒してしまう…。

今度はフィーロに尚文が乗って、元康をクチバシでつまんで一緒に連れて行きました。尚文が「教皇に近づいたら俺に攻撃しろ」と言ったので、元康は言われるがまま盾に攻撃すると、呪いの炎が発動して教皇に目がけ放ちましたが…「大聖堂」の中は聖域なので、呪いの力は無意味でした。

信じています!

教皇は外にいる司教にさらなる祈りが必要と言って、信者たちに魔力を集めさせました。魔力が溜まって、天井いっぱいにまで光が広がってしまうと大技が来ると思い、元康たちは尚文の盾の力に頼ろうとして、錬が特殊スキルとかないか尋ねました。

尚文はそんなものがあるわけないと答えようとしたら、先程使った呪いの力の反動で体に異変が生じて、新たな呪いの力を使えるようになりました。

ラフタリアは、またあの力を使おうとする尚文を心配しましたが

「前も大丈夫だったんだ。今度も帰ってこられる」

と言ったので、ラフタリアたちは信じることにしました。

呪いの力に墜ちてしまう…

TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第20話「聖邪決戦」【感想コラム】

画像引用元:(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

呪いの力を解放すると「怒りに身を任せれば苦しむこともない」と言う声が聞こえましたが、尚文は必死に怒りに塗り潰されないように抗いました。

しかし、その怒りは竜だけのものではなく、尚文の内から湧き上がるものだと言われ、これまでに受けた恥辱や屈辱にまみれた怒りを思い出さされました。

そして、炎と呪いの力を使って相手を屈服させ従属させ蹂躙した心地よさ、満たされたことを尋ねられ

「怒れ!力を求めよ!そしてすべてを燃やし尽くすがよい!」

と言われて、尚文は呪いの力に呑まれてしまいました…。

TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第20話「聖邪決戦」の感想

画像引用元:(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

まさか女王自ら戦場に赴くとは思いませんでした。てっきり、幽閉されていて外に出られないものかと…。女王が戦闘準備している時、なんか色気が滲み出ていました。さすが、きっこさん!17歳(自称)とは思えないです(笑)

「大聖堂」に囚われてしまった尚文たちは頑張って戦っていましたね。錬と樹の連携攻撃はお決まりになってきましたが…尚文の言われた通りにしただけとはいえ、まさか尚文と元康が連携攻撃をするなんて思いませんでした。教皇には全く効いていませんでしたが、あの攻撃カッコよかったです!

教皇はホント嫌な奴です!自分を信じてついてきてくれた人たちに「死ね」と言っているわけですから…人としてではなく魔力源ぐらいにしか思っていないんでしょうね!

困った時だけ、尚文頼りなんて…呪いの力を使うしかないじゃないですか!ラフタリアにあんな心配そうな顔をさせるなんて辛いです。尚文が「今度も帰ってこられる」なんてフラグをたてるから心配したんですが…やっぱり呪いの力に呑まれてしまいました。

果たして尚文は帰って来られるのか!?ぜひアニメをご覧下さい!

文章:kyouei-弥生いろは

題名 盾の勇者の成り上がり
原作 アネコユサギ(原作者)、弥南せいら(小説挿絵)
監督 阿保孝雄
キャラクターデザイン
総作画監督
諏訪真弘
シリーズ構成 小柳啓伍
出演 岩谷尚文・石川界人
ラフタリア・瀬戸麻沙美
フィーロ・日高里菜
公式サイト http://shieldhero-anime.jp/

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』キャラクター紹介【感想コラム番外】

2019.03.02

大好評の盾の勇者の成り上がりを見逃さないで!



TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』用語解説【感想コラム番外】

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。