ブラッククローバー 第85話「裸の付き合い」【感想コラム】

ブラッククローバー 第85話「裸の付き合い」【感想コラム】

王撰騎士団(ロイヤルナイツ)選抜試験が終わったところで、次の章へ入る前にアニオリの補完です。
今回は今後の展開にも関わる、ヤミ団長とヴァンジャンス団長の物語です。

放心状態のアスタ

ブラッククローバー 第85話「裸の付き合い」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

ライバルであるとユノと戦えず、先を越されてしまったアスタ。
今週も放心状態。

みんなが励ましてくれるけど、反応は薄く。

試験に合格し、「白夜の魔眼」殲滅の部隊に選ばれれば、またクールイケメン(ユノ)に追いつける。
と、マグナに言われても反応が薄いアスタ。

合格するかどうかは、むしろマグナのほうが気になってドキドキでした。

そこでヤミ団長は、風呂に入って気分転換をすることに決めます。
拒否するアスタを無理やり連れていき、みんなでお風呂タイム!

女湯のシーンも登場しますが、やたらと色の濃いお湯です。

ヤミ団長の過去

ブラッククローバー 第85話「裸の付き合い」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

ヤミ「こうしてると、昔のことを思い出すぜ」

と、昔話をはじめるヤミ団長。
この回想はアニオリですが、重要な補完です。

まだ若かった頃のヤミ団長(といっても今も28歳なので若いです)は、田舎の山中で釣りをしていました。

空腹のヤミの前に現れたのは、近くの村に住む人々。

村人たちは、作物を奪いにくる盗賊団に困っていました。
辺鄙な村にまで魔法騎士団の手は回らず、偶然近くに来ていた修行中のヤミに依頼をすることに。

3食と昼寝場所の提供だけで仕事を受けるヤミ。

ヴァンジャンスとの出会い

夜。

「おっぱらうだけじゃまた来るかもしれねーから」

と、盗賊団をひとりひとり倒していくヤミ。

敵は数で圧倒しようとしますが、それを堂々と正面から破っていきます。

と、そこへまだ団長ではなかった頃のヴァンジャンスが登場。

ヤミはヴァンジャンスとはじめて会いましたが、息をあわせて戦います。
盗賊団はボス以外を殲滅。ボスは逃しましたが、これで村は安全です。

2人はライバル

当時の「水色の幻鹿」団は“灰色”で、今の魔法帝であるユリウスが団長を務めていました。
ヤミはそんなユリウスの下につく団員で、ヴァンジャンスは最近入った変な仮面の新人です。

異国の人間で大暴れしているヤミは有名で、初対面なのにヴァンジャンスはヤミのことを知っていたのです。

今は行く道が違っていても、きっと同じ道を行く。

と、ヴァンジャンス。ヤミはヴァンジャンスをライバルとして認め、以後競い合うようになるのでした。


現1位の団「金色の夜明け」団長のウィリアム・ヴァンジャンス。
元最下位である「黒の暴牛」団長のヤミ・スケヒロ。

ふたりはともに魔法帝との間に信頼関係があり、ともにライバル同士だったのです。

まさに、1世代前の主人公!
という感じですね、ヤミ団長。

そんなヤミ団長の故郷についてはいまだ謎ですが、少年時代についてはPS4版の『ブラッククローバー カルテットナイツ』で触れられています。漫画版も出ていますが、ゲームも面白いのでオススメです。

『 ブラッククローバー カルテットナイツ 』の水着DLCがセクシーすぎる!お尻まで作り込まれているぞ!!

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

アニメ『 ブラッククローバー 』 「白夜の魔眼」のまとめ&今後の見どころ【感想コラム】

ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。