TVアニメ『 鬼滅の刃 』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」【感想コラム】

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」【感想コラム】

『 鬼滅の刃 』第11話「鼓の屋敷」では、異能の鬼の血鬼術は屋敷そのものを回転さたり変えたりと厄介なものでした。

炭治郎VS異能の鬼が始まるかと思いきや、二刀流のイノシシまで乱入するし、善逸はネガティブすぎて震えて逃げ惑うだけ、しっかりしてよー鬼殺隊と言いたくなるそんな内容でした。

今回、このメンバーでどんなバトルが展開されていくでしょうか?

それではさっそく、第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」振り返っていきましょう。

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」あらすじ

鼓を打つ度に、部屋が回転する不思議な屋敷の中で、炭治郎と別れてしまった善逸は正一を連れ、恐怖に絶望していた。

一方、炭治郎は異能の鬼「響凱」(きょうがい)と相対する、手負いという圧倒不利を覆すことはできるのか……

だた強く猪突猛進、敵か味方か?

てる子を踏みつけ日輪刀を振り回すイノシシ頭は炭治郎に切りかかるし、邪魔をする者すべてを見境ないって感じですね。

メインキャラなのにダークヒーローを貫く、強さのみを求める野生み溢れる野獣そのもの。口も悪いし見た目も怖いって感じだし、炭治郎は優しき心。善逸は超超ネガティブ。

鬼殺隊はキャラが濃くないとなれないの?って思いました。それだけにこの3人の掛け合いが楽しみ~

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」【感想コラム】

画像引用元:(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

善逸はネガティブの極

前回も今回も超超超ネガティブの逃げ惑い絶望に支配される善逸。

しかし、1つ気になった事があるんですが…彼が「最終選別」あの過酷な状況をなぜ生き残れたの?って思いませんか…

善逸の見どころでもある部分がしっかり描かれていました。言うなれば、刹那一閃ですかね。

そりゃ、生き残れるわっと納得のシーンでもあり、子供になんとか出来るわけないって言ってたのに、「君がやったの?」なんとも善逸らしくて笑えました。

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」【感想コラム】

画像引用元:(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

酔いそうなほどバトル白熱

響凱はひたすらに「まれち」のみを求める。その背景には十二鬼月が…鬼舞辻 無惨が…弱い奴にかまってるヒマはない強烈な縦社会だなって思いました。

しかし、回る屋敷のハイクオリティなこと。例えば、回った時の炭治郎の日輪刀の輝き方も、攻撃に転じる際の回るこった戦闘シーンの描き方もそうです。

いかに、瞬間的判断しなければいけない緊縛した状況なのか良く伝わってきますよね。あまりにすご過ぎて酔いそうでした。

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」【感想コラム】

画像引用元:(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

でもギャグなしでは語れない

そいえば、骨折してたな~程度しか思えないほど炭治郎のポーカフェイスにも驚き。

が、もっと驚いたのは“その痛みに耐えれた理由”です。

俺は長男だから我慢できた、次男だったら我慢できなかった。どういう理屈なんですか炭治郎さん?そこ詳しく聞きたいです!まぁ、兄弟が多い中で色々我慢してきたから精神的に強い炭治郎ということですかね?にしても、響凱との戦闘中にそんなこと考えるの?って笑っちゃいました。

輪切りのシーンも抱き枕のような人形だったし、この緊迫と緩和。ここもまた『鬼滅の刃』の良さですね。

そして、話は変わりますが、今回の「次回予告」も大正こそこそウワサ話はいずこへ~炭治郎も自分を応援、筆者も炭治郎を応援します!

今回はのくらいにして、さらに白熱バトルにワクワクながら、次回第13話「命より大事なもの」お楽しみに!!

文章:あそしえいつAM

鬼滅の刃 の各話をチェック!


アニメ情報リスト インデックス

2019.01.10

アニメ『 鬼滅の刃 』(きめつのやいば)の魅力を語りたい!!

鬼滅の刃 アニメ情報

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。