TVアニメ『 鬼滅の刃 』第13話「命より大事なもの」【感想コラム】

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第13話「命より大事なもの」【感想コラム】

『 鬼滅の刃 』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」では、イノシシ頭のクレイジーな事と善逸に眠る鬼を圧倒する力が強すぎて、今までの情けない姿を払拭したんじゃ…観ているこっちも圧倒された。というような終わり方でした。
でも、善逸…その力もっと早く出してほしかったよ。

今回も引き続き、響凱との手に汗握るバトルどんな決着がつくのでしょうか?

それではさっそく、第13話「命より大事なもの」ふりかえっていきましょう。

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第13話「命より大事なもの」あらすじ

前の戦いで骨折している炭治郎は弱気になる自身を鼓舞して、必死に立ち向かいます。

響凱が使う血鬼術による攻撃にも圧倒されるが、果たして無事に響凱の頸を討ち取ることができるのか…折れた心で刃を握り炭治郎は覚悟を決める――。

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第13話「命より大事なもの」【感想コラム】

画像引用元:(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

諦めないだと…

響凱は諦めなよ、つまらないゴミやることすべて無駄。ちらつくあの時の記憶、重なる炭治郎の「諦めない」怒り剥き出しで本気でした。

高速鼓打ちで圧巻なのは、より高速回転する屋敷を描き切るなんてスゴすぎやしませんか?というか、目が回らない炭治郎もすごいけども…これより十二鬼月の方が強いとかこの先苦難しかありません。

やっぱりすごい子ですよー

炭治郎は戦いの中で学び感じ心体技を研ぎ澄まし強くなる。お決まりのパターンといえばそれまでですが、技の水しぶき表現もそうだし、炭治郎の覚悟。

「俺がくじけることは絶対にない!」

ヤケクソじゃなくて、今回は頭と体を上手く使ったところが良かったー

技の絵も綺麗痺れるほどカッコイイ、気遣いもできるとは優しい心。やっぱり、すごい子です。ジャンプ系マンガって、この感じが心地いいですよね。

TVアニメ『 鬼滅の刃 』第13話「命より大事なもの」【感想コラム】

画像引用元:(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

弱虫だが情を貫く善逸

屋敷から偶然抜け出したまでは良かった善逸でしたが、イノシシ頭が「鬼の気配がするぜぇ」言いながら表れて状況は一転、禰豆子危うし。

善逸は色々な音を聞き分けることが出来る。炭治郎で言うと鼻のような役割ですかね?炭治郎の優しい音が、善逸を突き動かす。

今まで弱虫で散々逃げに逃げていたのに、男をあげた言わざる得ませんね。

鬼殺隊同士の争いはもっと不毛

ここで思い出したのは「鬼同士の争いは不毛」という珠世の言葉でした。鬼同士の争いは致命傷を与えられないから意味がない。でも、鬼殺隊同士の争いもそれ以上に不毛って感じですよね~

だって鬼のようにすぐ傷が癒えるわけでもないし、戦うべきは鬼なのにな~って思って、戦うべき相手を間違っている!この言葉につきますよ。

『鬼滅の刃』も13話で折り返し、前半は鱗滝から炭治郎へ厳しい修行で努力、鬼達からもぎ取った勝利、そして、今回の味方のために尽くす善逸、確かな友情。

友情、努力、勝利。

ジャンプ系マンガのすべての魅力が詰まっているって思いました。

とはいえ、まだまだ前半戦が終わっただけに過ぎません。もっと凶悪な強敵が炭治郎達を待ち構えているに違いない。今までの鬼はザコだった…展開だと思うのですが

今回はこのくらいにして、炭治郎ブチ切れどうなる?ワクワクしながら次回第14話「藤の花の家紋の家」お楽しみに~

文章:あそしえいつAM

鬼滅の刃 の各話をチェック!


アニメ情報リスト インデックス

2019.01.10

アニメ『 鬼滅の刃 』(きめつのやいば)の魅力を語りたい!!

鬼滅の刃 アニメ情報

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。