TVアニメ『 からかい上手の高木さん② 』第3話「エイプリルフール」「お花見」「呼び方」 「進級」【感想コラム】

TVアニメ『 からかい上手の高木さん② 』第3話「エイプリルフール」「お花見」「呼び方」 「進級」【感想コラム】

TVアニメ『 からかい上手の高木さん② 』第3話Pick up!

第3話のお話は「エイプリルフール」「お花見」「呼び方」「進級」の4本です。その中から「エイプリルフール」と「進級」をPick up!

エイプリルフール

TVアニメ『 からかい上手の高木さん② 』第3話「エイプリルフール」「お花見」「呼び方」 「進級」【感想コラム】

画像引用元:(C) 2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会

西方に急に呼び出された高木さんがやって来ました。着くなり、高木さんがデートの誘い嬉しかったと言ったので…西方は慌てて今日が駄菓子屋の特売で、前勝負に負けた時に奢る約束したからと否定しました。

西方は今日が4月1日のエイプリルフールという事で、駄菓子屋が特売していると嘘をついて高木さんのギャフン顔を目に焼き付けてやると考えていました。

そして、駄菓子屋の前に着くと…本日特売日という張り紙がしていたので、西方は頭を抱えながらショックを受けていると

「あれ、どうしたの西方?嘘ついたのに本当に特売日だなんて…って顔しているよ」

と言われ、高木さんに見抜かれていたようでした。

進級

TVアニメ『 からかい上手の高木さん② 』第3話「エイプリルフール」「お花見」「呼び方」 「進級」【感想コラム】

画像引用元:(C) 2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会

2年になった西方は、先輩になったからにはからかわれるのはもう終わりだと意気込んで登校していました。

高木さんは西方の事を入学早々呼び捨てで、西方は未だに高木さんと“さん”付けなので…まずは呼び方を変えなければ、からかう者とからかわれる者の上下関係はこのままだと考えた西方は、今日から高木さんを呼び捨てにすると決意していました!

高木さんが登校してきて「おはよー西方」と言ったので、西方は「おはよ、高木さん」といつものように返してしまったので…頭を抱えてショックを受けていました。

西方は自分達も先輩になったので、からかうのをやめにしようと高木さんに提案すると…

ちゃんと先輩になれているかテストをすると言われました。

高木さんは後輩役になり、西方が先輩らしく出来なかったら負けという勝負が始まり

「自信あるみたいだし、いいでしょ?西方先輩」

と言われて、西方は顔が赤くなりました。

TVアニメ『 からかい上手の高木さん② 』第3話「エイプリルフール」「お花見」「呼び方」「進級」の感想

TVアニメ『 からかい上手の高木さん② 』第3話「エイプリルフール」「お花見」「呼び方」 「進級」【感想コラム】

画像引用元:(C) 2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会

私服の高木さんも良いですね!「嬉しかったよ?デートの誘い」とからかっているようで、素直に喜んでいる気もして…この時の高木さんは女の子って感じで可愛かったです。西方も照れていましたしね(笑)

エイプリルフールなので、高木さんに駄菓子屋が特売日だと嘘をついてギャフンと言わせようとしていましたね!西方の脳内の高木さんは相変わらず可愛くて、泣き顔も良かったです。結局、本当に駄菓子屋が特売日で…あの様子だと高木さんは知っていたようですね。

西方が呼び方で“からかう者”と“からかわれる者”の上下関係が始まっていると考えているのが面白かったです。あんなに呼び捨てにすると意気込んでいたのに…あっさり“高木さん”と呼んでいて、やっぱり西方は“からかわれる者”確定ですね(笑)

西方が先輩らしくできるかテストする為に、高木さんが後輩という設定で寸劇が始まったんですが、高木さんがなかなかの演技派で凄いと思いました。

第3話は駄菓子屋の中での2人のやり取りが良かったですし、高木さんが素で喜んでいる所や笑顔がとても可愛かったので「エイプリルフール」のお話が1番“ニヤキュン”でした!

文章:kyouei-弥生いろは

からかい上手の高木さん② の各話を振り返りチェック!


からかい上手の高木さん2 アニメ情報

TVアニメ『 からかい上手の高木さん 』感想コラム・総括 ~2人の甘酸っぱい関係に見ているこっちが悶え死ぬ~

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。