TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第3話「黄金の吸血姫」【感想コラム】

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第3話「黄金の吸血姫」【感想コラム】

前回の『 ありふれた職業で世界最強 』は奈落の底50階で吸血鬼のユエと出会う。

しかし、ハジメは何者からの攻撃を受ける。

今回は戦闘がメインであり、ユエはどれほど強いのか?ハッキリした回でした。

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第3話「黄金の吸血姫」あらすじ

ユエを逃がさないための罠が牙を剥き、行く手を阻む巨大な敵影。地上への道が見えぬ中、次から次へ襲い来る魔物たち。だが、ハジメは不敵に笑う。

「上等だ、邪魔するってんなら殺して食ってやる!」

ここからユエとハジメの旅が始まる―――。

黄金の吸血姫 ユエの実力

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第3話「黄金の吸血姫」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

サソリモドキが容赦なく攻撃を繰り出す。空力、縮地、多彩なスキルを駆使して攻撃をかわすハジメ。ハジメもドンナーを発砲するが、ダメージを受けているのかも怪しいほど。そんな状況を打破するため、ユエがハジメの首筋から血を吸う。

耳元で「ごちそうさま」そう呟くと…片腕をあげるユエ。

「蒼天」

巨大な青白い炎の球体がサソリモドキに直撃。堅い殻がけし飛ぶ程の凄まじい威力。

最上級魔法を使いこなすユエとハジメ。2人の連携で倒すのだった。

重なる境遇と心境

「どうしてここにいる?魔力は直接操れる?そもそも人間?腕は?」

ハジメが異様な存在だと言わんばかりにつめよるユエ。彼がここに至るまでの迷宮攻略、裏切り、絶望、豹変、事の経緯を話します。

「ハジメ…つらい。私も…つらい」

その気持ちが痛いほど分かるユエは涙を流し、「帰るところ…無い」とうつむく。

「ならユエも来るか、俺の故郷に」

思いもよらぬハジメの言葉に笑顔を向けるのでした。

互いを…

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第3話「黄金の吸血姫」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

頭上に花を咲かしたティラノの群れに襲われ、寄生されていると確信。その元凶であるエセアルラウネと戦闘へ。

しかし、ユエはハジメに魔法を…ハジメはユエに銃口を向ける。

ハジメは躊躇することなく、ユエにむかって弾丸を放つ――

ユエのおかげでハジメの渇ききった心に優しさが

ユエはやっぱり強い。サソリモドキとの戦闘で思い知らされました。

実際、ハジメ1人では苦戦していたでしょう。

エセアルラウネ戦は逆に、ユエもハジメがいなければ一生あのままだったかもしれません。2人とも強いのは確か。でも、ユエは血が必要、ハジメは火力不足。決して万能ではない。だから、あの似た者同士で協力があってこそ最強なのだろう!

そんなふうに感じられたのが良かったです。それと…

裏切り者への復讐はもういい、それより一緒に故郷にくるか。

ハジメからこの言葉が出てくるとは意外でした。ずっと憎しみを募らせているものだと思っていました…ユエを庇ったこともそうですが、優しい性格までは変らなかったようですね。

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第3話「黄金の吸血姫」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

ユエもハジメの血がとてもお気に入り。ところ構わず、チューチュー吸って愛らしかった。この2人戦闘を重ねるほど、肉体的にも精神的にも強い絆で結ばれそうです。

さて、ハイリヒ王国のクラスメイト達も迷宮攻略へ再始動、ハジメたちは奈落の底100階層。再会することはあるのでしょうか、楽しみですね。

今のハジメと出会っても別人とか思われそうだ、ステータスの上昇具合も気になる!

文章:あそしえいつYH

ありふれた職業で世界最強 の各話を振り返りチェック!


ありふれた職業で世界最強 アニメ情報