TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第二話『咆哮』【感想コラム】

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第二話『咆哮』【感想コラム】

「龍王戦」の騒動の次の日、あんずが登校していると通学路に大きな魔法陣を描いている生徒と出会います。彼の名前は逆先夏目といい、あんずと同じ2年A組の生徒です。そしてもう一人、「龍王戦」の様子を暗闇のなかスマホで鑑賞する生徒が登場します。棺桶の中にいる彼の正体とは?

騒動の次の日

あんずは保健室で、学院のスポーツドクターである佐賀美陣に体調を確認されます。そして、現在学院の注目の的であるあんずに「色々妙なことを吹き込む連中もいるだろうが、誰の言葉を信じてどういう風に関わるかはお前の心で決めろ」と助言をします。ちなみに佐賀美先生はお酒臭いので、校内で飲酒しているようです。

その後トリスタの三人と講堂へ向かっている途中、「自分たちに関わりたくないならその気持ちを尊重する、でも駆け出しのユニットなのでプロデューサーがいると助かる、革命の同志になってくれると心強い、気持ちが決まったら言ってほしい」と言われます。そのころ生徒会の一員である衣更真央は生徒会室に出向きますが、そこでは蓮巳が鬼龍に「龍王戦」での処罰を言い渡していました。さらに「子うさぎ相手でも一切手を抜くな」とも。

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第二話『咆哮』【感想コラム】

画像引用元:(c)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

講堂の中

講堂は学院の公式ライブを行う場所であり、2週間後のS1の会場にもなっています。歌が聞こえるというスバルが講堂に入ると、中には掃除のバイトをしながら歌い踊る1年生の紫之創がいました。夕方のドリフェスに自分のユニットも参加するという創。創を気に入っているスバルは見に行くことを約束し、一緒に見ようとあんずを誘おうとします。

しかしそこには1年生の双子、葵ひなたと葵ゆうたに連れていかれるあんずの姿が。双子とあんずを追いかけたトリスタの三人がたどり着いたのは、暗闇の軽音部でした。双子は、「言われた通り連れてきましたよ朔間先輩、起きてください!」と棺桶を叩いたり笛を吹いたり。そして中から出てきたのは『三奇人の朔間零』でした。

三奇人の一人

北斗によると三奇人は「圧倒的な権勢を誇る生徒会が唯一制御できない特異な存在、アイドルとしても超一流。絶対な名声を誇るたった三人の超越者。」であり、革命の味方にしたい大きな存在です。朔間零はあんずに向かって、「龍王戦」でうちの駄犬(晃牙)が迷惑をかけた、犬のしでかしたことは飼い主である自分の責任であると謝ってきます。しかし本題は、あんずを朔間零率いるUNDEADか双子のユニットに迎え入れたいというものでした。当然反抗するトリスタに、朔間零は今から一曲踊るよう指示し、この目に叶えば革命の支援をすると申し出ます。

朔間「未だ何者でもないおぬしらよ、吾輩にその価値を証明して見せるがよい」

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第二話『咆哮』【感想コラム】

画像引用元:(c)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

決まった心

何曲も歌い踊るトリスタを見た朔間零は革命にふさわしいと判断します。また、先生の言葉を思い出していたあんずの心も、トリスタのプロデューサーになると決まったようです。朔間零の指示のもと、気を使いすぎな北斗は双子と訓練を、軟弱な肉体と精神を持つ真は晃牙と特訓を、天才であるスバルはあんずと行動を共にすることになります。

真は特訓として晃牙に屋上からバンジージャンプをさせられ、北斗は双子に漫才の練習をさせられます。そのころ、スバルとあんずは約束通り創が所属するユニット「Ra*bits」のステージを見るために講堂を訪れます。創と同じユニットの真白友也、天満光が話していると、リーダーである仁兎なずなが呼びに来ます。

公式のドリフェス制度

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第二話『咆哮』【感想コラム】

画像引用元:(c)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

今回のRa*bitsの対戦相手は生徒会の紅月です。赤いペンライトで埋め尽くされている講堂で紅月の「百花繚乱、紅月夜」という曲を歌い踊るのですが、アニメ絵とCGが混ざっているため動きがなめらかで迫力があり、一曲が一つの作品のように美しいです。

特訓を終えた北斗と真が講堂に合流すると、スバルとあんずの2人が椅子に座っていました。公式のドリフェスでは格上のユニットから演目を行うため、他の生徒は成績をあげるために紅月の演目だけを見て帰ってしまったのです。そのためRa*bitsのパフォーマンスの時には観客はガラガラに。それでも懸命にパフォーマンスをするRa*bitsの姿がそこにはありました。笑って歌う創の瞳には涙が光ります。

改革についてどこか他人事のように思っていたと言うスバルでしたが、学院の制度の現実を目の当たりにして、目に涙をためながら叫びます。

「生徒会の仕組みのせいで優しいあの子が泣かなくちゃいけないなら、俺はそんなものぶっ壊してやりたいよ!」

革命への意識が変わった

二話では、トリスタを支援してくれる存在として朔間零が登場しました。棺桶から登場する変わった人物ですが、三奇人である朔間零の協力を得られたのは大きいですね。また、いつも明るいスバルが悔しさを滲ませ革命への決意を新たにするシーンでは、スバルの本気が伝わってきます。トリスタは生徒会を倒せるのか、続きが気になります。

あんさんぶるスターズ! の各話を振り返りチェック!


あんさんぶるスターズ! アニメ情報

あんさんぶるスターズ! の2.5次元舞台が人気な理由