ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

今回からブラクロのアニメは話が濃くなっていきます。
原作未読の方向けに、ラストに今回の重要ポイントについてもまとめます。

剣魔法のリヒト

ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

かつて、剣(つるぎ)魔法を使うリヒトというエルフが、「四つ葉の魔導書(グリモワール)」に選ばれました。

その姿を見てかっこいいと感じたのは、エルフの少年パトリです。

パトリはリヒト、ライアと接触し、人間について語り合います。

パトリ「人間がぼくらエルフを襲ってくるんじゃないかって話」
パトリ「あいつらは戯れのためだけに動物を殺せる、よこしまな心を持つ種族ですから」

当時のエルフはクローバー王国内のエルフたちの領域で暮らしていました。
さらに昔、人間たちは災害の危機をエルフたちに助けられました。

人間一人一人の魔力はたいしたことがない。けれど、数だけはエルフよりもずっと多い。
だから、最近の人間は調子に乗っている。

と、パトリは人間を危険視します。

けれど、エルフも人間もクローバー王国に住む種族。
わかりあえるはずだとリヒトは思います。

光魔法の人間と風魔法の妹

ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

そんな中、自然現象により暴走したマナの竜巻が発生。襲われている人間の女性を助けるべく、リヒトは剣魔法を使いました。
反対側からは、光魔法を扱う人間が現れ、竜巻を攻撃します。

剣魔法”開闢の一閃”
光魔法”アヴィオールの灯”

二つの魔法によりかき消され、救われる女性。
彼らは人間の王族で、兄妹妹の方は風魔法の使い手でした。

人間とエルフの懸け橋

リヒトと同じく「四つ葉の魔導書(グリモワール)」を持ち、人間とエルフが分かり合えると信じる少年。
彼は、エルフの魔力と人間の魔道具技術が合わされば、この地をもっとよくできると言います。

次第にリヒトと人間の兄妹は仲を深め、ライアも彼らがいい人間であることを認めます。

やがて妹テティアとリヒトの間に子供ができます。

リヒト「この子は私たちの未来だ。人間とエルフの懸け橋になるよ」

リヒトとテティアはたくさんのエルフに祝福され、結婚式をあげます。

襲われたエルフ

ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

パトリ(リヒトさん、幸せそうだな)
パトリ(あの人が言う通り、人間ともわかりあえるのかな)

人間とエルフが分かり合える未来へと近づき、幸せなリヒトたち。
しかし、そこに人間が襲い掛かります。

人間は結界によりエルフたちの魔力を封じ光魔法で虐殺をはじめました。

パトリ(これは光魔法――ということは!)

絶望の仲、パトリは見ました。
なんらかの魔法が発動する陣の下、たたずむリヒトらしき者の背中を。

転生

ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

そして。

目が覚めると、パトリの姿はリヒトになっています。

けれど、マナは人間のものです。

パトリは考えました。
リヒトが死の間際に発動した禁術により、自分は波長の近い人間の体へと転生したのだ、と。

人間の街には、ほかのエルフたちの魂も感じます。
そこで、パトリは目覚めた自分がほかのみんなの転生も完了させようと、決意しました。

こうして、パトリは殺された仲間の復活と、自分たちを殺した人間の復讐のため、グリモワールを手にします。
リヒトを名乗り、まずはライア、ファナ、ヴェットを波長の合う人間の体に転生させました。

残るみんなを復活させるために、もともとはエルフの村にあったという魔石を集めることに。

そして、現在。
目的のために「白夜の魔眼」を作ったパトリは、ラデスたち配下をいけにえに、禁術である転生魔法を発動

エルフの魂が眠った人間の体に、仲間たちを転生させはじめます。
倒れるラデスたち。

魔法を受けたユノは、体が光り――。

今回のポイント

というわけで、ついに明かされたパトリの目的。
ここで、今回のポイントをまとめます。

・リヒトとパトリは別人
剣魔法のリヒトは倒れ、転生したパトリがリヒトを名乗り「白夜の魔眼」を結成。

・「白夜の魔眼」は生贄要因

ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

「白夜の魔眼」は目的のために利用し、最後は禁術の生贄に使うコマ。

・エルフの魂は人間の中にある
禁術により、エルフの魂は波長の近い人間の中にあります。

・ファナは2人にいる
エルフであるファナと、人間でありマルスの大切なファナは別人。
人間ファナの中にある魂を転生させたのが、エルフのファナ。

・ライアの髪色が違う

ブラッククローバー 第95話「転生」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

回想のライアと「白夜の魔眼」時代のライアの髪色が違うのは、新しいライアは人間の体に転生させたもので、魂はエルフでも体は人間の別人。

・リヒトの妻は風魔法を使う

・リヒトと意気投合した人間は王子で初代魔法帝
今回アニメでは明かされていませんが、EDクレジットでは明かされています。
彼はいかにして魔神を倒し、初代魔法帝となったのか。重要ポイントです。

・エルフを襲った人間の姿は出ていない
パトリはエルフを襲う光魔法を見ました。
けれど、その場に王子の姿はありませんでした。

・禁術の発動
パトリはリヒトの後姿をうっすらと見て、彼が禁術を使ったのだと考えました。

・アンチ魔法の剣はリヒトのもの
魔女王が以前言っていたことですね。これもポイントです。

・一連の出来事はすべてクローバー王国の出来事
エルフたちが憎む人間は、クローバー王国の人間です。
いうならば、これは内戦です。

・とくに王族を憎む
ライアは以前言っていました。
王族に魔力を奪われた、と。

・王族は高い魔力を持っている
クローバー王国の王族は、人間の中では高い魔力を持っています。

・人間の魔道具という発言

以上が、おもな重要ポイントです。

そのほかにも伏線がたくさんありますよ!

それにしても、アニメはかなりわかりやすくまとめています。リヒトとパトリの人気も、アニメ効果で上がりそうですね。

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

アニメ『 ブラッククローバー 』 「白夜の魔眼」のまとめ&今後の見どころ【感想コラム】

ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!