『えりかとさとるの夢冒険』に隠された恐ろしいメッセージとは?

えりかとさとるの夢冒険とは、1988年9月27日にナムコ(現バンダイナムコ)より発売されたフミコンソフトで開発会社は「真・女神転生シリーズ」や「ペルソナ」シリーズで有名なアトラスなのだが、実はこのゲームには恐ろしい隠しメッセージがある。

その隠しメッセージはゲームをエンディング画面まで進めたのち、幾つかのコマンド入力を行うと画面が切り替わり、「ひでむし」というキャラクターが現れメッセージが表示されるのだが、その内容は夢冒険とは似つかわしくないものとなっている。

___

「まず、かいはつとちゅうで おとこににげた おぐら かおる てめェーだよ てめェー」

「まえのばん 6かいも セックスして シャワーも あびずに かいしゃに くるなよ」

「つぎに おおまち たつや てめェーだよ てめェー ヘラヘラしながらしごと するんじゃねェー」

ROMだしの とうじつに へーきでおくれやがって。もうスケベなほんもらって もゆるさんぞ。」

「ブクブク ブクブク はら だしやがって。だから 1まん8せんえんはらって もキスしかできないんだ。」

___

このような独り言はまだ続くのだが、中々会えない息子に謝罪するなど当時のゲーム業界の過酷さが伺える。

30年経った今、このひでむしが今もアトラスで働いているかは誰も知らない…。

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

この記事のライティング担当:あにぶ編集部

最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG