『 アイカツフレンズ! 』第71話「さくやの思い、かぐやの願い」姉妹の絆が尊い【感想コラム】

『 アイカツフレンズ! 』第71話「さくやの思い、かぐやの願い」姉妹の絆が尊い【感想コラム】

10月から『アイカツオンパレード!』のアニメ&データカードダスがはじまりますね。

『アイカツフレンズ!』終了してしまうのは悲しいけれど、歴代キャラクターの登場する『アイカツオンパレード!』も楽しみです。

それはそれとして。『アイカツオンパレード!』もいいけど、今は放送中のフレンズを楽しみましょう。というわけで、71話の感想です。

かぐや、後輩に頼られる

白百合かぐや、悩める後輩アイドルを占い、アドバイスを与えます。

「厳しい言葉をかけてくださる方は、きっとわたくしの成長に期待をかけているのだと」
「つまり、落ち込むだけ落ち込んだら、しゃきっと顔を上げてもう一度挑戦しなさい! ですわ」

と、後輩たちの面倒をみるかぐやでした。

カレンのアイドル学校

そんなある日、白百合さくや&かぐやの姉妹は、街で流されているカレンの動画をみます。

それは、ニューヨークに設立されたアイドル学校の宣伝。
本格的な歌やダンスのレッスンはもちろん、プロデュースやマネジメントなど、アイカツに必要なものすべてを学べる学校です。

学校の存在が気になるさくやでしたが、二人はマネージャーである針生さんを見つけます。
私服姿で、あいね・みおたちのマネであるたまきさんといい雰囲気

まさか、『アイカツフレンズ!』の世界でも男女の恋愛が成立していたんですか。

針生さんに頼りまくっていた

翌日。
忙しそうな針生さんを前に、さくやたちは多くのことを針生さんに任せていることに気づきます。

たまさきんとのデートは、針生さんにとって久しぶりの休日だったのです。もしこのまま仕事が忙しくなり続けたら、恋愛だってうまくいかなくなるかもしれない。

かぐやは昼ドラ的なシーンを想像します。

『 アイカツフレンズ! 』第71話「さくやの思い、かぐやの願い」姉妹の絆が尊い【感想コラム】

そこでかぐやは、もっと一人でいろいろできるようになれたら、と思います。

数日後、ついにさくやは言いました。

互いのために

さくや「かぐやちゃんは、カレンさんのアイドル学校に行きたいんだよね?」

しかし、アイドル学校へ行くということは、ニューヨークへ留学をするということ。
そうなれば、最低でも1年はニューヨークで過ごします。

ずっと一緒だった大好きなさくやお姉さま。
抜けているところも多いさくやお姉さまの面倒を、ずっと見てきたかぐや。

かぐやは、さくやと離れることが不安です。
けれど、さくやは姉として、頑張ろうとするかぐやの背を押したいと思います。

しかし、かぐやがいなくなったら。

かぐや「一体だれが人見知りのお姉さまの傍につきそいますの?」

さくや「だったら、かぐやちゃんが安心できるように人見知りを克服するよ」

こうして、さくやは大好きなかぐやのために、苦手な仕事を受けることに。
それは、取材お断りの料理店へ突撃し取材OKをもらうというもの。

『美味しんぼ』にでも出てきそうな、気難しい料理人のおじさんに、追い返されてしまうさくや。
それでもあきらめず、お店の味をたくさんの人に伝えたい、と食い下がります。

さくやの根性に惚れたのか、料理人は初の取材相手にさくやを選びました。

姉妹の夜

夜。

かぐや「お姉さま。一緒に寝てもよろしいですか?」

子供のころのように、同じベッドに入る白百合姉妹。

かぐやは、カレンのアイドル学校行きを決心し、さくやに伝えます。

「わたくしがアイドルとして成長すれば、針生さんの負担も減って、お姉さまをより輝かせることもできますから」

かぐやが頑張るのは、あくまでさくやのため。
互いに高め合い、競い合うのがフレンズ。それでも、さくやの一番はかぐやです。

さくや「私も負けてられないな。かぐやちゃんが帰ってくるまで……ひとりで、がんばらないと」

さくやもまた、かぐやのために自分を磨こうとします。
けれど流れる涙。心配させまいと、背中をむけるさくや。

かぐや「お姉さま、泣いてますの?」
さくや「泣いてないよ」

さくやは、かぐやのアドバイスを思い出したから、取材の仕事を乗り越えられました。

いつだって、さくやの中にはかぐやが、かぐやの中にはさくやがいるのです。

「「だから、たとえ離れていたって」」

リフレクトムーンの新しい一歩

本当は離れたくないけれど――。

『 アイカツフレンズ! 』第71話「さくやの思い、かぐやの願い」姉妹の絆が尊い【感想コラム】 『 アイカツフレンズ! 』第71話「さくやの思い、かぐやの願い」姉妹の絆が尊い【感想コラム】

フレンズとしての2人の新しい一歩のため、笑顔でその一歩を踏み出すため
さくやとかぐやは、今夜だけは一緒に泣くのでした。

その後。
2人は「リフレクトムーン」としてステージをこなしました。

なお、針生さんはやっぱりたまきさんとそういう関係だったようです。


というわけで、尊い姉妹フレンズ回でした。
夜のシーンは作画も気合が入っていましたし、とてもいい回でした。

けれど、『アイカツフレンズ!』の終了と『アイカツオンパレード!』のはじまりを感じさせる回でもありました。

やっぱり、終わるのは寂しいですね。
『アイカツフレンズ!』のフレンズという設定、女の子同士の距離感。かなり今向けだと思うのですが。

本当に、どんなに近しい距離感で描いても、フレンズならそれが当たり前という設定を作り出したのは凄いことだと思います。たとえ夜の観覧車の中で告白をして、船の汽笛が鳴り響いてもフレンズなら普通なんです。

『 アイカツフレンズ! 』 第11話「告白はドラマチック!」女の子同士、夜の観覧車で告白し合う【感想コラム】

 

もっと早く『アイカツフレンズ!』をはじめていたら、今よりも話題になったんじゃないかなぁ、とも思います。

『アイカツオンパレード!』はうまくいってほしいです。

アイカツフレンズ! 感想 のまとめ

『 アイカツフレンズ! 』アニメ1年目の主要フレンズ&曲まとめ!【感想コラム】

アイカツフレンズ!の各話も是非チェックして下さい!