TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第6話「残念なウサギ」【感想コラム】

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第6話「残念なウサギ」【感想コラム】

前回の『あり職』こと『 ありふれた職業で世界最強 』は総集編。オルクス迷宮での別れと出会いがハジメとユエ、クラスメート達も強くする。

今回はやっと迷宮から地上へ帰還。喜んだのもつかの間、残念なウサギが…

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第6話「残念なウサギ」あらすじ

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第6話「残念なウサギ」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

ライセン大峡谷、久しぶりに浴びる日の光。ハジメとユエの表情も明るく。

そんな歓喜に水を差す、兎人族「シア・ハウリア」から依頼。

一族の存続のため、この窮地を助けてほしい!涙ながら訴える。

しかし、ハウリア族はハジメ達の想像を超えていた―――

残念ウサギ シア

「待っていました~」と言いながら全力疾走でハジメ達へかけよる。

しかも、「ハウリア族を助けてほしい」とハジメの足にしがみ付き離れない。

そのしつこさから、話だけでも聞いてみることに

シアは、自分だけに魔力と魔物の固有魔法「未来視」の力があると話すが、ハジメは「断る」と変らない。

ハルツィナ樹海の大樹に向かおうとするハジメ達。すると

「必ず迷うと言われています。そこで樹海の住人である私が…」

自分から案内人を申し出るシア。

仲間を守りための力を

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第6話「残念なウサギ」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

シアはその特異体質の影響で、同じ亜人族から殺される運命にあった。

一族は故郷を捨ててもシアを守ろうと決断したはいいが、戦う力を持っていない。

ハジメがボスとして、戦闘技術を教え込むことに。

「よく聞け残念ウサギ共!殺されたくなかったら、死に物狂いで魔物を殺せ!」

ユエはシアとマンツーマンの勝負が続き…

「身体強化に特化している。正直、バケモノレベル」

ユエからお墨付きをもらえるほどの成長を遂げます。

大迷宮の入り口と強い意志

樹海のふもとには、オスカーの紋様が記された石盤。

「4つの証、再生の力、紡がれた絆、すべて有する者に道は拓かれるだろう」

まだ条件が揃っていないと判断したハジメは後回し。

そして別れ際にユエが「残念ウサギも連れていこう」と提案。

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第6話「残念なウサギ」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

「もう後悔はしたくないんです!」

シアの粘り勝ち、新たな仲間に加わります。

ハウリア族、危機感のなさが面白い

この弱肉強食の残酷な世界で、まさか戦う力を持たない種族がいるとは思っていませんでした。

ハジメ達が生き残りため、目と腕を失い。壮絶な戦いを繰り広げるていた。
一方、一輪の花を崇めるほど平和なハウリア族。よく生き残っていたのもですね。

ハジメがブチギレから「殺意を向けてきたんで…」一族全員人格変わり様が面白かったです。

シアを魔物を釣るエサに…ユエをペッタンコ呼ばわりと…

今までの緊張感が一気に緩んでいく感じ大好きです。その反面、一度決めたら変えない団結力の強さが半端じゃない。義理堅くいい人達なんですよねー

そして、樹海の迷宮の条件は、他の迷宮攻略の証、神大魔法、シアの協力が必須?彼女が仲間に加わって大きな一歩?

しかし、ハジメのとりあいが激化しそうな雰囲気が…

シアの愛嬌たっぷりスタイル抜群ウサミミ美少女、ユエのアメとムチを使い分ける年上クールロリ美少女、どっちも魅力的すぎて困るな。

文章:あそしえいつYH

ありふれた職業で世界最強 の各話を振り返りチェック!


ありふれた職業で世界最強 アニメ情報