飛び込みでオリンピックを目指す「 DIVE!! 」の主人公たちを紹介します!

飛び込みでオリンピックを目指す「 DIVE!! 」の主人公たちを紹介します!

2017年に放送された「DIVE!!」は飛び込み競技を題材にした青春アニメです。飛び込みは競泳などに比べると知名度が低いかもしれませんが、オリンピック種目にもなっています。台から飛び込んで着水までのわずか数秒間で行う技を競い合います。

主人公たちが飛び込みの練習をしているMDC(ミズキダイビングクラブ)は経営難に陥っていました。そんなとき謎の女性コーチが現れて、クラブ存続のためにMDCから東京オリンピックの日本代表を送り出すことを宣言するのでした。

この作品は主人公たちが飛び込みを一生懸命頑張る姿や、思春期の男の子の葛藤を描く青春アニメです。今回はそんな「DIVE!!」のメインキャラクターを紹介したいと思います。

坂井知季(さかい ともき)

飛び込みでオリンピックを目指す「 DIVE!! 」の主人公たちを紹介します!

画像引用元:©森絵都・角川文庫刊/アニメ「DIVE!!」製作委員会

MDCに所属する飛び込み選手で中学2年生。同じクラブの先輩であり、エースの要一の演技に憧れて飛び込みを始めます。競技歴は6年ですが大会でも結果を残せず、目立たない選手でした。

しかしMDCに現れた麻木夏陽子(あさき かよこ)コーチの指導を受けることで急成長していきます。コーチの猛練習にも必死についていき、周囲からの評価も変わっていきます。彼の武器は体の柔軟性と、麻木から「ダイヤモンドの瞳」と呼ばれる動体視力の良さです。

また未羽という彼女がいるのですが、飛び込みに熱中していくうちに彼女との関係にも変化があります。知季は飛び込みをしていくうちに、飛び込みを通して自分を囲む世界の枠のようなものを超えたいと思うようになります。

知季は自分の飛び込みで、まだ誰も見たことのない世界を見ることができるのでしょうか。

富士谷要一(ふじたに よういち)

飛び込みでオリンピックを目指す「 DIVE!! 」の主人公たちを紹介します!

画像引用元:©森絵都・角川文庫刊/アニメ「DIVE!!」製作委員会

MDCのエース選手で、高校2年生。知季が飛び込みを始めるきっかけになった選手です。両親が元飛び込み選手というサラブレッドで、中学選手権3連覇の実力者です。父はMDCのコーチをしており、家でもクラブでも顔を合わせますが、二人の間には距離があります。

ミスのない美しい飛び込みが得意で、そのためのトレーニングや体作りはとてもストイックです。日々の食事メニューまで意識する姿は、アスリートさながらです。

一度はオリンピック代表選手に内定しますが、それは自分ではなく大人の都合によるものだと違和感を覚えます。要一は自分の納得のいく形でオリンピックに出場したいと、あらためて大会で知季たちと戦うことを選びます。

しかし大会中に体調を崩してしまうハプニングが起きます。要一はオリンピックを懸けた大舞台で自分の演技ができるのでしょうか。

沖津飛沫(おきつ しぶき)

飛び込みでオリンピックを目指す「 DIVE!! 」の主人公たちを紹介します!

画像引用元:©森絵都・角川文庫刊/アニメ「DIVE!!」製作委員会

津軽の海で一人飛び込みを続けている、高校2年生の孤高のダイバーです。

伝説のダイバーと呼ばれた祖父の血を継いでおり、噂を聞きつけてやって来た麻木コーチとある契約をしてMDCにやってきます。

性格はぶっきらぼうではじめはMDCのメンバーやコーチともあまり打ち解けません。MDCに来てからは大島コーチの家で共同生活を送っています。

そんななか飛沫は故郷の津軽に戻ってしまいます。しかし知季と要一が地元を訪れてくれ、飛沫は自分の過去とも向き合い、もう一度MDCで飛び込みをすることを決めるのでした。

飛び込みの世界では着水時に水しぶきをなるべくあげないことがよいとされ、そうした演技を「ノースプラッシュ」と呼びます。しかし飛沫はそんなことはお構いなしで、たくさんしぶきを上げるダイナミックな飛び込みをします。競技の型にはまらない豪快なスタイルが彼の魅力です。

来年の東京オリンピック・飛び込み競技にも注目!

実は来年の東京オリンピックの全ての種目のなかで代表選手内定の第一号になったのは、飛び込みの選手でした。この作品をきっかけに飛び込みのことを楽しく知ってもらって、来年のオリンピックの競技にも興味をもっていただけるとうれしいですね。

リアルな青春スポーツアニメを見たい人に「 ハイキュー !! 」をおすすめする3つの理由