TVアニメ『 ギヴン 』第9話 「冬のはなし」【感想コラム】

TVアニメ『 ギヴン 』第9話 「冬のはなし」【感想コラム】

想いは――口にしないと伝わらない。

 TVアニメ『 ギヴン 』第9話 「冬のはなし」あらすじ

ライブ当日。ふとした弾みで言い合いになり、真冬のギターの弦が切れてしまう。

呆然としていた真冬と立夏だが、春樹の言葉に我に返り、急いで弦を買いに走る立夏。

弦を張り替える際、立夏は真冬に自分の想いを伝える。

そして、歌詞が出来ていないまま、自分たちの演奏を迎える――。

走れ!立夏!

TVアニメ『 ギヴン 』第9話 「冬のはなし」【感想コラム】

画像引用元:(C) キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

ふとした弾みで真冬と立夏は、言い合いになってしまい、真冬のギターの弦が切れてしまう。

呆然としていた2人だが、春樹の言葉に我に返る。

そして、立夏は弦を買いに走りだす…。

「バカか俺は。俺があいつに歌えって言った。あいつは分かりにくいけど、いつも応えようと努力してた」

走りながら、立夏は真冬の事を想う――。

それぞれの想いを口に――

TVアニメ『 ギヴン 』第9話 「冬のはなし」【感想コラム】

画像引用元:(C) キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

弦を買って来た立夏は、真冬に「弦、俺に張らせてくれないか?」と言い、ギターの弦を張り替えます。

その際、真冬に自分の想いを伝えます。

「真冬。俺はお前の音が好きだよ。俺はお前の背を押してやってるつもりで、いつの間にかお前に引っ張り上げられてた」

立夏は、言葉を上手く伝える事が出来ずに、自分も真冬と同じで“言葉にして伝えるのが下手”だと、手で顔を覆い隠します。

そんな立夏を、見つめる真冬…。

そして、別の場所では、秋彦も春樹に感謝を告げていました。

「ささくれてた昔の俺をバンドに誘ってくれてありがとう」

笑顔で伝える秋彦の姿に、春樹は“死亡フラグ”を立てるなとツッコミを入れるのでした…。

叫べ!真冬!

TVアニメ『 ギヴン 』第9話 「冬のはなし」【感想コラム】

ライブ本番。歌詞が出来ていないまま、自分の番を迎えた立夏たち…。

真冬は歌わない。誰しもがそう思っていた。

しかし、真冬は声を発する――。

「ねえ僕はこの恋を――どんな言葉で閉じたらいいの」

「貴方の全てが明日を無くして、永遠の中を彷徨っているよ」

真冬の言葉・声に、会場は瞬時に呑み込まれて行き…観客は真冬に釘付けになり、涙する者も現れるのだった…。

 TVアニメ『 ギヴン 』第9話 「冬のはなし」感想

TVアニメ『 ギヴン 』第9話 「冬のはなし」【感想コラム】

画像引用元:(C) キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

今回の『ギヴン』は本当に神回。そして、泣ける回でした…。

真冬のギターの弦を張り替えながら、想いを伝える立夏の姿も良かったですし、秋彦と春樹が近づいたのも本当に良かったです。

しかし、それらを超越するシーンがありました。それはやはり、真冬が歌うシーンです!

あの優しい声と高い歌唱力が最高でした…!! 真冬の胸の痛みが伝わる歌詞も素敵です。

そして、真冬が歌っている最中の立夏の笑顔…!もう言葉で言い表せないですね!

歌い終わった後に、真冬に口づけする立夏も最高でした…。

まさか、キスをするとは思ってもいなかった…!!

真冬と立夏は、お互いに想いを伝えあった感じなので、次回の『ギヴン』がどのような話になるのか気になる所ですね。

次回から、2人はお付き合いを始めるのでしょうか…!? ニヤニヤが止まらないです!

文章:kyouei-サイコ高橋

ギヴン の各話を振り返りチェック!


ギヴン アニメ情報

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。