TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第12話「忍び寄る影」【感想コラム】

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第12話「忍び寄る影」【感想コラム】

前回の『あり職』こと『 ありふれた職業で世界最強 』は、ミュウを売り飛ばそうとする組織を一網打尽。そして、ハジメがパパになった。

光輝パーティーはオルクス大迷宮90階層へ。死と隣り合わせの異常事態に巻き込まれる。

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第12話「忍び寄る影」あらすじ

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第12話「忍び寄る影」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

イルワの手紙を届けるため、ホルアドのギルドを訪ねるハジメ達。そこへクラスメイト

「遠藤浩介」が現れる。彼は慌てた様子で助けを求めるのだった。

「早くしないと死んじまう!みんな死んじまうんだよ!!」

一方、迷宮に残ったメンバーは「魔人族」によって窮地に立たされていた。

勇者に忍び寄る影

90階層に魔物がいない…大量の魔物の血が辺り一帯に付着していた。警戒を強める光輝達。

「アンタが勇者だね。アタシらの側に来ないかい?」

暗闇から現れた魔人族の女「カトレア」は光輝を勧誘する。だが「断る!」言い切り戦闘へ。

「黒猫」など魔物が現れ、魔法とで応戦する光輝達だったが、ダメージを与えても回復されてしまう。

次第に追い詰められ、鈴が大量出血の重傷を負ってしまう。

この惨劇を知らせるため、遠藤はを天職:暗殺者のスキルを活かして地上へ走る。

メルド団長のプライド

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第12話「忍び寄る影」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

メルド団長の元まで辿りついた遠藤だったが、魔物に後を付けられていた。

魔物の前に立ちふさがりメルド団長は…

「ここは死守する!不甲斐ない私の最後の願いだ。生きろ浩介!」

光輝達は撤退して生き延びていた。しかし死ぬくらいなら寝返った方が…と意見が分かれる。

「お前達は生き残る事だけ考えろ。最初からこれは私達の戦争だったのだ…」

全身を血に染めたメルド団長が慧輝達にそう伝える。しかし…

鈍る剣術

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第12話「忍び寄る影」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

敵の無慈悲な一撃よってメルド団長は力なく倒れる。

「限界突破!!よくもメルドさんを!」

光輝は激昂し凄まじい力で詰め寄り、あと一歩のところまで追いつめるが…

「人殺し」という死を背負う覚悟が足りずトドメが刺せない。自分の甘さのせいで負けてしまう。

迫りくる魔物の攻撃、雫と香織が死の覚悟した瞬間…杭が魔物を貫く。

「相変わらず仲が良いな…お前ら」

未熟な勇者と最強の無能

TVアニメ『 ありふれた職業で世界最強 』第12話「忍び寄る影」【感想コラム】

画像引用元:Copyright © Ryo Shirakome, OVERLAP/ARIFURETA Project

あの悪夢のような絶望と無力感は、ハジメが奈落の底に落ちた時とよく似ていましたね。
ハジメ達が最強すぎて忘れかけてましたが、死の緊張感を思い出させてくれる回でした。

クラスメートの中でも、光輝はトップクラスの強さを誇るのですが、未熟というしかありません。敵を圧倒するほどの力を持っていても、その力を揮う覚悟がなければ大切な仲間も危険にさらしてしまう。

光輝の未熟さとは対象的に…

圧倒的な力と揺るぎない覚悟。両方を持ち合わせている「南雲ハジメ」
クラスメートや仲間?どうでもいい存在と己を貫き、今回のラスト痺れるほどカッコイイ!

かつて「無能」と呼ばれ罵られた彼はもいない…立ちふさがる敵は全て殺すのみ!

光輝や白崎香織、クラスメートと再会。いいところで終わりるなー続きが気になります!

次回、最終回「無能の無双」です。カッケーハジメが見れそう楽しみです。

文章:あそしえいつYH

ありふれた職業で世界最強 の各話を振り返りチェック!


ありふれた職業で世界最強 アニメ情報