ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」少しだけ連携がマシに?【感想コラム】

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」少しだけ連携がマシに?【感想コラム】

前回から続いて、防衛ミッションのエピソードです。

宇宙世紀やSEED、00などガンダムファン注目の「GUNDAMガンプラパッケージアートコレクション チョコウエハース2」を買ってみたよ【レビュー】

2019.06.09

ヒロトの作戦

ヒロト「俺に考えがある」

みんなを集め、話をするヒロト。

村に続く2本の街道。これまでの傾向から判断し、敵はこの街道から攻め込んで来る可能性が高いです。
しかし、ヒロトたちの戦力は4人。

数で不利な以上、二手にわかれて街道を護るのは困難です。
そこで、ヒロトは道を片方ふさぎ、もう一方の街道に敵を誘い込むという作戦を提案しました。

というわけで、作戦を村の人々に説明。
けれど。

うまくいくかわからない作戦のために、村の大事な街道をふさぐのは――。
と、意見がわかれる村人たち。

なにせ、この作戦は村へ敵を誘い込むのと同じです。
失敗すれば、敵がそのまま村へ突入してくるのです。

割れる意見

カザミも、一機一機倒すのはまわりくどい――と言いますが。

カザミ「突破されたらどうするんだよ」
ヒロト「大丈夫だ」
カザミ「なんでそんなことが言える」
ヒロト「そんなことはさせない」

ヒロトも説明下手なのか、説明する気がないのか、互いの意見がわかれ――。
パルヴィーズが村の防衛に成功すればボーナスが出るかもしれない、と話しカザミをその気にさせます。

そして。

カザミ「ガタガタうるせえ! こいつはリーダーのオレが立てた作戦だ!!」

と強引に、だけど頼もしい感じに(?)村人たちを説得。
行動力とコミュ力のあるカザミが話を動かすけれど、もめごとになりそうな時はパルヴィーズが間に入る。

という役回りみたいですね。
もちろん、エースはヒロト。

村人にとってはヒロトたちも受け入れがたい

しかし、フルンの祖父であり代々村を護ってきたという爺さん・ジリクはヒロトたちに反対します。

カザミは、ジリクの頑固さに”いらないNPCの設定”だとうんざり。
そこはなんとか村人が説得しますが、ジリクは不満そうでした。

ジリクは一人畑を耕し、ヒロトに対し言いました。

「丹精込めてここまで育てたってのに。戦をおっ始めようってやつには、わからんだろうな。わしらの気持ちなんて」

ヒロトはそんなジリクじいさんを前に、少女のことを思い出します。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」少しだけ連携がマシに?【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

少女「私、この世界が大好き。作り物だって言われるけれど。だからこそ感じる」

少女「作った人の想い。鼓動。息吹。大切にする気持ちで、人と人とを繋ごうとしている」

少女「それはとてもあたたかくて、光にあふれている」

少女「ヒロトは、この世界。好き?」

作戦開始

夜――。
ついに、敵の部隊が侵攻を開始します。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」少しだけ連携がマシに?【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

作戦通り、街道の1つを爆破し、敵ごと道を崩します。
残った敵は進路を変え、村へと進み始めました。

襲い掛かる敵の部隊を、

カザミ:前衛として交戦
パルヴィーズ&メイ:後方射撃で支援

という布陣で抑えつつ、一機ずつ行かせます。
そして、最後方にて。

ヒロト:一機ずつ敵を撃破

という作戦でした。

カザミ「やめておけ! 本気でケンカしたら、おまえらがオレにかなうわけないだろ」

SEEDのキラっぽいことを言うカザミさん。
ガンダムシリーズのセリフネタが出てくるのも、このシリーズの面白さですよね。

いつものようにやられそうになるところを、メイが射撃。

メイ「射線上に立つな。前に出すぎだ」
カザミ「うるせえ」

と、やはりかみ合わないようで、前回よりは連携して戦っていきます。
練習の成果はあったようです。

カザミ、それなりに強い

敵機を一機ずつ送り込み、確実に撃破していく一同でしたが。
村の子供たちが好奇心でやってきて、パルヴィーズが気を取られ足場から転倒。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」少しだけ連携がマシに?【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

パルヴィーズはゲームの世界での戦闘を、リアルさから恐れているタイプのようですね。
敵の接近に恐怖するパルヴィーズ。

ギリギリのところでカザミが割込み、攻撃をガード。

カザミ「大丈夫か!」

やるときはやる男です。
やられるシーンが目立っていますが、ツッコみすぎるだけでそれなりの実力はあるようですね。

けれど今度はカザミが倒されそうになり、メイが助けます。

メイ「あまり手を焼かせるな」

連携がとれている!!

マーズフォーガンダム

次々と襲い掛かる敵に、次第に押され始める一同。

ヒロト「まとめてこっちへ送れ。オレがなんとかする」
カザミ「はあ? かっこつけんな。お前ひとりでどうしようってんだ」
ヒロト「いいから早くしろ」
カザミ「どうなっても知らねえぞ」

カザミは抑えていた敵部隊をまとめて後方へ送りました。

ヒロトは汗をかきつつも、なんとかやってきた敵をすべて倒します。
しかし、生き残っていた最後の一機が現れ、村へビームを連射。

村人たちに襲い掛かる敵MS。

ヒロト「みんな!さがってろ!!」

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」少しだけ連携がマシに?【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

ヒロトは近接戦闘に特化したマーズフォーガンダムにコアチェンジ。
敵を倒し、みんなを救いました。

戦いの後

村人たちを護ることには成功したけれど、畑はつぶれてしまった。
気にするヒロト。

それでも、子供たちは感謝します。

「ありがとう、ダイバーのお兄ちゃん」

そして、畑にも新しい命が芽吹いていました。それを見て、ジリクもヒロトたちを少しだけ認めたようでした。
こうして村の防衛に成功した一同。

そこへ、レジスタンス組が帰還して。

カザミ「どうやら、無事にフラグがたったみたいだな」
ヒロト「フラグ?」
カザミ「ああ。次のストーリーミッションがはじまったぜ」


というわけで、はやくもレジスタンス組が登場しました。

彼らはすんなりとヒロトたちを受け入れるのでしょうか。

今回の戦闘シーン、大剣で装甲を斬り裂くシーンは熱かったですね。
カザミたちは少しだけ連携が取れるようになってきましたが、意思疎通は壊滅的。

ヒロトも自分の気持ちや考えを大雑把にしか伝えようとしませんし、いつか大喧嘩する回がくるかもですね。

なお、今週のコーラさんは「0:52」あたりの右下です。

『機動戦士ガンダム00』どんな死亡フラグも叩き折る、不死身の男・コーラサワーとは?

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE の各話を振り返りチェック!


ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アニメ情報