ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

前回のブラクロ

マグナとラックの友情、ラックを元に戻し「黒の暴牛」は一部以外集合。
エルフのためにも、王都を救いに行く。

ブラッククローバー 第105話「笑顔 涙」【感想コラム】

2019.10.18

アジトロボ発進

ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

ヘンリーの操作する「黒の暴牛」アジトロボこと、「黒の暴れ牛号」に乗り込み王都を目指す一同。

ラック「いる。この先の街にエルフが3人」

ラックの魔力感知により、エルフを発見します。
魔法騎士の体を奪った3人のエルフは、ほかの騎士団員では歯が立たない強さで暴れまわっていました。

破壊された街。絶望する人々。
そこへ猛進する暴れ牛号。

エルフたち「新手か?」「人間の抵抗など、取るに足らん」

地形を変えるほどの岩魔法を放つエルフ。
しかし、暴れ牛号には効きません。

それぞれの魔法で国民たちを救助していく暴牛のみんな。

ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

街の人「あのローブ、黒の暴牛か?」

最低最悪として名を広めていた「黒の暴牛」が、今はみんなの救世主です。

 

最強の連携

洪水を起こすほどの水魔法も、バネッサ姉さんの猫がある限り当たりません。

バネッサ「私の魔力が尽きない限り、黒の暴牛は無傷よ♡」

ルフル戦の時は魔力切れを起こしたバネッサ姉さん。
魔女の森の時も、もしも魔女王が戦いをやめなかったら、魔力が尽きて負けていたでしょう。

しかし、今は魔力を回復する料理が出せるチャーミーがいます。
飯を食い続ける限り、バネッサ姉さんの魔法で無敵モードは続行!

真の敵はカロリーと胃袋の限界ですね。

さらに、ヘンリーが暴れ牛号を使って、みんなの魔法をパワーアップさせつつ弱点となる相手に放ちます。

マグナ「炎魔法 極大爆殺轟炎魔球」
ラック「雷魔法 迅雷の崩玉」
ゴードン「毒魔法 禁じられた果実(ファーボーテン・オーブスト」

ゴードン「見たか! ぼくの親友の力を!」

アニオリ補完でゴードンのセリフ追加!

キレたエルフたちは複合魔法でケリをつけようとしますが、最後に砲弾代わりに撃ちだすのは、アスタ。

アスタキャノン!!

まっすぐ突っ込んで、新しい剣で転生魔法を打ち消しました。

アスタ「おっしゃああああ!! オレたち黒の暴牛は無敵だああああ!!」

眠りにつくヴァンジャンス

ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

一方そのころ。
ヴァンジャンスは想っていました。

物心ついたころから感じていた、パトリの存在
ひどく傷つき、悲しんでいたパトリ。

やがてヴァンジャンスはパトリの過去を夢として見るようになります。
13歳のころに魔法帝ユリウスに合い、16歳のころにはパトリが目覚め意思疎通が可能に。

自分の生きる道を示してくれた、恩人であり尊敬するユリウス。
友でありずっと自分の中に感じていたパトリ。

2人のどちらかを選ぶことができず、結末を2人にゆだねてしまったヴァンジャンス。

ヴァンジャンス「そして君が勝った。ごめんなさいユリウス様。おめでとうパトリ」

ヴァンジャンスは涙を流し――。

「さようならパトリ。願わくば――」

覚めることのない眠りへと落ちていきました。
ユリウス戦の後、消耗したパトリはここでようやく目を覚まします。

パトリ「ありがとう。ぼくの唯一の人間の友」
パトリ「さようなら。これでもうぼくに殺せない人間はいない」

パトリはヴァンジャンスがもう目覚めないことを理解し、王都に向かいます。
リヒトたちと合流し、憎き人間たちを殺すために。

ブラッククローバー 第93話「ユリウス・ノヴァクロノ」【感想コラム】

2019.07.24

復活したラデス

そして。

パトリが復讐のため利用し殺したはずのラデスは、「命の危機感」「激しい憎悪」「怒り」により魔法を進化させ、転生魔法による死を乗り越えていました。

復活したラデスは、屍者の体だけではなく魂をも操ります。
強力になった屍霊魔法により、

ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

「よくもこのオレをだまし! 利用し! 殺したなアアアア!!」

サリーとヴァルトスも復活させます。

※原作のサリー復活シーンは裸でえっちぃ感じがありましたが、さすがに夕方アニメなのでシルエットみたいになりました。

ラデス「一緒にあいつを殺すぞ」

ラデスはヴァルトスに空間魔法を使わせ、暴れ牛号の前に現れます。

復讐の道

自分を利用したリヒト(パトリ)への復讐のため、アスタたちを利用しようします。
手を貸せというラデスに、菜園の恨みでキレるチャーミーパイセン。

「ヴァルトスの空間魔法なら、王都のマーキング地点まですぐさま到着だ」

「サリーの裏魔道具と合わせて強力にすりゃ、その動くアジトごと行ける」

「てめぇらも王都に急ぎてえだろ。目的は同じだ」

と、交渉という名の命令に入るラデス。
しかし、「黒の暴牛」にしてみれば過去に王都を荒らしたテロリスト集団

「白夜の魔眼」がコマにされた存在だとわかっても、信用のしづらい相手です。

けれど。

アスタ「やかましゃああああああ」
ラデス「ええええええええええ」

ラリアットでラデスを沈めるアスタ。

償いの道

アスタ「目的は同じ? 全然違うね!オレたちは護るために戦うんだ! 復讐なんぞに力は貸さん!」

さらに、ラデスもさんざん王都で暴れたことを指摘し、プロレス技の数々をかけていくアスタ。

「なにが復讐だバカタレが! まずは償いだ!」

と言いながら、復讐ではなく国を救うために手を貸せ、と逆に勧誘するアスタ。

アスタ「そんなわけで王都にはすぐ行きたいからよろしく」
ラデス「勝手なこと言ってんじゃねえ! 決裂だ! 交渉決裂!!」

ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

敵を認めるでもなく、かといって許さないわけでもなく。
シリアスな雰囲気でギャグで壊しつつ、受け入れ、耳を貸し、味方に招き、そのうえで改心まで促す。

どこまでもまっすぐなアスタだからこそできる発想と、行動
緊迫していた空気は消え失せ、一気に場が和みます。

ラック「王都に行くだけなら、その2人以外いらなくない?

というわけで、アスタはサリーとヴァルトスに声を掛けます。

サリーとヴァルトス

ヴァルトスは自分を救い導いてくれたリヒト(パトリ)に直接聞いて確かめたいと思っていました。
自分を導いてくれた言葉がすべて嘘ならば、ヴァルトスはただの罪人

「償うのもいいかもしれん」

と暗い表情で言うヴァルトス。
彼もまた、ある意味では純粋な存在。先にアスタと出会っていたら、違う人生を送っていたかもしれません。

けれど、第二の人生を歩み始めた今が、その変わるチャンスなのかもしれません。

ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

サリーもまた、研究する場をくれたから、パトリについてきただけです。

アスタ「協力してくれて無事戦いが終わったら、好きなだけ調べていいぜ」

と、自分の体を餌にするアスタ。
アスタは痛くない範囲内なら、本当に実験に協力するのでしょう。

アスタ「誰かを傷つけたり、迷惑かけたりしなけりゃ、いくらだって研究していいんだ」

と、サリーのことも丸め込みます。

最後は飯の誘惑

ブラッククローバー 第106話「復讐の道 償いの道」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

チャーミー「反省したかい? 食べな、ガリガリじゃないか」

チャーミーパイセンも広い心で菜園のことを許し、ヴァルトスにも料理をふるまいます。
チャーミーパイセンは食いしん坊でも、美味しい料理をみんなにもふるまおうとする優しいお姉さんなのです。

こうして、みんなで美味しい食事タイムに。
しかも、魔力回復のおまけつき。

ゴードン「美味しい。友と食べる食事は最高だ」

ゴードンの食事シーンもアニメの追加シーンですが、そろそろ胃袋やばいのでは??

飯の誘惑に、腹が鳴るラデス。

アスタ「ホラホラ~。お前も国を救いたくなってきたんじゃないか?」
チャーミー「ホラホラ~。君もお腹すいてんじゃないか~い?」

ラデス「上等だあああああ!」

ラデスは飯を食い、アスタたちについていくことを決めますが、

ラデス「てめーの思うままには動かねえ! 好き勝手やる!」
アスタ「残念でした! お前はオレたちと国を救うんです~!」

と、和やかに(?)にラデスと和解(?)するアスタたちでした。


アスタがいるだけで、シリアスでも暗くなりすぎない。
『ブラッククローバー』が面白いのは、アスタが主人公だからですね。

そして、「黒の暴牛」の頼もしさ。
その中心にもいるアスタ。

やっぱりアスタは凄いです。

次回からはアスタのいないエピソードが続くと思われますので、またシリアスが多めになりそうです。

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

アニメ『 ブラッククローバー 』 「白夜の魔眼」のまとめ&今後の見どころ【感想コラム】

ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!