TVアニメ『 アサシンズプライド 』第2話「少女の世界が変わるとき」【感想コラム】

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第2話「少女の世界が変わるとき」【感想コラム】

前回の『アサシンズプライド』は、無能才女と虐げられてきたメリダが命をかけてマナ覚醒させる。クーファも先生になると決意を固め、その裏で誰にもばれてはならない秘密を持ちながら…

今回は、ネルヴァとの手に汗握る一窮地で超スッキリ回でした。

TVアニメ『アサシンズプライド』第2話「少女の世界が変わるとき」あらすじ

聖フリーデスウィーデ女学院の公開試合で、メリダはネルヴァと対決することに。

メリダの父「フェルグス=アンジェル」も見守る中、メリダがもし、成長を見せなければ…

「この試合の結果如何では、私とお嬢様はまとめて始末されてしまうことだってありうる」

クレストレギオンのエリート

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第2話「少女の世界が変わるとき」【感想コラム】

画像引用元:©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

名前は「ロゼッティ=プリケット」。

貴族の生まれではなく、下層居住区の生まれでありながら幼き日にマナを覚醒。

さらに最高峰ギルド:クレストレギオンに入団し、特別な爵位「キャリア・マーキス」を賜った。かなり変った経歴の持ち主でした。

家庭教師と同じ立場のクーファは、彼女に対して…

『申し訳ありませんが仲良くするわけにはまいりません』

「あなたのようなちゃらんぽらんな女は、メリダお嬢様の教育に悪影響だからです」

ときっぱりと断り、公開試合の会場へ。

宣戦布告

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第2話「少女の世界が変わるとき」【感想コラム】

画像引用元:©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

緊張のあまり震えるメリダを、ネルヴァがいつものようにバカにする。すると…

「いい加減耳が腐りそうなので黙ってくださいますか?このメスザル」

クーファが冷たい目つきで明らかな挑発をする。だが、ネルヴァも黙ってはいない…

「家庭教師って言ったって、絵本でも読み聞かせてお給料を貰っているだけなんでしょう?」

「馬鹿にするのはこの私が絶対に許さない!試合であんたをぎったんぎったんにしてやる!」

メリダはネルヴァの手を払いのけ、宣戦布告する。そして、運命の第一試合が始まります。

無能才女の奇跡

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第2話「少女の世界が変わるとき」【感想コラム】

画像引用元:©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

 

戦いが始まって、その場にいる誰もが「マナ」持たないメリダを戦力として見ていなかった。

一直線にネルヴァの元へ向かう。金色のマナをまとい、真っ直ぐネルヴァを見据えるメルダ。

「あれが、あんた達が無価値と呼んだ戦士の姿だ!」

メリダは追い詰めていく、ネルヴァは屈辱のあまり本気を出して対抗する。

メリダの闘志も消えることなく、一歩も譲らぬ戦い。しかし、メリダのマナが消えてしまいます。

だが、クーファも驚く行動にうってでる――――

メリダVSネルヴァの戦闘に見入ってしまいました。

やっぱり、この回はメリダがカッコ良かったですね。

マナのエフェクト、なびく金色の美しい髪、一刀、一刀が確実にネルヴァを追い詰めていく、キレイな太刀筋。そして、ラストはメリダの努力が報われたシーンは最高でした。

ネルヴァもあんなにツンツンしてても、素直になれない子みたいで可愛かったです。

メリダも「無能才女」とバカにされて、その悔しさを力に変えるのだろうなーっと思っていましたが、違いました。

クーファをバカにされた事が許せないとメリダは自分のことより、他人のために強くなる性格ってイイですよね。
しっかり期待に答えてくれて信頼を裏切らないって感じがクーファも育てがいがありそうですね!

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第2話「少女の世界が変わるとき」【感想コラム】

画像引用元:©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

とはいえ、クーファは、一度のミスも許されない状況だと緊張していました。
常に自分とメリダの命がかかっているのだと…アサシンの世界は甘くない。油断すればすぐに終わる…物語を引き締める緊張感もあって、これからどうなっていくのか?気になります!

文章:あそしえいつYH

アサシンズプライド の各話を振り返りチェック!


アサシンズプライド アニメ情報