『 アイカツオンパレード! 』 第6話「キラめく四ツ星」らきちゃん、ファンの気持ちとステージの大切さを学ぶ【感想コラム】

『 アイカツオンパレード! 』 第6話「キラめく四ツ星」らきちゃん、ファンの気持ちとステージの大切さを学ぶ【感想コラム】

前回の『 アイカツオンパレード! 』

・あかりちゃん、ミライとユニットを組む!
・らきちゃん、再び扉を開けてしまう

『 アイカツオンパレード! 』 第5話「ラッキー☆ハロウィン」スミレちゃん「いばらの女王」のSAアピールを成功させる【感想コラム】

2019.11.02

25代目S4

「今度はどこいっちゃうのかな」

すっかり別世界への移動を楽しんでいるらきちゃん。

たどり着いた先は、再び『アイカツスターズ!』の世界。
あいね・みおも追いつきます。「ピュアパレット」は先輩というより、らきちゃんの保護者と化していますね。

みお「ここって、本番のステージだわ」
あいね「ええ~~!?」

飛ばされた先は、『アイカツスターズ!』のトップアイドルS4。その先代・25代目S4「白鳥ひめ」「如月ツバサ」「二階堂ゆず」「香澄夜空」のステージ上でした。

『 アイカツオンパレード! 』 第6話「キラめく四ツ星」らきちゃん、ファンの気持ちとステージの大切さを学ぶ【感想コラム】

画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

ひめ先輩たちはゆめちゃんの先輩にして、『アイカツスターズ!』開始時点でのS4メンバー。
夜空は真昼ちゃんのお姉ちゃんです。

ちなみに

26代目S4:虹野ゆめ、早乙女あこ、二階堂ゆず、香澄真昼
27代目S4:虹野ゆめ、早乙女あこ、ハルカ☆ルカ、香澄真昼

となっています。S4は中等部から選ばれるため、ひめ先輩たちより1個下のゆず先輩のみ、25代目・26代目をこなしています。

らき「この人たち、すっごい! すごくキラキラしてる! 一体どんなアイドルなんだろう??」

らきちゃんは「皆さんはどなたですか?」とそのまま話しかけ、自己紹介をしあうことに。
しかし、客席のファンたちは”アイカツをはじめたばかりなのにS4のステージへ上がった””しかもS4を知らない”というらきちゃんの登場に困惑していました。

ゆず「ドッキリ大成功~~」

その場はゆず先輩の機転で収まり、S4のライブへ移行します。
相変わらずゆず先輩はすごいゾ!

ファンにとっては、一度きりのステージ

その後。
舞台裏にて、現場を見ていたゆめちゃんが、ひめ先輩たちにらきちゃんのことを説明します。

ひめ「不思議なことがあるものね」
ゆず「わくわくしてきたぞ」

と、すぐに受け入れてくれるみんな。
S4のことも、ゆめちゃんが説明してくれます。

けれど。

らき「あんなステージを観れてラッキー」

というらきちゃんに、ツバサ先輩は言います。

ツバサ「ラッキー? それは本気で言っているのか?」

らき「えっ」

ツバサ「君が突然現れたことで、ステージの流れが大きく乱れた。盛り上がっていたファンのテンションが下がってしまったんだ」

らき「私、そんなつもりは……」

ツバサ「今日来てくれたファンにとっては、一度きりのステージだ。なんとかつないだが、あやうく台無しにするところだった」

らき「……ッ! ……ごめんなさいっ」

ツバサ「謝ってすむことじゃない。いくら謝っても、やり直しは効かないんだからな」

『アイカツフレンズ!』の世界よりも、厳しめの『アイカツスターズ!』らしい展開。
けれど、あいね・みおも何も言わないけど、実際はらきちゃんに相当振り回されているんですよね。

『 キラッとプリ☆チャン 』第82話「最後のだいあフェス! カッコいい対決だもん!」まりすず、今週も尊い【感想コラム】

2019.11.04

S4の付き人へ

ここで、自分が考え無しだったことを突きつけられたらきちゃん。

らきちゃんはアイドルになったばかりなのに、いきなり凄い人たちと会わされたり、いきなりステージをやらされたりと、段階を飛ばしているので起きてしまった事件でもありますが……。
ファンの人たちにとっては、らきちゃんの事情など関係ないですからね。

夜空「まあまあ、ツバサ。それくらいでいいじゃない」
ひめ「やってしまったことは、しょうがないわ」

そこでらきちゃんは、反省し、「お詫びに何でもします」と言いました。

ゆず「なんでも~?」

楽しそうに反応するゆず先輩。
こういう空気の時に、マイペースで優しいゆず先輩の存在は癒しですね。

ツバサ「ではらきに、お仕置きターイム」

というわけで、らきちゃんにはS4の付き人を任命されます。
先輩の仕事を間近で学ぶのは、アイカツ主人公の王道ですね。

厳しいことも言うけれど、ちゃんとチャンスも与えるツバサ先輩です。

どんな時でも笑顔

あいね「あたしたちも手伝うよ」
みお「そうよ。こうなったのも、光るアイカツパスのせいだし。らきちゃんが悪いわけじゃないんだから」

らき「でも私、喜んじゃいました。ファンの気持ちも、考えずに。もう取り返しはつかないけど、できることをやってお詫びしなきゃ!」

と、やる気をだすらきちゃん。
やっぱりらきちゃんのメンタル凄いです。

そんならきちゃんの想いを尊重し、ゆめちゃんがらきちゃんについていくことに。

S4の仕事を通し、

・ステージはたくさんのスタッフの頑張りで出来ている
・何か月も前から計画しているステージもある

ということを学んだらきちゃん。
改めてステージの大切さと、自分のしてしまったことの重さを自覚します。

『 アイカツオンパレード! 』 第6話「キラめく四ツ星」らきちゃん、ファンの気持ちとステージの大切さを学ぶ【感想コラム】

画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

らき「私がお邪魔しちゃったステージも、たくさんのスタッフさんが準備していたんだろうな」
ゆめ「でもねらきちゃん。ひめ先輩たちを見て」

ゆめ「先輩たちは、どんなにハードなスケジュールでも、素敵な笑顔を絶対に絶やさないの」

ゆめ「だから私たちも、笑顔でがんばろ?」

らき「……はいっ!」

そして、笑顔の大切さも学び、すぐに切り替えて表情を明るくさせるらきちゃんでした。

S4の気持ち

しかし、一方で。
あいね、みお、小春はネットでらきちゃん叩きが行われているのを知ります。

S4のステージへ現れたらきちゃんのアンチが生まれてしまったようです。

みお「このままではらきちゃんが」

心配するあいねたち。

ハプニングが起きて

次は、ひめ先輩たちのステージ。
しかし、ハプニングでドレスが破れてしまいます。

本番まで時間がないのに……。
ピンチの中、らきちゃんはドレスを直す方法を思いつきました。

夜空「お願いできる?」

夜空先輩の許可が下り、らきちゃんはドレスを修復。
その間は、ゲスト出演のゆめちゃんがステージで繋ぎました。

『 アイカツオンパレード! 』 第6話「キラめく四ツ星」らきちゃん、ファンの気持ちとステージの大切さを学ぶ【感想コラム】

画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

こうして、なんとかドレスが間に合ったひめ先輩たち。
ステージの上では、ゆめちゃん司会の元でトークが進行。

ドレスは夜空先輩がデザインしたものでしたが、らきちゃんのアレンジがあることを夜空先輩は話します。
そして、今度は正式にらきちゃんをステージへ招きました。

大切なのは失敗した後

夜空「素敵なドレスをありがとう、らきちゃん」
ゆず「グッジョブだぞ」

らき「そんな、私は……」

ひめ「私、らきちゃんのステージみたいな」

S4の4人とゆめちゃんは賛成し、観客たちもOKの雰囲気。
「がんばってー」と声援も送られますが、らきちゃんはためらいます。

夜空「このドレスを見れば、あなたが本気でアイカツしていることがわかるわ」

ツバサ「失敗は誰でもする。大切なのは、失敗した後にどうするかだ」

ツバサ先輩の飴と鞭。

ゆめ「らきちゃん。ステージの上では、いつもスマイルだよ」

こうして、らきちゃんはみんなの前でライブを披露しました。
観客たちの歓声。ステージは成功します。

反省と成長

らき「みなさん、ごめんなさい!」

けれど、らきちゃんはS4のファンたちに頭を下げます。

らき「この前のステージに突然出てしまって、本当にごめんなさい。皆さんが楽しみにしていたステージを、台無しにしちゃうところでした」

らき「そんな大失敗をしちゃった私に、ひめさんたちはいろいろなことを教えてくれました」

らき「なによりもファンの皆さんを大切にして、忙しくても、笑顔を決して忘れずに頑張って」

らき「おかげで私も、ひめさんたちの大ファンになりました」

そんならきちゃんの告白は、ファンたちの共感された。
らきちゃんの笑顔は、みんなを笑顔にさせていきます。

そのあとはゆめちゃんがうまくまとめて、会場は拍手で包まれました。

そして、あいね・みお・らきの3人は次の扉に入っていくのでした。


 

らきちゃんの口癖の「ラッキー」が重い話につながるとは……。
だけど、最後はちゃんとハッピーエンドになって、大切なことを学び成長したらきちゃん。

これからは、「ラッキー」の重みが変わりますね。

そして次回はついにいちごちゃんたち登場です。

アイカツオンパレード! の各話を振り返りチェック!


アイカツオンパレード! アニメ情報