ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」カザミの元チームメイト現る【感想コラム】

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」カザミの元チームメイト現る【感想コラム】

前回の『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』

パルヴィーズ、飛ぶ!
リアルであったらしい空に関するトラウマの詳細は不明ですが、少しだけパルヴィーズが自分に自信を持ちました。

そして今回は、今まで話を動かす立場にいつつも、猪突猛進気味だったカザミのエピソードです。

カザミは活躍したい

ついにパルも活躍した前回の戦い。
カザミは、自分の撃破数が0なことを前に、気づきます。

「オレの活躍が……ねえ」

「こんなんじゃ新作動画があげらんねえじゃねえかよ」

カザミの尊敬するキャプテン・ジオンも動画投稿者でしたね。

パル「そうか、こうすれば――」

前回の戦いをきっかけに、前向き・意欲的になり、成長中のパル。

メイ「そろそろ時間か」
ヒロト「ああ」

一同は、再び例のミッションへ赴きます。

カザミ「こんなのオレじゃねえ」

そんな中、カザミだけが焦っていました。

カザミとマイヤ

というわけで、一同はレジスタンスのアジトへ案内されることに。
カザミは、

「ったく、イベントパートってやつはまどろっこしくて好きになれねーよ」

と、相変わらず日常シーンは不満な様子。
普通のゲームではセリフを飛ばすタイプですね。

ガンダムのアニメも非戦闘回は流し見してるんじゃry。

マイヤ「皆さん、フレディのことをお願いします」
トノイ「私からもよろしくお願いします」

カザミ「オレたちに任せておけば大丈夫だって、心配するなよ」

けれどこうして乗っかってくるあたり、なんだかんだでノリがよく優しい男。

マイヤ「あんたが言うと余計心配になるわね」
カザミ「え、なんで……」

マイヤはカザミの”被害なんて関係なく敵を倒したい”スタイルを”乱暴者”だとします。
それはカザミの性格もありますが、マイヤたちをただのNPCで、戦いをただのゲームイベントと見ているからでもあります。

けれど、本当にマイヤたちがただのNPCではなく、そしてそれをカザミが自覚したら……。
マイヤが前回までのような、カザミに敵意むき出しではなくなったため、フラグが立ちそうな気も??

レジスタンスの基地

そんなこんなで、ヒロトたちはレジスタンスの基地へ。
小隊長である男ムランは、「私も以前は彼を信じていました。信じた結果――」と、ガンプラを主軸にした作戦には反対側の姿勢を見せます。

ヒロトたち以外のガンプラ使い――この間出てきたMSパイロットらしき人物のことでしょうか。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」カザミの元チームメイト現る【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

レジスタンスリーダーであるゴルスも、評価しているのはパルの方で。
カザミは聖獣乗りと間違えられ、「それはこいつ」とパルのことを言います。

嘘をつけない男、カザミ。

とにかく敵を倒したい

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」カザミの元チームメイト現る【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

次のミッションは、レジスタンスの移動を手伝うというものでした。

カザミ「それじゃ撃墜数が稼げねえじゃねえかよ」

と、不満なカザミ。

メイ「撤退戦ということは、一つ目の襲撃に備えなければならない」

メイに戦闘の可能性を言われるとテンションが上がります(メイさん、カザミの扱いに慣れてきました)が、そんな態度にムランはキレます。

ムラン「こんな見るからに裏切りそうな」
メイ「どういう意味だ。裏切ったところで、なんの意味がある」

ゴルス曰く、敵の中で特に驚異的な人物が、ヒロトたちのガンプラに似た機体を使っているとのこと。

ヒロト「ストーリーミッションなら、ほかのダイバーが出てくることはないはずだ」

ヒロトは言いますが、果たして本当にNPCのボスなのか……。

ゴジョウ

そして、ヒロトたちは次のミッションに備えて練習をすることに。
しかし、通常のクリエイトミッションでは、いつ来るかわからない襲撃の対策にはならない。

そこで対人戦を検討。
と、そこへカザミの元チームメイトであるゴジョウ、サガリ、ユウリたちが現れました。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」カザミの元チームメイト現る【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

ゴジョウ「カザミ。今もキャプテン・ジオンが好きなのか?」

カザミ「だったらなんだよ」

カザミはチームメイトたちをよく思っていません。そして、サガリたちもカザミを馬鹿にしているような雰囲気。
カザミたちはゴジョウチームとの対戦を決め、カザミは気分を害したようにログアウトしていきました。

カザミは過去のことを思い出していました。

ゴジョウのチームにいたころも、先走ってツッコミ、みんなの足を引っ張っていた様子。
キャプテン。ジオンは自分が負ける動画も配信していましたが、カザミは強いところだけを尊敬しているのか、

「負けるところがかっこいいなんて、ありえねえだろ」

と考えていました。
カザミは勝つために、かっこよく目立つために、戦うのです。

敗北

そんなわけで翌日。
ゴジョウチームとヒロトたちの対人戦がスタート。

ヒロトは相手の
・武装
・射角

などから動きを読み、罠を仕掛け、応戦。
けれど、カザミは今回も正面から突っ込みます。

ヒロト「よせ、持ち場を離れるな」
カザミ「あんなのはオレじゃねえ」

 

そして、敗北。

ゴジョウ「オレの機体を知っているお前が、こんな簡単なフェイントに引っかかるなんてな。お前、変わってないんだな」

こうしてチームのバランスは崩壊し、敗北してしまうヒロトたち。
ゴジョウは、ヒロトが自分たちを分析し対策していたことを見抜きました。

そして、それを仲間に伝えていないことも。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」カザミの元チームメイト現る【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

カザミ「だったらお前! なんで先に言わねえんだよ!」
ゴジョウ「君は仲間を信用していないんだな」

ゴジョウはヒロトに問いました。

ヒロトにとって、仲間とは、カザミとはなんのか、を。

夜、ヒロトはヒナタと過ごします。
一方でカザミは、自分のミスに対し何も言わないヒロトのことを気にしていました。


ついに

・対人戦
・ヒロトの仲間意識の低さ

に触れてきました。
ようやくストーリー的にも盛り上がってきましたね。やはり、MS戦はコクピットの中の様子と、互いの信念がぶつかり合うシーンが欲しいですね。

・慎重だけど、作戦を伝えないヒロト
・時にはみんなを引っ張れるけど、戦闘では話を聞かず勝手に突っ込むカザミ

メイもまだその中間的な感じですし、現状の良心はパルですね。
ここをどう成長させてくるのか、そして、対人戦でのガンプラ戦もより熱くなっていくのか。

スロースタートな感じでしたが、ここから面白くなっていきそうです。

そして、どうやらやらかして逃げ出したっぽいカザミを、今でも気にかけているゴジョウ。言い方は少しきついですが、いい人ではありそうですね。

なお、謎の敵が使うMSはゼルトザームというようです。「HGBD:R 1/144 ガンダムゼルトザーム」の発売は決定済みです。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE の各話を振り返りチェック!


ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アニメ情報