ブラッククローバー 第109話「空間魔道士の兄弟」【感想コラム】

ブラッククローバー 第109話「空間魔道士の兄弟」【感想コラム】

前回のブラクロ

・ノゼル兄さま、デレる!
・ノエル、覚醒する!!

先週は兄妹の話でしたが、今回は兄弟の話です。

ブラッククローバー 第108話「戦場の舞姫(まいひめ)」【感想コラム】

2019.11.06

ヴァーミリオン家では

クローバー城にある三大王家の居住区格。
シルヴァ家はノエルたちの活躍により救われましたが、一方ヴァーミリオン家では――。

ブラッククローバー 第107話「決戦 クローバー城」【感想コラム】

2019.10.30

ミモザちゃんの兄であり、「珊瑚の孔雀」副団長のキルシュが美しい桜魔法でエルフたちを包み、錯乱。
「珊瑚の孔雀」のエンが、キノコから撒く「菌魔法」で相手を弱体化。

ブラッククローバー 第109話「空間魔道士の兄弟」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

その間、ミモザちゃんが場内のマップを魔法で出し状況を確認しつつ、避難誘導

キルシュ「目的が避難となれば、我々の魔法はうってつけ。誰の血も流れることはない、美しい!」

こちらは戦闘を回避し、みんなを逃がしていきます。
しかし、そこへ唯一攪乱が効いていないエルフが登場。

「やっほ~~~、がんばってる~~?」

バヴァルを名乗る陽気なエルフは、襲い掛かるわけではなく、楽しそうに語ります。

「のんびり諦めなよ~~。オレも凄いけど、みんなも凄いんだぜ」

そんなエルフの態度を不審に思いつつ、警戒するミモザちゃん。
一方そのころ。

ラトリ、王を襲う

王の居住区を、ランギルスの体に転生したエルフ・ラトリが襲っていました。

ランギルスの父もまた空間魔法の使い手でしたが、彼でも相殺しきれない空間魔法により、床はえぐられ父は血を流します。
父母はランギルスの謀反を弁解しようとするも、ランギルスの体は乗っ取られているため、攻撃は止まらず。

ラトリ「あいつが今の王か。貧相すぎるだろ」

王「この余の魔法、みせてやろう」

ラトリを前に、ついに国王が動きます。

王「光魔法 聖なる輝きの絶対王」

ブラッククローバー 第109話「空間魔道士の兄弟」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

それは、光る大きな自分の像。
光るだけの魔法は、あっけなくラトリに削り取られてしまいます。

ラトリ「たいそうのろまな光魔法だな。すぐには殺さない。まずは足から」

ブラッククローバー 第109話「空間魔道士の兄弟」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

王を手にかけようとラトリへ、許嫁であるフィーネスさんが止めに入ります。
ラトリは人間であるフィーネスを突き飛ばし、先に殺そうとしました。

フィンラル到着

フィンラル「ランギルスーーーー!!

そこへ、間一髪間に合ったフィンラル。
自分の空間魔法でラトリの攻撃を相殺し、フィーネスさんを救います。

ブラッククローバー 第109話「空間魔道士の兄弟」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

そこへ、ヤミ団長・ジャック団長も介入。
フィンラルの空間魔法で間合いを詰め

ブラッククローバー 第109話「空間魔道士の兄弟」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

ヤミ「攻撃する暇を」
ジャック「与えねえ」

一気に倒そうとしますが、ラトリの空間魔法によりあやうく削られかけ、退避。

ラトリ「悪いが今のオレの魔法は、襲ってくる敵を勝手に攻撃する」

すべてを削る空間魔法だけでも凶悪なのに、オートで防御まで発動するという高性能っぷり。
もちろん、エルフなので、魔力量もヤミ団長たちより上です。

兄として弟を救う

フィンラルは空間魔法で、父たちを逃がそうとします。

フィンラル「父さん、フィーネスさん。ここは俺たちに任せていってくれ」
父「よせ! 黒の暴牛の運び屋のお前ではランギルスは――」

フィンラル「黒の暴牛の運び屋だとか、金色の夜明けの副団長だとか関係ない」

フィンラル「今俺が戦うのは、俺があいつの兄だからです」

ヤミ「ウチの運び屋なめねーでくれます?」

そして、ヤミ団長が無理やりフィンラル父を空間の穴に押し込みました。

※初期のフィンラルは空間魔法を維持するだけでも大変だったので、常時穴を開きっぱなしにしているのは成長の証です。

フィーネス「フィンラルさん。生きてもどってきてね」
フィンラル「ええ。ランギルスと一緒に」

こうして、家族たちを逃がすフィンラル。

王「まず余を逃がさんかああああ」

逃げ遅れた王をラトリが襲いますが、ジャックの飛ばす連続斬撃波により壁が崩れ、王は外へ無事(?)落下していきました。

VSラトリ

ジャックは、自分の斬撃すら削ったラトリの空間魔法に興味津々。
ラトリは、攻撃用の空間魔法を複数出します。

ラトリ「一発でもまともにくらえば即死だ」

フィンラルもまた空間魔法を放ち、相殺に入ります。

ラトリ「大天使の撃墜」
フィンラル「堕天使のはばたき」

フィンラルの魔力量でも相殺は可能ですが、手数は圧倒的にラトリの方が上
相殺しきれない分は、ヤミとジャック双方が各々の魔法で回避。

避けつつ攻撃するヤミ団長ですが、ラトリの防御をはがさない限り、ダメージは与えられません
フィンラルは空間魔法でヤミ団長の回避をサポートしますが、長期戦は不利です。

ここで、ジャック団長が動きます。

ジャック団長の「裂断魔法」は、相手の魔法に合わせて刃の性質を変化させていくというもの。
裂きたいという欲求のもと、ついにラトリの空間をも裂くことに成功します。

ラトリ「なに!」

ヤミ「出たよ。天才変態縦長奇人」

ヤミ団長はジャック団長がやってくれるのを待っていたようで、あわせるように攻撃をしかけます。

空間を斬り裂く「闇魔法」と、同じ空間魔法に対応した「裂断魔法」。
2人の魔法がラトリの防御を相殺するも、ラトリは攻撃を続けました。

ラトリ「オレの魔法をはがしきったことは驚きだが、一手足りなかったな」

暴走するラトリ

ラトリは

・空間魔法によるオート防御
・多数の空間魔法を飛ばし削る攻撃

を休まずに続けられるほど、圧倒的な魔力量を持っています。
防御を削っても、すぐに当たれば一撃死レベルの攻撃が連発されるのです。

そして、その攻撃数はフィンラルの魔力量では相殺しきれません。

フィンラル「オレの魔法じゃ敵を倒すことはできない。でも――」

けれど、フィンラルは自分の防御をあきらめ、攻撃をかすらせつつもサポートに徹しました。

フィンラル「仲間と一緒にお前を救う!」

一瞬でヤミ団長・ジャック団長を間合いまで飛ばしたフィンラル。

ラトリ「わずかにオレの方が速い!」

それでも止まらないラトリでしたが、ジャック団長は戦いの中で速度も上げていくタイプ。
「裂断魔法」が攻撃魔法を裂き、ラトリの頬をかすめます。

そして、驚くラトリの隙をつくように、ヤミ団長のみねうちが決まりました。

ラトリ「人間ごときがオレに何をしてる! 矮小で! 悪賢く! 醜い人間が!!」

ラトリは正気を失い、魔法を暴走させました。

フィンラルの一撃

城の壁や天井が消し飛ぶほどの空間魔法に、

ヤミ「こんなもんどうしろってんだクソッタレ」

とヤミ団長。

フィンラル「いいえ、もう終わりです」

けれど、我を失ったラトリはフィンラルの小さな魔力に気づく余裕はありませんでした。
フィンラルはラトリを空間魔法で引き寄せ、最後は拳を叩き込みました。

ブラッククローバー 第109話「空間魔道士の兄弟」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

フィンラル「優秀なくせに、手がかかる弟だよ。オレが弱いせいで、遅くなってごめんな」

ずっと、自分のダメさを理由に逃げてきたフィンラル。
そんなフィンラルが、今度は正面からランギルスと向かい合い、手を指し伸ばし――

2人は手を繋いだまま、ダウンしました。

ヤミ「よくやった、フィンラル」

邪心

激戦を終えた王城には、敵のアジトが飛来してきます。
そこへ駆けつけたパトリ。

ゴーシュ&マリーの体に転生したエルフやライアと合流します。
彼らエルフの目的は、転生魔法の副作用である「邪心」を洗い流し、人間を絶滅させてエルフだけの楽園を作ること

そのために必要なのは、ユノの持つ最後の「魔石」でした。


 

こうして、長らく続いていたランギルスとの問題が解決しました。

ラトリは実力的にはかなりの強者ですが、

・空間魔法に対応できる「闇魔法」
・空間魔法に対応できる「裂断魔法」
・空間魔法を相殺し、サポートに特化したフィンラルの「空間魔法」

相手が悪かったですね。
いくらヤミ団長と似たところがあるとはいえ、よその団であるジャック団長のこともサポートするフィンラル

戦闘力はなくても、サポートという点においてはとても優秀です。
前回のゾラもそうですが、このエルフ・転生編では、

・敵は格上
・それを連携や相性、戦術で上回る

という展開が目立ちます。
そして、それが可能なのも、魔法帝ユリウスが”身分の差関係なく人間・魔法を自由で可能性のあるもの”にしようとした結果なのかもしれません。

ユリウスがいなかったら、魔法騎士団も持って生まれた才能で戦うだけの集まりになっていたかもしれませんからね。
ユリウスは本当に、世界の理が用意した存在なのかもしれません。

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

アニメ『 ブラッククローバー 』 「白夜の魔眼」のまとめ&今後の見どころ【感想コラム】

ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!