ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」ガンダムゼルトザームと初交戦【感想コラム】

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」ガンダムゼルトザームと初交戦【感想コラム】

これまでの『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』

・パルヴィーズ、飛ぶ!

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第4話「傷ついた翼」パルヴィーズと空【感想コラム】

2019.10.27

・カザミ、かつての仲間に「変わってない」と言われる
・ヒロトも仲間を信じてないと指摘されてしまう

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」カザミの元チームメイト現る【感想コラム】

2019.11.11

ゴジョウさん、存在感が大きくなる

別行動中のカザミとヒロト。

カザミ『おまえらがちゃんとしてくれねえと、恥かくのはリーダーだ』

この期に及んで、不安を隠すような強がる態度をとるカザミ。
ヒロトはカザミからの通信を切り、カザミの元チームメイト・ゴジョウの言葉を思い出します。

ヒロトはあのあと、ゴジョウから”カザミのこと”を任されていました。
ゴジョウはカザミに対し厳しい言葉をぶつけましたが、カザミが自分なりにもがいていることを知り、今の仲間であるヒロトに彼のことをお願いしたのです。

なんだかんだでカザミのことを想っている、優しい男ですね。

そのことを思い出し、

ヒロト「オレ、なにやってんだろうな。イヴ」

と、呟き。
一方カザミも、勝手に通信を切ったヒロトに腹を立てつつも、結局変われずにいる自分に対し「なにやってんだオレ」とぼやいていました。

気まずい2人

レジスタンスたちは、物資を運んでいました。
カザミは人の前では、敵が来てくれないと撃墜数が稼がなくて困る、と口にして。

レジスタンスのムランは、そんな彼をいまだ認めていない様子でした。
そこへ、ヒロトが戻ってきます。

ヒロト「さっきは一方的に通信を切って悪かった」
カザミ「おせーよ。お前いつもどこをほっつき歩いてんだよ。そんなんじゃミッションのクリア称号手に入んねえぞ」
ヒロト「……」
カザミ「なんだよ」
ヒロト「なんでもない」

と、ギクシャクした感じ。
互いに痛いところを突かれている様子です。

負ける姿はかっこ悪い

カザミ「だったらオレも好きにさせてもらうぜ」

カザミはコクピットの中でぼやき、動画を再生します。
彼の尊敬するキャプテン・ジオンの動画です。

しかし、それが負け回であると知り、「やっぱかっこ悪いぜ」と動画を切りました。

カザミが尊敬するのは、勝っている時のかっこいいキャプテン・ジオンです。
純粋にキャプテン・ジオンを尊敬しているのではなく、”自分がなりたいかっこいい像”に憧れている感じですね。

チームワーク、バラバラ

と、そこへ敵部隊の襲撃。

カザミ「いきなりすぎんぜ」

結局慌てるカザミ。
パルとメイが飛び出していき、早くも陣形が崩れます。

チームワークが取れるようになったかと思えば、やっぱりバラバラです。

ヒロト「オレたちが後衛にまわるしかない」
カザミ「わかってるって、そんなこと!」

イライラのカザミ。
しかし、カザミはMAP上でムランの車のみルートを外れていることに気づきます。

道を間違えてしまったムランに対し、いつものように無関心を決め込もうとしたカザミでしたが、ゴジョウの「お前、変わってないんだな」という言葉を思い出し考えを改めます。

カザミ「いけヒロト。嫌な奴だが、みんなまとめて守り切るのが今回のミッションだからな」
ヒロト「しかし」

カザミ「オレ一人残していけないってか? お前がオレのことを信用してないのは知ってるよ」
ヒロト「!?」

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」ガンダムゼルトザームと初交戦【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

カザミ「だがここはゴチャゴチャ言ってる暇はねえ。とにかくここはオレに任せろ!」

ヒロトもまた、ゴジョウの言った「今でもあいつはあいつなりにもがいている」という言葉を思い出し、その場をカザミに任せることに。

ムラン、カザミたちを認め始める

一方、ムラン。
彼は、わざとみんなとは違う道を移動し敵を避けるつもりでした。

けれど、そこへ敵機が回り込み襲われます。
流血し、ピンチのムラン。

絶体絶命の中、追いついたヒロトが敵機に攻撃を仕掛けました。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」ガンダムゼルトザームと初交戦【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

ヒロト「リーダーの命令だ。みんなを護れって、あいつに任されたからな」
ムラン「リーダー……あの男が」

ムラン「なぜあいつらは戦えるんだ。なんの関係もない私たちのために」

フレディは、ヒロトたちビルドダイバーズを仲間だと言います。
その言葉を受け、カザミたちを認め始めるムラン。

心が折れかけて

一方カザミは、相変わらず突っ込んでは攻撃をかわされ、さらには新型まで現れ苦戦中でした。

カザミはダメージを受けながら、これまでのことを思い出します。

否定され、一緒にはやっていけないといわれ続けたこれまでを。

カザミ「ちくしょう、こんなはずじゃなかったのに」

何度あがいてもうまくいかず、ついに折れてしまう心。
涙する彼の耳に届いたのは、再生されたキャプテン・ジオンの動画でした。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」ガンダムゼルトザームと初交戦【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

『まだだ。まだ終わってないぞ』

自分に嘘はつけない――ガンプラ魂を燃やし、どんなピンチでもあきらめずに立ち上がるキャプテン・ジオン。
勝つ姿にしか興味のなかったはずのカザミですが、何度でも立ち上がるキャプテン・ジオンの姿に勇気をもらって

『君の胸にもあるはずだ。熱く燃えるなにかが』
『今こそ目覚める時だ。誰のものでもない、君だけのガンプラ魂を』

カザミ「こんなところで終わらねえ。終わってたまるか。今度こそ……今度こそ……本当のヒーローに! 本当のオレに! なるんだーー!!」

再び立ち上がり、交戦を続けるカザミ。
食い下がる彼の元に、ヒロトが戻りました。

仲間と一緒に

ヒロト「遅くなった」
カザミ「誰もまっちゃいねえよ。……いや、ちょっとは期待してたか」

そして、今度は2人で力を合わせて戦います。
パルとメイも合流。

最後はカザミが突っ込み、新型を倒しました。

カザミ「撃墜? オレが?」

念願の撃墜数1に、歓喜の声を上げるカザミ。
しかし、一機落とすのにボロボロになった自分の機体。そんな自分をかっこ悪いと思い、

「かっこ悪いとは思わない」

とヒロトに言われました。
パルやメイにも認められ、ようやくカザミはヒロトとガンプラ越しに握手をしようしました。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」ガンダムゼルトザームと初交戦【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

しかし、そこに謎のMSが襲来。レジスタンスの基地が破壊されます。
敵はみんなの攻撃をことごとく対処。

ヒロトはパージしたパーツを盾に使い、なんとかみんなは離脱に成功しました。

カザミ「他人のミッション引っ掻き回しやがって」

と、お怒りのカザミ。
握手はお預けですね。

そこへパル。
負傷し運ばれたムランから、ペンダントを受け取っていました。

パルはそれをヒロトにたくします。
それこそがレジスタンスの持つ「逆転の鍵」とのこと。


というわけで、ガンダムゼルトザームとの初交戦でした。
彼が1クール目のボスでしょうか。

ヒロトとカザミは少しだけ素直になり、認めあうことができました。
しかし、結局カザミは突っ込んだので、戦闘スキルに関してはまだまだ改善の余地ありですね。

あと、カザミがムランを救うと決めたのは”あくまでミッションのため”ですが、”嫌な奴”という言い方をしたところからも、心のどこかではNPCではなく人間として扱い始めている感じもしますね。

今回活躍したカザミのガンプラ「HGBD:R 1/144 ガンダムジャスティスナイト」は発売中。

今回登場した敵機「HGBD:R 1/144 エルドラドートレス」も登場予定。

こちらは2020年2月発売予定です。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE の各話を振り返りチェック!


ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アニメ情報