TVアニメ『 アサシンズプライド 』第5話「黄金の姫と、白銀の姫」【感想コラム】

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第5話「黄金の姫と、白銀の姫」【感想コラム】

前回の『 アサシンズプライド 』は、メリダとエリーゼは戦うことになってしまった。クーファもマディアと相対する。ルナ・リュミエール選抜戦、開幕!

マディアはどう動き…メリダとエリーゼの勝負の行方は…

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第5話「黄金の姫と、白銀の姫」あらすじ

クーファもロゼッティーも選抜戦の中止を求めるが、却下されてしまう。ブラック=マディアは

どこかに潜む…。白銀の聖騎士と黄金の侍、お互いのプライドを力に変えてぶつかり合う。

エリーゼが「わざと負ける」と言った。その心意は―――

アンジェル家の私情

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第5話「黄金の姫と、白銀の姫」【感想コラム】

画像引用元:©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

「お嬢様。その…メリダと何かあったの?」

ロゼッティが心配するほど、エリーゼは落ち込んでいました。メリダも同じ様にうつむくしかない。

そんな様子を見ても、「能力全てにおいて候補生に相応しいのはエリーゼ様だけ」

全く反省の色をみせないオセロー。メリダは何も言わず、1人で食事をしていると…

「悔しければガツンと反撃してやればいいじゃない!」

ネルヴァは隣、シェンファも正面へ座り、団結力を強めるのでした。

そして、運命のルナ・リュミエール選抜戦最終日を迎える。

敵意を前に

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第5話「黄金の姫と、白銀の姫」【感想コラム】

画像引用元:©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

クーファはマディアと決着をつけるべく動き始めます。彼が疑いの目を向けた女子生徒は

「困りましたわ。結構うまくやっていたつもりなのですけど」

敵意を前にしても「ねぇ…私、なんだかドキドキしてきましたわ」と甘い声でクーファを誘う。

だが、彼女はクーファと剣を交え、相手のマナを削り喰らう異能を発揮する。

その特別な異能を目の当たりにして、マディアでは無いと理解したクーファは名前を尋ねます

「私の名はミュール=ラ・モール。ディアボロスのクラスを受け継ぐ三大騎士公爵ラ・モール家の娘ですわ」

黄金の姫、白銀の姫

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第5話「黄金の姫と、白銀の姫」【感想コラム】

画像引用元:©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

エリーゼはメリダと戦う中で…

「リタが私より弱いなんてことを知りたくないから、私はリタと対等でいたくない」

ずっと「メリダの妹でいたい」と自分の理想と勝てないという現実を伝えます。

メリダは迎え討つ姿勢を取り、「始伝抜刀、羽斬!」鋭い一撃はエリーゼの武器を砕き追い詰める。

「見なさいエリー、私の方があなたより強い」

「私は…いつだってその一歩前にいる。だから…私にだけは安心して甘えなさい…」

ありったけの気持ちをぶつけて、互いに涙を流し、抱き合い仲直りするのでした。

しかし、ネルヴァを演じていたマディアは、メリダ達を襲撃する―――

さすがは道化師、見事に騙されました

メリダとエリーゼ。2人想いがぶつかり合って、仲直り出来て良かったーー!

圧倒的な実力差をひっくり返す、メリダの抜刀術もカッコ良かったですし、エリーゼも子供の頃と変わらない笑顔をメリダに向けていて、尊いですねー!

マディアが変装してたのって、ミュールさんじゃなかった…
名前も言わず、去っていく…絶対なんかあるでしょ、マディアかなー?と思ってたんですが、
まさかのネルヴァ!!

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第5話「黄金の姫と、白銀の姫」【感想コラム】

画像引用元:©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

しかも、ボーイッシュな女の子。前回の闇に潜む強者のイメージや無口キャラだったのに、本当はよくしゃべる可愛い子でした。二重の意味で騙されました。さすがですね

マディアの強襲に乗じて、ミュールさんもマナの調査を…ジンの誘拐もマナに関することでした

どうやら、メリダの位階が「聖騎士」ではなく「侍」であること、ここがポイントのようです!

ミュールの動きは今後、どんな影響を及ぼすのでしょうか?気になるところ!

文章:あそしえいつYH

アサシンズプライド の各話を振り返りチェック!


アサシンズプライド アニメ情報