ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」メルクワンユニットとドッキングし水中特化の機体へ【感想コラム】

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」メルクワンユニットとドッキングし水中特化の機体へ【感想コラム】

前回の『 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 』。

カザミ、初勝利を飾る。
が、せっかくの武装を使わず拳での勝利!

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」ガンダムゼルトザームと初交戦【感想コラム】

2019.11.18

カザミの乗る「ガンダムジャスティスナイト」には、片手剣とランス、さらにシールドが付属しています。

現状のカザミの腕ではシールドを扱いきれないのは仕方ないにしても(EXVSでも初心者は盾を使うのが下手だったりする)、武器は使ってほしいところです。

HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンダムジャスティスナイト 1/144スケール 色分け済みプラモデル

果たして、売上は伸びるのでしょうか?
ガンプラ(HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンダムジャスティスナイト)の売上は……。

マギーさんの目的は?

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」メルクワンユニットとドッキングし水中特化の機体へ【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

前回、たくされた”レジスタンスの鍵”らしいペンダント。

メイ「そのカギを輸送することが、今回のミッションの目的だったようだ」

と、今回もマギーさんと二人きりで話すメイ。
どうやら、

・マギーさんは何らかの機体を探し、調査をメイにお願いしている
・メイもまた何かを探している

ようです。

前回ラストに現れた敵「ガンダムゼルトザーム」は、マギーさんの探している機体に似ているけれど、別物――とのことですが。

HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ガンダムゼルトザーム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

かつてのヒロトは付き合いがよかった

学校。

「手も足も出なかった」

と、ヒロトはガンダムゼルトザームのことを考えます。
学校でのヒロトも、”何かがあって”以来、人付き合いが悪くなったようです。

それを気にしつつも、声をかけられずにいるヒナタ。
今の暗くてそっけないヒロトを大切に想うヒナタから、こうなる前のヒロトは本当にイイヤツだったのが想像できますね。

ヒナタ(やっぱり、あの日あの子となにかあったのかな)

ゼルトザームとの戦いを避けたいヒロト

再びログイン。
今週のコーラさん、若い女性ダイバーと一緒……大佐はどうした!

※アバターなので本当はコーラさんではありません。

パルもまたゼルトザームのことを思い出し、「なにか対策を練った方が」と思いますが、ヒロトは最低限の策を用意しつつも、可能な限り戦闘を避けるという消極的な考えでした。

ミッションクリアのことだけを考えるのなら合理的ですが、ガンプラを愛し、ゲームを楽しむダイバー的な考えではありませんね。

水上都市セグリ

一同は光の壁に守られた街セグリへ。
水上都市でもあり、ゲームでは中盤らへんに出てきそうな街ですね。

マイヤ姉たちは、年に一度のお祭り”空渡し”の買い出しをしにやってきていました。
ヒロトたちも、荷物持ちを手伝います。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」メルクワンユニットとドッキングし水中特化の機体へ【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

・平和で守りが強固な水上都市
・年に一度のお祭り

これはその祭りでなんらかのイベントが発生し、都市が襲われるフラグですね。

水中ボス

パル「なんか、ヒロトさんとメイさんって似ていると思いませんか?」
カザミ「似てるかもな。不愛想なところとか」

ヒロトとメイがあまり交流をしない仲、カザミとパルは親しくなってきている様子。
やはりパルが良心ですね。

一同、レジスタンスの総司令と顔合わせ。
次のミッションは、敵の重要拠点らしい塔の調査です。

これまで、レジスタンスは塔を護る水中の化物により、調査に失敗しているそうです。

化物、と表するところから、巨大水中MAでしょうか。
この水中特化機を撃破するのが、次のミッションです。

探し物

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」メルクワンユニットとドッキングし水中特化の機体へ【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

解散後は、ヒロトは一人街を歩き、イヴと過ごした日々を思い出します。
もう発想が恋する乙女……。

しかし、そんなヒロトの前にメイが現れて。

メイ「なにか探し物か?」

メイ「私は私のミッションを探している」

と、メイ。

パルは空を飛べるようになり、カザミはかっこよさを追求しています。

メイ「お前はなにを探している?」

メイがようやくヒロトへ歩み寄りはじめますが、

ヒロト「見つからないものを探している。それがオレのミッションだ」
メイ「見つからないもの……とはなんだ?」
ヒロト「見つかるといいな、お前の探し物」

コミュニケーションする気ゼロ!

ヒナタ、何か知ってるようで何も知らなかった

そのころヒナタも、ヒロトのことを考えていました。

ヒロトはある日ずぶぬれで帰ってきて、その日を境に今のような状態になったそうです。
写真を見てイヴのことを知るけれど、その子が何者で、なにがあったのかは知らない様子。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」メルクワンユニットとドッキングし水中特化の機体へ【感想コラム】

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

つまり、ヒナタはほぼ何も知らない状態でした。
ダイバーになってくれないと、負けヒロインもいいところですね。

ああ、モモカの悲劇が……。

ヒナタ「もしかしたらGBNで、その子となにかあったのかな」

と気にするけれど、聞くことはできないヒナタ。
あえて言おう、天使であると!

しかし、ヒナタからもっと歩み寄らないと……(´;ω;`)

メルクワンガンダム

別の日。
ヒロトたちはクリエイトミッションを通し、水中戦の予習をすることに。

メイは水中用の装備を用意し、ヒロトもまた「メルクワンガンダム」というMSを用意。
このガンプラは公式サイトによると、”コアガンダムとマーキュリーアーマーがドッキングした水中戦仕様”とのこと。
水中用のビットを持ち、水中での機動に優れた機体です。

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

水中では対策をしないと水圧にやられます。

カザミ「動きが重い」

なんの準備もしなかったカザミは、水中に特化した相手チームにあっさりと敗北。
一応は対策をしたらしいパルも、いつものガンプラでは思うように動けず敗北。

ヒロトはメイを囮にして、クリア目標である”水底のハロを持ち帰る”ことを優先した”敵を引き離す戦法”で勝利します。

しかし、それは自分だけ勝てばいいというやり方で。

ヒロト「次のストーリーミッションは俺一人で入る」

とヒロトは言いました。
クリアするだけなら合理的でも、メイは言います。

「それでいいのか?」

と。
その言葉に、今回もイヴの言葉を思い出すヒロトでした。


というわけで、初の水中戦でした。
ようやくヒロトに仲間意識が芽生えそうな感じですが、果たしてどうなる次回??

そして、今回登場したガンプラですが――

「HGBD:R 1/144 メルクワンユニット」

2020年2月発売です。
こちらはコアガンダムにドッキングすることで、「メルクワンガンダム」になります。

メルクワンユニットだけでも、オーライザーみたいにある程度戦えそうですね。

価格は935円です!

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE の各話を振り返りチェック!


ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アニメ情報