TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』4期第6話(69話)「嫌な話」【感想コラム】

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』第6話(69話)「嫌な話」【感想コラム】

前回の『 僕のヒーローアカデミア 』は、自分の個性を最大限まで活かし、人々を守り抜いた切島。最高の結果がゆる気ない自信に。

「嫌な話」は恐ろしい内容でした、オーバーフォールを許せません…

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』4期第6話(69話)「嫌な話」あらすじ

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』第6話(69話)「嫌な話」【感想コラム】

画像引用元: © 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

雄英インターン組やプロヒーローらがサー・ナイトアイに呼び出され会議が行われる。

個性を壊す薬物は壊理を利用して、オーバーフォールが作り出したものだった。

あの時、助けを求めていた彼女を救いだせなかった…デクとミリオは悔しさを滲ませる

超人社会を揺るがす凶弾

薬物を撃たれて個性を使えなくなった天喰だったが”個性は回復していました。しかし…

イレイザーの個性「末梢」個性因子を封じるのでなく、個性だけが攻撃される「個性破壊」

しかも、薬物の成分を調査した結果。「人の血や細胞がはいとった!」嫌な空気が流れ…

サーは浮かびあがった点と点を線で繋ぎ、嫌な仮説を立てていきます。

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』第6話(69話)「嫌な話」【感想コラム】

画像引用元: © 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

壊理の体をオーバーフォールが修復し、銃弾にしてさばいている」

気軽に予知は出来ない

デクとミリオは、悔しさのあまり手に力が入る。「今度こそ、壊理ちゃんを保護する!!」

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』第6話(69話)「嫌な話」【感想コラム】

画像引用元: © 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

その気持ちを後押しするように、壊理保護がヒーロー達の第一目標となります

「予知」を使えば率的に情報が得られるのでは?と提案されるが、サーは…

「それは出来ない」

「たとえば、その人物に近い将来「死」。だた、無慈悲な死を待っていたらどうします?」

プロヒーローに責められても、「ダメだ!」とオールマイトの一件を引きずっていた。

相澤先生がデクにあたえた課題

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』第6話(69話)「嫌な話」【感想コラム】

画像引用元: © 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

会議が終わり落ち込んでいた生徒たち。とくに責任を感じていたデク。そんな彼に相澤は

「俺が見ておく。するなら正規の活躍をしろ…問題児」

「掴み損ねたその手は、壊理ちゃんにとって必ずしも絶望だったとはかぎらない」

「前向いていこう…」

やりきれない感情に寄り添い、励ますのでした。

プロヒーローやデクたちが壊理救出のため本格始動!

「今までみんな、あんな風に触れてくれた事なんてなかった…手優しかった、」

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』第6話(69話)「嫌な話」【感想コラム】

画像引用元: © 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

壊理もひとりで泣きながら、彼らの助けを待っていた。

嫌なムードを払拭する相澤先生カッコイイね

会議で話された内容が、本当ならオーバーフォールが許せません!

いたいけな少女を恐怖で支配し、道具のように扱ってなんて…凶悪犯の手から、はやく救い出してほしい!と願うばかりでした。

デクとミリオは悔しかったでしょうね…、あんなにすぐ傍にいたのに怯える彼女を救えなかった。そんな気持ちを吹き飛ばす相澤先生。すごくカッコ良かった!

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』第6話(69話)「嫌な話」【感想コラム】

画像引用元: © 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

あんまり多くを語らず淡々としているようで、いざって時は「俺が見ておく」安心感がすごいですね。生徒の想いを第一に考えてくれて、導いてくれる最高の先生です。

さて、オールマイトの末来、サーナイトの重い言葉、さまざまな想いを背負いながら壊理を救いだせるのでしょうか?

文章:あそしえいつYH

僕のヒーローアカデミア (4期) の各話を振り返りチェック!


僕のヒーローアカデミア(第4期) アニメ情報

僕のヒーローアカデミア 2期 の感想コラムまとめ