TVアニメ『 Fairy gone フェアリーゴーン 』第十九話「悲しい声と黒い本」【感想コラム】

TVアニメ『 Fairy gone フェアリーゴーン 』第十九話「悲しい声と黒い本」【感想コラム】

TVアニメ『 Fairy gone フェアリーゴーン 』第19話「悲しい声と黒い本」

ウルフランに〝黒の九〟が奪われ、ついに黒の妖精書が揃ってしまう。 それらを影で手引きしていたのが、マルコ・ベルウッドとその右腕であるグリフ・マーサーと判明し、妖精省を一斉検挙するためドロテアが動く。果たして彼らの目的である『あらまほしき世』とは…。

妖精省の正体

TVアニメ『 Fairy gone フェアリーゴーン 』第十九話「悲しい声と黒い本」【感想コラム】

画像引用元:(C) 2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

突如、現れたウルフランに“黒の九”が奪われてしまう。さらにマーリヤの心をざわつかせるのは、ウルフランがウォズの妖精を操っていたこと。

しかし、ウォズの妖精は妖精兵のいう事は聞かず暴走を繰り返していた。

マーリヤは、ウォズの妖精が苦しんでいて、本当は戦いたくないんだということを叫んでいると感じ、そのまま妖精を鎮めようする。

その時、ミケルの体から妖精原体が飛び出して、そのまま天に召すように消えていった。

TVアニメ『 Fairy gone フェアリーゴーン 』第十九話「悲しい声と黒い本」【感想コラム】

画像引用元:(C) 2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

「黒の妖精書が揃った…人が統べる世界は終わった…“あらまほしき世”が来る」そうのたまうミケルに銃を向けるマーリヤだったが…ミケルを殺しても人の憎しみの連鎖を断ち切れないと…そっと銃を下すのだった。

黒の九を奪ったことで黒の妖精書が完成する…その言葉を信じるのならば1~8までの妖精書を管理する“妖精省”とウルフランは繋がっている、そう推測を立てた。

さらにミケルが死んだはずのウォズの妖精を使っていたことに、かつての戦争で死んだ妖精兵の妖精器官を取り出し移植する技術を取り入れようとしていたという歴史、

そして死んだ妖精兵が妖精省が管理しているということから、「妖精省とウルフランたちはグルであり、妖精器官の移植する技術を確立している」ということがほぼ確実のものとった。

妖精省が相手となり、より慌ただしさを増すドロテア。

TVアニメ『 Fairy gone フェアリーゴーン 』第十九話「悲しい声と黒い本」【感想コラム】

画像引用元:(C) 2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

マーリヤは局長に、ミケルとの戦闘での不信な点を話さずにはいられなかった。まるで妖精の声のようなものが聞こえたこと、そして妖精が消えていく瞬間。

局長はマーリヤが妖精憑きだからこそ、他の妖精兵とは違う能力のようなものがあるのではという仮説を立てる。

さらに、ヴェロニカやマーリヤや、そしてレイの妖精は人型であることからスーナ出身の人間には妖精憑きになる素質があるのではないのか…。

その全てを知るべき人間は…ダミアン・カルメ。この男こそが事態収拾の切り札になるかもしれない。そう思った局長はダミアンを呼び出すことにする。

「無理するなよ…」そんなフリーの言葉に、マーリヤは「無理をさせてください…私はドロテアだから」と返す。その言葉からは確実にマーリヤの精神的な成長を感じさせた。

妖精兵の価値

TVアニメ『 Fairy gone フェアリーゴーン 』第十九話「悲しい声と黒い本」【感想コラム】

画像引用元:(C) 2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

ダミアンと接触したフリーら。ダミアンはマルコが目的にしているのは間違いなく「神獣」を復活させることだという。

それはかつて栄華を極めたティパール王国を砂に変えた、神にも等しい存在の獣…。

その「神獣」を復活させるために必要なものこそが、妖精憑きの妖精器官、そして妖精成体の複合体。

とにかく、マルコの神獣復活を阻止するべくダミアンは首相に会い全てを話すと約束する。

そして残るのは疑問。なぜマルコは神獣を復活させようとしているのか?

首相・ゴルバーンは、マルコがかつて統一戦争のときに同志として戦いぬいた過去があり、裏でこの世界を牛耳ろうとしていたことにショックを隠せなかった。

そしてゴルバーンの口から、マルコ・ベルウッドを手段を問わず捕える命が下されるのであった。それは妖精省を相手取るドロテア史上最大の戦い。

俺たち妖精兵は…かつて兵器であり殺戮の道具だった…大義名分のために戦ってきた」それがかつて戦争を戦ってきたフリーにとっての当たり前だった。

戦うしか能がない妖精兵にもう価値はないのか?フリーはずっと悩んでいたのだ…。それでもマーリヤはフリーには価値がある人間だと……今度はマーリヤがフリーを支える。

そして、ついにドロテアメンバーたちが妖精省に突撃をかける。

一気に動き出した物語

TVアニメ『 Fairy gone フェアリーゴーン 』第十九話「悲しい声と黒い本」【感想コラム】

画像引用元:(C) 2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

いやーー、一気に話が動いたといいますか…黒幕であるマルコの目的、妖精憑き、スーナの民、黒の妖精書…

さらに神獣の正体がスウィーティーの幼少のころに関係のある国であることや、かつてスーナの守り人が抑え込んでいた妖精成体の複合体が素材であることなどなどなど…いろいろな点が徐々に徐々に繋がってきている気がしますね。

あとはウルフランやマルコの目的…そしてヴェロニカは現れるのか…ということでしょうか。ここからはさらに物語はクライマックスに向けて加速度的に盛り上がっていきそうです。

Fairy gone フェアリーゴーン の各話をチェック!


アニメ情報リスト インデックス

2019.01.10

Fairy gone フェアリーゴーン アニメ情報