ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

前回のブラクロ

・影の王宮へ突入
・アネゴレオンVSヴェット、フエゴレオンVSカイゼルエルフ

姉弟の熱い絆が見られました。

ブラッククローバー 第113話「突入 影の王宮」【感想コラム】

2019.12.11

続ノエルVSファナ

ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

前回、ファナと対面したノエル。

開幕から水弾を撃ち、水のバリアを張り、空を飛び回りながら交戦するノエル。
ファナも空中を自在に移動し、炎を放ちます。

激しい空中戦になると、ドラゴンボール感が出てきますね。

ファナ「見失っちゃった」

ノエル「海神戦乙女の羽衣鎧(ヴァルキリードレス))。まだ完全には使いこなせてないけど、私の方が機動力は上」

キヴン戦で得た力をすでにモノにしはじめているノエル。
この辺の展開の早さは、テンポのいいブラクロらしさです。

ブラッククローバー 第108話「戦場の舞姫(まいひめ)」【感想コラム】

2019.11.06

スピードでファナを上回り、壁にたたきつけてからの

ノエル「海竜の咆哮!」

ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

かつてヴェットの腕をも削った、ノエルの高火力な水の竜。

ブラッククローバー 第48話「絶望VS(バーサス)希望」【感想コラム】

2018.09.05

その威力が怖くて手加減をしていたノエルですが、相手は憎悪のファナとして立ちふさがった強敵の、完全なる転生体。

相手の強さを知っているからこそ、全力で放ちます。

不死身のファナ

その一撃はすさまじく、ファナの上半身を後方の壁ごと削りますが――

ノエル「ええ~~!? ご、ご、ごめんなさいっ」
ファナ「炎回復魔法 不死鳥の羽衣」

ファナは回復魔法で復活します。
普通なら死んでる状態からの完全復帰は、度を越えすぎた回復魔法ですが。

ファナ「私たち禁術魔法を使っちゃったから、あっちの世界の魔力で理外の魔法が使えるんだよね」

ファナはどこか別世界の魔法により、不死身となっていました。

なお、上半身の服は再生しないので、お胸は火ブラで隠す模様。

ノエル「こんなのどうしろっていうのよ」

 

アスタ、ミモザちゃんと合体してしまう

そのころアスタ&ミモザは、リルに転生したエルフ・リラを相手に戦っていました。
次々と絵から生み出される魔法を前に、ブラック化する暇さえないアスタ。

アスタ「ミモザ! オレにおぶさって植物でぐるぐる巻きにしてくれ!」
ミモザ「ええ!?」
アスタ「こうなったら合体だ!!」
ミモザ「が、合体!?」

そこで、回復薬のミモザを背負い、回復を受けやすい状態で戦うことに。

ユノ参戦

そのころ、影の王宮の外、王城では「金色の夜明け」団に転生したエルフたちとバネッサ姉さんたち「黒の暴牛」+αが戦闘を行っていました。

バネッサ姉さんの猫で回避ができるとはいえ、敵も強力。
今一歩決定打に欠けるラックたちでしたが。

ユノ「マナゾーンを広げて魔力の道をつくる。交戦中の魔法騎士の攻撃に合わせて、それぞれ全力の遠距離攻撃魔法でサポートを頼む」

そこへ、ソルたち各地の魔法騎士を集めたユノが登場。
みんなを指揮し、一気にエルフたちを全滅させました。

キルシュ「美しい……私の美しさには負けるが、美しい」
ゾラ「国の端からこの速さで、各地でバラバラの魔法騎士をまとめあげてやってきたのか」

これはもう、次期副団長クラスの活躍とまとめ役っぷり。

ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

そんなユノはチャーミーパイセンの飯で魔力を回復させ、状況を聞きます。
するとユノの魔石が「影の王宮」に反応。

ユノはそのまま「影の王宮」へ。チャーミーパイセンを後を追い、侵入者対策用の仕掛けで別々の場所へ飛ばされました。

チャーミーパイセンVSリラ

チャーミーパイセンが到着したのは、リラの描いた怪物たちがはびこる戦場。

チャーミー「地獄だ」
アスタ「チャーミーパイセン!?」

ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

アスタは状況を説明し、チャーミーパイセンからユノも来ていることを聞きます。

リラ「違う、違うんだ……うまく描けない」

リラ「人間の最後におあつらえ向きだと思って、怪物たちを書いたけど……本当は、もっときれいなものを書きたいんだ」

エルフたちも元は優しくて仲間想いな者たちでした。
憎しみにのまれ、そこへ禁術魔法を受けたため邪心に支配されかけている。

これまで交戦してきた、ほかエルフたちと同じです。

ブラッククローバー 第112話「信じられる人間」【感想コラム】

2019.12.04

ブラッククローバー 第111話「鏡の中の瞳」【感想コラム】

2019.11.27

チャーミー「そんなにムシャクシャして、おなかが減っているんだろう?」

そこでチャーミーパイセンは、いつものように料理を出しますが、リラは人間の作った料理など食べないと、それを突き飛ばしました。

ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

チャーミー「ごはんに何するんだ」

キレるチャーミーパイセンを、返り討ちにしてしまうリラ。

アスタ「チャーミーパイセエエエエン!!」

ブラッククローバー 第25話「逆境」【感想コラム】

2018.03.30

ドワーフ

しかし。

ミモザ「このマナは……」

ここで、チャーミーパイセン覚醒。
いつもの綿の白い羊が黒く染まっていきます。

ミモザ「なんですのこの魔力は……普通の人間とは違う……」

羊は巨大な狼に変化しました。

リラ「君は人間とドワーフから生まれた、両方の特徴を持ったダブル」
チャーミー「ドワーフウウウウ!?」
アスタ「本人も知らなかった!!」

ミモザちゃん曰く、ドワーフとは大昔に存在していたらしい、人間ともエルフとも違う存在。

狼「全部、オレのメシだ」
チャーミー「食魔法 大喰いの晩餐会!」

狼と八頭身になったチャーミーパイセンは、リラの魔法をすべて食べてしまいました。

アスタ「パイセンって、綿魔法じゃ」
リラ「聞いたことがある。ダブルは二つの魔法を使うって」

ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

しかも、チャーミーパイセンの食魔法は食べた分の魔力を自分にプラスします。
次々にリラの魔法を食って、力に変えていくチャーミーパイセン。

リラ「ぼくの想像力が食欲なんかに!」
チャーミー「これはたんぱく質の分! これは脂質の分!!」

魔力を込めたただのパンチで、地面をえぐり飛ばすほどの威力を出すチャーミーパイセン。

チャーミー「アスタ君! 先に行って! 私はごはんの大切さをこいつに叩き込むから!!」

というわけで先へ進むアスタとミモザちゃんは、倒された状態のダヴィドを見つけました。

ミモザ(ここにかすかに漂う魔力の残滓。これは人間のものでも、エルフのものでもない、いったい――)

ファナと交戦中のノエルの元には、ジャック団長が乱入。

ユノの成長っぷり

そして、ユノはパトリ&ライア&ロンネの元にいました。

ロンネはここで初登場したエルフですが、ライアたちの友人です。
その体は魔法騎士のもの、ではないようです。
※エルフの転生はマリーちゃんのように、一般国民の体にも起こっています。

パトリ「今こそその魔石、渡してもらうよ」

パトリは最後の魔石を奪うべく、ライアと共に光魔法を放ちますが

ユノ「マナゾーン。精霊の静かなる舞踏」
パトリ「なに!? この数の攻撃をよけきるだと!?」

ユノ「マナゾーン スピリットストームダブル!」

ユノはすべてを回避し、リヒト戦では一発しか撃てなかった”敵の後ろから撃つ風の渦”を二発同時に放ちました。

ブラッククローバー 第100話「オマエには負けない」【感想コラム】

2019.09.11

ライア「ここに来るまでの間に、エルフの力も人間の力も成長させて……この子は、天賦の才だけならリヒトくんをも」

しかし、ロンネの”相手の位置を変える”魔法により、魔石――ユノにとっては、幼いころアスタに取り返してもらった思い出のペンダント――を奪われます。

ロンネ

ユノ「魔石だかなんだか知らないが、それはオレのだ。返せ」

ロンネ「これで、今までのすべてが報われるね」

そういうロンネですが、ライアは嘘がわかる性質を持っています。

ライア「なんで今の言葉がウソなんだ、ロンネ」
パトリ「ライアさん?」

ライア「オマエ、誰だ?」

次の瞬間、ライアの体に大穴が空きました。
不気味な笑みを浮かべるロンネと、倒れていくライア

ライア「まさか、この転生は――」


というわけで、

・チャーミーパイセン、ドワーフとの混血だった
・ユノ参戦
・ファナは不死身
・ライア、味方だと思われていたエルフに襲われる

という盛りだくさんの内容でした。

ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

チャーミーパイセンは綿魔法の時点で、攻撃力あり、魔力を回復できる料理も作れる、という万能っぷり。
回復魔法の使い手は他にもいますが、魔力を回復できる魔法と言うのはレアなんです。

そこに、相手の魔法を吸収しパワーアップするという食魔法
もはや団長クラス以上、それどころかエルフ以上の実力ですね。

そして次回は、絶対に見逃せない新展開です。

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

アニメ『 ブラッククローバー 』 「白夜の魔眼」のまとめ&今後の見どころ【感想コラム】

ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!