TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第十五話『七夕祭~後編~』【感想コラム】

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第十五話『七夕祭~後編~』【感想コラム】

ヴァルキュリーの斎宮宗と影片みかが地下ライブハウスから出ると、生徒会会長の天祥院英智が待ち構えていました。かつての夢ノ咲学院の「帝王」が落ちぶれたものだ、と英智は言います。さらに地下ステージで活動しているユニットに予算を与える意味はないとして、ヴァルキュリーを解散させてはどうかという意見があることを伝えます。

それを聞いた宗は、解散してもいいがタイミングは自分で決める、英智の指図は受けないと突っぱねます。英智は、帰りかけた宗の背中に「ラビッツを知っているね?」と問います。ラビッツにはかつての仲間であり、宗が大事にしていた仁兎なずなが所属しています。英智はラビッツを引き合いに出し、ヴァルキュリーを「七夕祭」に出場させようとしていました。

執事の願い事

fineの1年生、姫宮桃李は3年生の日々樹渉からマンツーマンでレッスンを受けていました。渉とのレッスンに嫌気がさしていた桃李が、柔軟体操で悲鳴を上げていると姫宮家の執事である伏見弓弦がやってきます。桃李の悲鳴を聞き、恐ろしい形相で殺気を放つ弓弦は心配性のようです。「七夕祭」の飾りつけで余った笹をもらってきたと言う弓弦は、桃李と一緒に短冊を書きます。

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第十五話『七夕祭~後編~』【感想コラム】

画像引用元:(c)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

桃李の願いは「会長がずっと健康でありますように」、対して弓弦の願いは「もっと坊ちゃまと触れ合いたい」というものでした。最近別行動が多かったからと話す弓弦に、そんなのすぐ叶えてあげる、と肩もみをしてあげる桃李。弓弦は感動のあまり、自分は果報者だと泣き出してしまいました。

ヴァルキュリーも出演へ

なずなは自分を裏切ったのだから庇う必要はない、と宗は考えていましたが、彼が持ち歩いている人形のマドモアゼルは「後悔しないかしら?」と尋ねてきます。マドモアゼルが話す言葉は宗の本心なので、内心迷っているのです。考えながら歩いていると、ラビッツが一生懸命にレッスンしているのを目撃します。

その様子を見た宗は、ヴァルキュリーも七夕祭に出場することを決心します。一方準備に追われていたあんずは、ヴァルキュリーの出演申込書に不備を見つけ、同じく宗に用があるという鬼龍と一緒に探すことに。鬼龍は手芸部の鍵を壊して中に入り、部屋にいたみかに宗の居場所を尋ねます。探していた宗は毛布を頭からかぶり、部屋の隅に座り込み何やらブツブツ言っています。

あんずと鬼龍が、みかに要件を言い出したところで急に宗が立ち上がります。完璧な理論が構築できた!と。宗は英智を玉座から蹴り落とすと自信満々で部屋を出て行ってしまいました。そのあとは多くの生徒の協力もあり、ついにあんずが企画した七夕祭当日を迎えます。

七夕祭

画像引用元:(c)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

七夕祭の司会は渉が務め、あんずは本部のテントで裏方として指示を出していました。ラビッツは舞台裏で、紅月に宣戦布告をしています。第一戦は、ラビッツ対紅月、因縁の対決です。自信満々で挑んだラビッツでしたが、第一戦目は紅月の勝利となりました。悔しがるラビッツのメンバーですが、紅月とお互いのパフォーマンスを称え合う良い対決となりました。

七夕祭のルールとして、勝者側に投票した観客の短冊に書いてある願い事を一つ叶えるというものがあります。短冊には「敬人さーん私を弓で射抜いて」と書いてありました。エア弓矢で「ばっきゅーん」の効果音付きでファンサをする蓮巳。照れている姿はなかなかレアです。するとファンサを終えた蓮巳のもとへつむぎが走り寄ってきます。蓮巳はトラブルが発生したから紅月はステージから降りると言います。

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第十五話『七夕祭~後編~』【感想コラム】

画像引用元:(c)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

ステージをラビッツに譲るという蓮巳は、かつての償いにはならないだろうとしながらも、今のラビッツにはあとを任せても安心だと告げます。それを聞いたなずなはお礼を言い、気合を入れなおし第二戦目に挑もうとします。しかし次の対戦相手は、fineでした。英智の「晩餐会の始まり。メインディッシュは子うさぎだ」という言葉に、なずなは過去の悲劇を思い出しうつむいてしまいます。

ヴァルキュリー対fine

そこへ突然「ちょっと待ったー!相手は俺らヴァルキュリーやで!」とみかが走ってきました。遅れてきた宗は、なずなのことを裏切り者と罵りながらも、代わりに出演することは決めている様子です。宗と英智の火花が散るなか、渉は司会用のマイクをなずなに渡します。なずなが司会を務める第二戦目は、fine対ヴァルキュリーの対決になりました。ヴァルキュリーのパフォーマンスをそばで見ていた桃李は、みかの動きの難しさや複雑さに困惑し、弓弦は体がもたないと感じていました。

みか「お師さんの役に立てるなら、全部全部売り払ったる。人生も命も何もかも。俺の明日なんかいらんわ。」

TVアニメ「 あんさんぶるスターズ! 」第十五話『七夕祭~後編~』【感想コラム】

画像引用元:(c)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

観客はヴァルキュリーの世界観に引き込まれています。また、英智も目を輝かせてヴァルキュリーの高次元なパフォーマンスを見ていました。宗のイメージの中では、英智は奈落の底へ落ちていきます。それほどに、自身があったのです。

結果は敗北

噴水で水浴びをする深海奏汰の横に、体育座りでうつむいている宗の姿がありました。fineとの対決に負けてとても落ち込んでいます。あんなに勝ち誇っていたのに負けちゃうなんて逆にびっくりだと奏汰は言いつつ、それでもあの舞台で何かすごいことが起きたのはみんな理解できたと思うと優しく言葉をかけます。

天才への憧れ

続く七夕祭、次はトリスタと流星隊の対決です。会場が盛り上がっているなか、英智は屋上のベンチで一人座っていました。渉が声をかけると、発見の連続だと目を輝かせて嬉しそうにヴァルキュリーのパフォーマンスを語りだします。渉は、子供のように盛り上がる英智の話を止め、風邪をひくと毛布をかけます。

渉の肩に頭を乗せた英智は、五奇人が羨ましいと小さな声で呟き眠ってしまいます。「夢よりもよほど美しい現実がいつだってこの世界には広がっているのに。それを私に教えてくれたのも、あなたでしょ。」といつもの騒がしい渉とは違う落ち着いた声が、2人の空間に優しく響きます。

七夕祭は美しい星のもと、夜遅くまで盛り上がったのでした。

七夕祭は大成功

あんずが企画した七夕祭では、ラビッツと紅月のお互いをたたえ合うよい対決を見ることができました。fineとヴァルキュリーの因縁の対決では、残念ながら宗は負けてしまいました。

しかし自信を失ってはいないので、これからの活躍に期待したいですね。

あんさんぶるスターズ! の各話を振り返りチェック!


あんさんぶるスターズ! アニメ情報

あんさんぶるスターズ! の2.5次元舞台が人気な理由