食戟のソーマ 白熱!連帯食戟! 中枢美食機関(セントラル)チーム編

食戟のソーマ 白熱!連帯食戟! 中枢美食機関(セントラル)チーム編

2019年放送のアニメ「食戟のソーマ 神ノ皿」では、料理の名門学校の「十傑」というトップ料理人たちが、敵・味方に別れて戦います。抜群の料理スキルをもつ、天才料理人が作る一皿に目が離せません。

今回はソーマが戦うことになる、中枢美食機関(セントラル)チームの注目キャラクターを紹介します(席次は薊政権樹立による、繰り上げ後のものです)。

斎藤綜明 (さいとうそうめい)

画像引用元:©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会弐 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会4

「遠月十傑」第四席。得意料理はお寿司で、当代きっての天才寿司職人と呼ばれています。寿司以外にも海鮮料理全般も得意で、食戟では豪華な海鮮丼も作りました。

長身にモヒカン頭が特徴的な料理人です。武士道の精神を重んじており、武士っぽい言葉や口調で話します。刀上の巨大な包丁を使って、魚を鮮やかに捌く姿は必見です。

実家は小さな寿司屋だったのですが、店主の母が業界の悪い慣習によって、倒れてしまったという過去があります。母のような弱い料理人を守るために、中枢美食機関の理念に賛同しました。

連帯食戟では、主人公・創真とも対戦。バターをお題に、激しい料理勝負を繰り広げました。

茜ヶ久保(あかねがくぼ)もも

画像引用元:©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会弐 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会4

「遠月十傑」第三席。得意料理はスイーツで、十傑では唯一のパティシエです。いつもぬいぐるみの「ブッチー」を持ち歩いています。ブッチーの中には過去の食戟で奪った生徒手帳がたくさん入っていて、見た目よりかなり重たいそうです。

とにかくかわいいものが好きで、スイーツづくりのセンスや技術が際立っています。連帯食戟前に開催された「紅葉狩り会」でも、創真たち一年生をそのおいしさで圧倒しました。

周囲の人間に「○○みゃん」などの独特のあだ名をつけますが、これは相手のことを自分より下に見ている証拠です。逆に彼女が普通に名前を呼ぶということは、相手の実力を認めている証拠です。

連帯食戟では、田所めぐみ・薙切えりなと対戦。どちらもスイーツ対決となり、審査員たちをこれでもかと唸らせました。

司瑛士 (つかさ えいし)

画像引用元:©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会弐 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会4

「遠月十傑」第一席。遠月学園最強の料理人です。料理人として「自分らしさ」を捨てて、食材の良さを完全に引き出す、完璧な料理を得意とします。自分らしさがないのが、「自分らしさ」とも呼べる料理スタイルです。

食材の声を聴くことができ、素材に合った最高の料理を作る姿は、全ての料理にかしずく騎士のよう。そのため「食卓の白騎士」(ターフェル・ヴァイスリッター)の異名をもちます。

料理の腕は超一流ながら、性格はおどおどしていて、よく第二席の小林竜胆(りんどう)に突っ込まれています。第一席なのに十傑内の雑務を押し付けられていたりと、色々な顔をもっていて、本性がなかなか分からない人物です。

その他にも実力者がたくさん登場!

画像引用元:©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会弐 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐 ©附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会4

今回紹介できませんでしたが、中枢美食機関には同じく十傑の小林竜胆(りんどう)や、叡山枝津也(えいざん えつや)などの実力者がいます。

みんな得意な料理や、他にないスキルをもっている凄腕の料理人です。創真たちは彼らを破り、中枢美食機関体制を打破することができるのか、白熱する料理バトルに注目です。

 

食戟のソーマ 白熱!連帯食戟! 反逆者チーム編