フルCGのSFアクションアニメ「INGRESS THE ANIMATION ( イングレス )」が面白い!

フルCGのSFアクションアニメ「INGRESS THE ANIMATION ( イングレス )」が面白い!

フジテレビが2018年10月から新しく始めたアニメ枠「+Ultra」(プラスウルトラ)の第一弾「INGRESS THE ANIMATION( イングレス )」。今回はこの作品の魅力をお伝えしたいと思います。

INGRESS( イングレス )ってなんなの?

もともとINGRESS( イングレス )はスマートフォン向けのAR(拡張現実)を活用したゲームです。プレイヤーは緑色と青色の2つの陣営に分かれて、「ポータル」という拠点を奪います。ポータルを制御するためには、GPS機能を使って実際にポータルに指定されている現実の場所に移動する必要があります。そして奪ったポータルをつなぎ合わせてできる「コントロールフィールド」の数を競うというのが基本的なルールです。

現実世界の神社仏閣などの名所がポータルとして設定されており、現実とゲームがリンクするシステムが特徴的ですね。これを世界中のプレイヤーが世界各地で行っており、大規模なスマホでの陣取りゲームという感じです。

 

アニメ版からでも十分楽しめる!

ゲームをプレイしていればもっと楽しめるのは間違いありませんが、ゲームの予備知識がない人でもアニメ版から十分楽しめます。また「INGRESS」の基本的なゲーム設定はアニメ内でも説明されているので心配ありません。

主人公・誠は触れた物の記憶を読み取る能力をもつ警察の特殊捜査官。ある日研究所の爆発事故でサラという少女に出会うことから物語が始まります。そして誠たちはサラを追う謎の男・ジャックや世界的企業・ヒューロンの陰謀に巻き込まれ、世界を舞台にした旅に出ることになります。

作品では人の精神に影響を与えるエキゾチック・マター(通称:XM)という存在が大きなカギになっています。誠の特殊能力はXMによって生まれたものです。他のキャラもそれぞれ特殊能力をもっており、それをどう使ってピンチを乗り切るのかも見どころです。

戦闘シーンから幻想的な風景まで、CG技術がすごい!

本作はレベルの高いフルCGのインパクトも魅力です。キャラクターもCGで描かれていますが、表情も豊かで違和感は少ないです。他にもジャックの「一瞬先の未来を予測する」特殊能力をいかしたアクションシーンは、動きにとても迫力があってかっこいいですよ。

またポータルにはXMが集まっているのですが、これが緑と青色のオーロラのような幻想的な景色なんです。この色合いや独特の存在感はCGでしか表現できない演出ではないでしょうか。全てCGで描かれたアクションや背景は大きな注目ポイントです。

見どころポイントのまとめ

フルCGのSFアクションアニメ「INGRESS THE ANIMATION ( イングレス )」が面白い!

画像引用元:©「イングレス」製作委員会

「INGRESS THE ANIMATION」は原作ゲームの基本設定を生かしながら、アニメ単体としてもロードムービー的な展開が面白い作品です。キャラクターの特殊能力を使ったかっこいい戦闘シーン、誠とジャックの立場を超えた友情あり、サラに秘められた大きすぎる能力に驚いたり・・・。ビジュアル面のCG表現も斬新です。

先が気になる展開とフルCGによる新しい感動を感じられる「INGRESS THE ANIMATION」。テレビ放送は終了しましたが、ネットフリックスでは全話配信中です。気になった方はこの機会にネットフリックスでご覧になってはいかがですか?

2017年は3DCGアニメが飛躍の年!? 2017年春の3DCGアニメをご紹介

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。