TVアニメ『 アサシンズプライド 』第11話「死神の使いたち」【感想コラム】

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第11話「死神の使いたち」【感想コラム】

前回の『 アサシンズプライド 』は、ビブリアゴート認定試験はグリムフィスから不吉な手紙が届き、メリダ達を陥れる

事件の核心へ迫るにつれて、裏切りの連続。複雑に絡み合うそれぞれの思惑

TVアニメ『アサシンズプライド』第11話「死神の使いたち」あらすじ

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第11話「死神の使いたち」【感想コラム】

画像引用元: ©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

メリダとエリーゼはミュールとサラシャともに試験を合格するため協力することに。

ビブリアゴートに詳しいミュールを頼りに、試験は順調に進んでいく。

しかし、死神の使いはすぐそこに迫っていた。アンジェル家を落し入れるために…

三大騎士公爵家の4人娘の協力

ミュールが持参した魔法書のおかげで2階にいることが分かった。一同は試験会場の5階層へ

そこには山のように積まれた本が置いた。試験内容はその本すべてを「修繕」と「整頓」

試験開始と同時に、書物を食い荒らす魔物「虫食い」が複数で襲いかかる。メリダが応戦し

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第11話「死神の使いたち」【感想コラム】

画像引用元: ©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

その間にミュールは魔法書に記されたパズルを解き明かしていく。

「解読できたわ、手伝って!4つ目の棚の2段目に。エリーゼさんは2つ目の棚の5段目」

4人の連携で本を片付け合格の証を手に入れるのだが…

自分を認めてほしいから

みんなで合格の喜びを分かち合い。ミュールはメリダ達に質問を投げかける。

「本気で合格を目指していたのね。1年生には難しい試験だっていうのにどうして?」

「私はアンジェル家の子供だって認めてもらいたいの」

本心を打ち明けるメリダだったが、それが本当に証明なるの?冷静に返すミュール。

場の雰囲気が一変し、サラシャがメリダの合格の証を奪う。ミュールに詰め寄られ…

「本を返してあげなさい。それはメリダちゃんのものよ!」

しかし、サラシャは「この試験は罠なんです!」ミュールを裏切るのだった。

死霊術師 クロドール

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第11話「死神の使いたち」【感想コラム】

画像引用元: ©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

一方、メリダ達とはぐれてしまった学院長や生徒たちは迷宮を抜け出すことに。

しかし、ゆく手を阻むギルドグリムフィスの使徒「クロドール」の手によって学院長が

刺されてしまう。死を覚悟した瞬間。蒼い斬撃が駆け巡り、クーファが蹴散らす。

クロドールは死しても死霊の王「アンデッドキング」再び蘇るのだが、異能を封じの包帯が巻きつく。

敵だったはずのウィリアム・ジンがクーファたちを助ける。そして、グリムフィス真の狙い

「学院の生徒達全員の命。偽の父親の件が公になる前に目撃者を全員口封じしようと…」

学院を襲撃していた。さらにミュールもメリダの秘密を掴み事態はさらに加速していく…

サラシャは兄を裏切り、ジンも…どうなってるんだ!?

ミュールが隠し続けてきた裏の顔が明らかになりましたね。

サラシャがメリダの合格の証を奪った時は、やっぱり敵なのか?と思いましたけど、ミュールを裏切って味方になってくれた。

もしかして…「裏切りの果実」ってそういう意味だったのかも深読みしつつ、驚いたのは、元ギルドグリムフィス:ウィリアムジンが味方に加わったことでした。

クーファが居ないと成立しないプランとは?クーファとジンの会話が気になりました。

TVアニメ『 アサシンズプライド 』第11話「死神の使いたち」【感想コラム】

画像引用元: ©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会

メリダがミュールと共に消え、クーファはシクザール家の管理する第18階層へ急ぐ。
様々な可能性を探りながら…

「お嬢様の命が奪われる時が来るのだとしたら、それは私だけの役目だ」

アサシンズプライドを胸に。

文章:あそしえいつYH

アサシンズプライド の各話を振り返りチェック!


アサシンズプライド アニメ情報