キラッとプリ☆チャン 第106話「かがやけ!レインボープリンセスカップだッチュ!」アイドルマスコット爆誕【感想コラム】

キラッとプリ☆チャン 第106話「かがやけ!レインボープリンセスカップだッチュ!」アイドルマスコット爆誕【感想コラム】

2020.05.21(木)

前回のプリチャン

キラッCHU、メルパンが成長する。

キラッとプリ☆チャン 第105話「どこどこ?プリたまさがしにGOGOッチュ!」マスコット早くも成長する【感想コラム】

張り合うあんな様

プリチャンランドにいる時だけ成長した姿になれるキラッCHU。

えも「ほ~んと可愛いよねこのキラッCHU」
みらい「もちろん元の姿もだけどね」

アリスからもらったキャンディーを舐めるみらいたちと、バーチャルキャンディーを舐めるキラッCHU。
そこへ「メルティックスター」が登場します。

えも「今日もくるくるツインテがびよんびよんね」

と、えもがいじるけれど。
あんな様はそれをスルーし、みらいをじーっと見つめた後、去っていきます。

キラッとプリ☆チャン 第106話「かがやけ!レインボープリンセスカップだッチュ!」アイドルマスコット爆誕【感想コラム】
画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

第1回プリンセスカップ

そうこうしていると、めが兄ぃから最初のイベントの告知が!

いきなりはじまる第1回プリンセスカップ「レインボープリンセスカップ」

めが兄ぃ「今回のプリンセスカップは、ここレインボースカイエリアで行います。優勝してイルミナージュコーデを手に入れると、このエリアのプリンセスとなりイルミナージュクイーンに一歩近づくことができます」

勝負内容は、絶叫マシン・フリーフォールツイスターによる根性試し。
高速で垂直に落下するマシンに乗り、声を上げずに耐えきることが条件。

えも「えもヤバ~! あたしあれ超苦手~~~!」

いきなりピンチの「ミラクルキラッツ」。

上位2チームにのみ、ライブ対決による決勝へと進むことが出来ます。

あんな様はみらいに対し勝利宣言。

「このエリアのプリンセスになるのはわたくしたち。いいえ、ここ以外のすべてのエリアでプリンセスになってみせますわ」

りんか「どうしたのかしら、あんなちゃん」

やたらと好戦的なあんな様を心配するみらい・りんかでしたが。

えもは絶叫系が苦手

順番が近づき焦るえも。

みらい「どうしよう。今すぐえもちゃんが怖くなくなる方法ってないかな」
キラッCHU「えもちゃん、とにかく笑顔ッCHU」
えも「無理無理~~~」

「メルティックスター」の3人は、見事に声を出さずフリーフォールツイスターをクリアします。
そしてやってくるみらいたちの番。

みらい「どうしよう順番だよ」
りんか「まだなんの対策もできてないのに」

えも「あたしは大木~~~~」

キラッとプリ☆チャン 第106話「かがやけ!レインボープリンセスカップだッチュ!」アイドルマスコット爆誕【感想コラム】
画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

もたつく「ミラクルキラッツ」に

あんな「あなたたち、こんなところで終わるんですの?」

と声をかけるあんな様。

みらい「あんなちゃん……」
えも「や、やってやろうじゃない」(震え)
あんな「せいぜいがんばることですわ」

張り合うことを決めても、なんだかんだライバルが心配なあんな様。

ライブ対決

震えるえもでしたが、キラッCHUがお尻をえもの口に突っ込み、物理的に声を抑えることで突破しました。

あんな「こうでなくては」

と、嬉しそうなあんな様。

こうして、ライブ対決は「メルティックスター」VS「ミラクルキラッツ」になりました。

さら「やはり決戦はキラッツとか」
める「相手にとって不足ナッシング」
あんな「楽しみですわ」

というわけで、先行は「メルティックスター」。
3人のステージに白熱する観客席。

キラッCHU「すごいライブだったッCHU。こんな強い人たちにどうすれば勝てるッCHU」

みらい「心配しないで、キラッCHU」

みらい「さっきみたいにキラッCHUも一緒に頑張ってくれたら、私たちも勝てるよ」
えも「うんうん。キラッCHUのおかげで乗り越えられたし」
りんか「私たちを信じて。応援してキラッCHU」

キラッCHU「みんな……」

キラッCHU「わかったッCHU。キラッCHUもみんなが勝つって信じて応援するッCHU」

こうして、キラッCHUの応援を受けながらステージを披露するみらい・えも・りんか。
こちらも会場は大盛り上がりに。

アイドルマスコットとレインボースカイイルミナージュコーデ

そして、結果発表の時――キラッCHUの体が光り、もっと成長した姿に進化しました。

キラッCHU「アイドルマスコットチェ~ンジ!」

キラッとプリ☆チャン 第106話「かがやけ!レインボープリンセスカップだッチュ!」アイドルマスコット爆誕【感想コラム】
画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

みらい「キラッCHUが大きくなっちゃった!?」

あんな「あれはいったい!?」

キラッとプリ☆チャン 第106話「かがやけ!レインボープリンセスカップだッチュ!」アイドルマスコット爆誕【感想コラム】
画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

驚くあんな様に、キラッCHUの変化にショックなメルパン。
さらは可愛いもの好きなせいで、クールがはがれてますが、誰もさらの方を見ていないのでセーフ。

というわけで、イルミナージュプリたまが開封され、イルミナージュコーデをまとっていくみらいたち。

キラッCHU「一緒にいくッCHU」

今回はだいあに代わり、マスコットがコーデゲットの案内をしてくれるようです。
そのままイルミナージュライブでコーデをお披露目し、ゲットします。

キラッとプリ☆チャン 第106話「かがやけ!レインボープリンセスカップだッチュ!」アイドルマスコット爆誕【感想コラム】
画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

こうして、ライブ対決に勝利しレインボースカイイルミナージュコーデをゲットした「ミラクルキラッツ」。

めが兄ぃ「おめでとうございます! これがイルミナージュコーデ。つまり、あなたたちがプリンセスになった証です!」

めが兄ぃいわく、プリティマスコットからアイドルマスコットに進化したそうです。

まずはキラッツの1勝

みらい「あのキラッCHUがこんなに素敵な女の子になるなんて。それもこれも、キラッCHUが応援してくれたおかげだね」

キラッCHU「みらいちゃん! これからみらいちゃんと一緒に歌ったりダンスしたりできるッCHU」

2人は抱き合おうとしましたが、すぐに戻ってしまうキラッCHU。
長続きはしないようです。

めが兄ぃ「きっとまたなれますよ。頑張っていればね」

そんなこんなで、制覇したエリアには「ミラクルキラッツ」の旗が立ち、メルパンは悔しがるけれど、あんな様はどこか満足そうな顔で去っていくのでした。


というわけで、もうアイドルの姿にまで成長したキラッCHU。
やはり展開が早いですね。

クリアしたイベントのエリアに旗が立つのは、とってもゲーム的。
アイドル姿のマスコットの背中に小さな翼が生えているのも可愛いですね。

次はさっそくキラッCHUのライブ!
みたいなのですが、来週からしばらくはセレクション放送となります。

再開は一か月後くらいでしょうか?

それにしてもキラッCHU可愛すぎた。でもさらの”可愛い好き”はマスコットのようなものに向けられていたはずですが、ついに女の子にまでデレ顔を見せるようになってしまいましたね。

 

キラッとプリ☆チャン 感想 のまとめ

キラッとプリ☆チャンの各話も是非チェックして下さい!