元祖ツンデレ親父 -『美味しんぼ』- 海原雄山

海原雄山と山岡士郎。
実の親子であるふたりが、最高の料理を持ち寄り、「至高のメニュー対究極のメニュー」と題して、グルメ対決する。

それが『美味しんぼ』である。

海原雄山を人間観察してみた。

こんなのは邪道だ!

士郎「カツオの刺身を、マヨネーズ醤油で食べてみてください」
雄山は邪道な食べ方だと非難しながらも、一口食べてギョッとなります。

マヨラー誕生の瞬間を見た気がします。
誰も見ていないところで、こっそりマヨチュチュしてるかもしれません。

おまえはクビだ、出て行け!

雄山は美食倶楽部にて、魚のアライを一口食べて、担当料理人の良三が隠れてタバコを吸っていることに気付き、料理人失格の烙印を押して、クビにしてしまいます。

普段はどんな材料が使われているか、当ててしまう雄山ですが・・・。
ここでもタバコの銘柄まで当てて欲しかった気がします。

おのれ!このわしを試そうというのか!

料理のおつゆの隠し味が何なのか?どうしてもわからない。
ずかずかと調理場へ押しかけて行きます。

「そうかわかったぞ、桑の実だ」

調理台に桑の実でも見つけたのでしょうか?
カンニングでは?

画像引用元:©雁屋哲・花咲アキラ・小学館/シンエイ動画

この中から選んでみろ

士郎に美味いと思う肉牛を選ばせます。
士郎は言われるまま、肉牛の群れの中から、色つやなどを見て1頭を選びます。
しかし、雄山は、

「わたしはこの中から選ばない」

人にはここから選べって言っておいて・・・。
全員ズッコケていい場面では?

あ、あれを使ったのか・・・(´;ω;`)ウッ・・・

栗田ゆう子は、同僚の結婚式に、ある高名な写真家に出席してもらいたい。
そこで、雄山に説得する役を頼みに行きます。
雄山は頼みを受けるにあたって、栗田に試験を出します。

「縁起がよいと同時に美味い、めでたい席にふさわしい飲み物」を作れと言うのです。

栗田は季節はずれのさくらんぼ酒を作ってきます。

「さ、桜はどこから持ってきた?」

雄山が桜湯を楽しむため、個人的に漬け置きしていた桜漬けを、勝手に持ち出されて、使われていたのでした。

よほどショックだったのか、瞬きするのも忘れている雄山でした。

元祖ツンデレキャラ

大声でわめき散らしたかと思ったら、思い出し笑いしたり、突然プレゼント贈ったり、割烹着を着て自ら料理したり。
元祖ツンデレキャラと言われるだけあって、海原雄山は人間的魅力にあふれています。

ところで、雄山は箸は右手で持ち、左手で皿を投げるんですよ。

文章:kyouei-百百太郎

父と息子の『料理への熱きプライド』を描く「美味しんぼ」とは?

©雁屋哲・花咲アキラ・小学館/シンエイ動画

美味しんぼ 公式ホームページ

この記事のライティング:あにぶ編集部 さん

お気に入り記事をシェアして下さい

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。