アイカツ!全シリーズに登場する百合CP、整理してみた。

本来子供向けアニメとして制作されている「アイカツ!」シリーズでは、アイドル同士が切磋琢磨し、時に助け合いながらお互いを高めあっていくというコンセプト上、”友情”や”ライバル”という言葉では説明がつかないような深い関係を想像させる、いわゆる”百合”描写が多くなっています。これは初代「アイカツ!」から見られたもので、その後の「アイカツスターズ!」「アイカツフレンズ!」「アイカツオンパレード!」でも同様の描写は受け継がれており(むしろエスカレートしているとさえ感じることもある)、「アイカツ!」シリーズを象徴(?)する描写の一つとなっています。

今回はそんな「アイカツ!」全シリーズに登場する百合カップリングを、愛の重さ(依存・過剰なスキンシップの度合い)と深さ(お互いを一人の女の子として愛しているか)の観点から私の独断と偏見でグラフ化してみました。

異論は認めます←ここ重要

傾向としては、「アイカツ!」は全体的にまんべんなく属性が分かれており、「アイカツスターズ!」は深い&重い百合が大半を占める、「アイカツフレンズ!」「アイカツオンパレード!」は一部をのぞき愛の重さは両極端、という結果になりました。私自身、アイカツ!全シリーズのCPをこのようにグラフに落とし込んだのは今回が初めてで、この結果にはいろいろと気づかされるものがありました。

ここで、個人的に好きなCP要素を3つご紹介します。

いちあお(星宮いちご×霧矢あおい)

「アイカツ!」シリーズで最初に登場したCPであり、私の中では現在でも尊さNo.1です。この2人の関係を一言で表すならまさに「相思相愛」。あおいはいちごに対し強烈なアプローチ、対するいちごも周りの目を憚らないスキンシップで、もう最ッ高なんですよ……(語彙力) 「アイカツオンパレード!」の作中で登場した際にもいちあおはまるで見せつけるかのようにいちゃいちゃしていたので、この2人の関係性は確固たるものがありますね。

香澄姉妹&白百合姉妹

「姉妹百合」のCPもまた魅力です。香澄姉妹は姉の夜空が妹の真昼に対し強く愛情を注いでいるのに対し、白百合姉妹は逆に妹のかぐやが姉のさくやに強烈アプローチ。

血のつながった女の子同士だからこそ、愛情の注ぎ方にも違いがあり、それを楽しむのも良いものです。

蘭ユリ

蘭とユリカ様はともに「ツンデレ」という特長があり、そんな二人によるCPはほかとはまた違った面白さがあります。愛が重かったり深かったりするわけではありませんが、不器用だからこそのもどかしさというか、それを超えた先にある甘酸っぱい雰囲気がもう、「青春」って感じで!

 

いかがでしたか?子供向けアニメでも「百合」という観点で見てみると、キャラクターの個性をより深く感じることができ、さらに作品を楽しむことができるのではないでしょうか。ただ、「百合」という概念を知らなかったあの頃のピュアな心で作品を楽しむことはもうできませんが……

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

文章:ヘス

2018年6月に劇場公開を果たす百合系アニメ『 あさがおと加瀬さん 』入門!

(C)BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO
ホームページ:アイカツ!

この記事のライティング担当:ヘス

最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG