『 キラッとプリ☆チャン 』第111話「メルパン、 アイドルできないパン!」プレッシャーと初ライブ【感想コラム】

『 キラッとプリ☆チャン 』第111話「メルパン、 アイドルできないパン!」プレッシャーと初ライブ【感想コラム】

前回のプリチャン。
メルパン、アイドルマスコットになる。

『 キラッとプリ☆チャン 』第110話「ひびけ! メロディープリンセスカップだパン!」友でありライバルなあんえも【感想コラム】

次はメルパンのライブ

メルパン「ちょっと、いや、相当、かなり可愛かったパン」

先日アイドルマスコットになった自分のことを振り返るメルパン。

キラッCHU「アイドルマスコット姿、すっごくすっごく可愛かったッチュ」
メルパン「当然パン///」

キラッCHU「そしたらいよいよメルパンもアレができるッチュ」
メルパン「あれ?」
キラッCHU「ライブッチュ」

お祝いパーティー

そして、メルパンは「メルティックスター」と合流し残るエリアを勝ち取る作戦会議に参加。

あんな「それからメルパン」

あんな様はメルパンを高そうな椅子に座らせ、

「「「メルパンおめでと~~~~~」」」

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

と、メルパンの初アイドルマスコット化を祝福するあんな様、さら、めるめる。

メルパン「え?」
あんな「イルミナージュライブの時、メルパンとってもキュートだったですわ」

あんな「赤城家ではおめでたい時にはパーティを開くのがしきたりですわ」

あんな「メルパンの成長の第一歩をお祝いするパーティとなれば、赤城財閥の豊富な資金と」
める「めるめるのハイテクな技術と」
さら「ぼくたちの真心をぎゅぎゅっとつめて」

3人「「「盛大にお祝いしないと!!」」」

プレッシャー

しかし、メルパンは遠慮気味で。

あんな「遠慮はいりませんわ」

だがそこは赤城家の次期頭首。
迅速な対応でパーティの告知、会場の準備を進めていき、パーティは3日後だと宣言しました。

「ミラクルキラッツ」とキラッCHUも、メルパンのお祝いパーティを知りメルパンパンを手作りすることに。

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

パーティの会場は0から設立され、衣装も豪華なものをめるめるが作成。
そこに、派手な照明や拍手をするためだけに創られた大量の拍手マシーン。

あんな「メルパンを盛り上げるダイナミックな仕掛けも用意しましたわ」

メルパンは本番に備え、エステもさせられて。

すべてメルパンを想ってのことでしたが、しかしパーティ当日。
メルパン、プレッシャーに負けて失踪!!

逃げたメルパン

川辺に佇むメルパンを見つけたのは、「ミラクルキラッツ」の3人。

みらい「どうしたの?」

けれどメルパンは「ほっといてパン! 悩めるメルパンの気持ちはわからないパン!」と叫びました。

そんなメルパンを連れ出すキラッCHU。

りんか「大丈夫かしら」
みらい「ここはキラッCHUに任せてみよっか」

キラッCHU、自分が悩んでいた時にメルパンに教わった「奇跡の井戸」へ連れていくも、工事中で封鎖されていて。
神にも見放された、とますます暗くなるメルパン。

そんな中、えもにあんな様からの連絡が!

あんな「皆様、うちのメルパン知りませんこと!?」

珍しく焦っているあんな様。

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

ライブをしたくなくて

メルパンはライブがしたくないのだと、キラッCHUに告白。
自分の時はライブをすることしか考えていなかったキラッCHUは、びっくりします。

メルパンは、あんな様たちが自分のライブを期待している、と考えていました。
しかし、「メルティックスター」は元々凄いのにより上へ行こうと頑張っています。

そんなあんな様たちに、初心者のライブは見せられない
「メルティックスター」のマスコットしての責任とプレッシャーから、逃げ出してしまったのです。

そこへみらい、えも、りんかがやってきて、「メルティックスター」がメルパンのためのライブを準備していると言いました。

メルパン「メルティックスターのみんなが、メルパンのためにこっそりライブを用意してくれていたなんて。そんなのメルパン全然知らなかったパン」

メルパンは心配してくれているあんな様たちの気持ちを知り、パーティ会場へ駆けつけました。
そこで、自分のために披露してくれるライブをみました。

あんな・さら・めるの想い

あんな「皆様。今日はメルパンの成長の第一歩をお祝いするパーティへようこそ」

さら「メルティックスターのマスコットになって、毎日張り切っているメルパン」

める「ちょ~~っと喧嘩っぱやかったり、遅刻にうるさかったり、ひとりで思いつめちゃうこともあるけど」

さら「そういうところ全部ひっくるめて、メルパンは僕たちにとって妹のような存在なんだ」

める「ファミリーだよ」

あんな「メルパン。あなたはあなたらしく、自分のペースで成長していく姿をわたくしたちは楽しみに見守っていますわ」

みんなの気持ちを知って、涙するメルパン。
メルパンはあんな様に抱き着きました。

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

メルパン「ライブ、すごくうれしかったパン」

メルパンはプレッシャーのことを正直に話しました。

4人の絆が深まったことで、ついにメルパンのライブチャンスが訪れますが、メルパンはうまくやる自信がありません。

あんな「メルパン、そうじゃないですわ」
める「メルパンはただライブをエンジョーイするだけでいいんだよ」
さら「そう。うまくできなくても構わない。ライブを通してメルパンがメルパンらしく成長できるのが一番だからね」

自分らしく楽しめばいい。
それを知り、メルパンは元気にライブを行いました。

メルパン初ライブ

曲は、アレンジされているけどキラッCHUと同じ!
これはマスコット3人のユニットライブフラグ!!

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

ライブ後、メルパンはめるめるたちに抱き着き、みらいたちもお祝いのパンを渡しました。

そのあとはめが兄ぃによるイベント告知。
マスコットの実力を試す、「マスコット認定試験」を近日するとのことでした。


というわけで、メルパンの初ライブでした。
いつもはメルパンの方がしっかりしているようで、キラッCHUの方が行動力とメンタルは強いというところが、お似合いの2人ですね。

キラッとプリ☆チャン 感想 のまとめ

キラッとプリ☆チャンの各話も是非チェックして下さい!

© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会
ホームページ:キラッとプリ☆チャン

この記事のライティング担当:星崎梓

『 キラッとプリ☆チャン 』第111話「メルパン、 アイドルできないパン!」プレッシャーと初ライブ【感想コラム】
最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG