ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第24話「ビルドダイバーズ」チャンピオン、強すぎる【感想コラム】

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第24話「ビルドダイバーズ」チャンピオン、強すぎる【感想コラム】

前回の『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』

マサキとリアルで会う。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第23話「選択のとき」GBNのみんなに応援されて【感想コラム】

腕の立つダイバーたちと特訓

マギーさんが集めた凄腕のダイバーたち。
なんとその中にはチャンピオンのキョウヤも。

キョウヤ「元気そうでよかった。さらに腕を上げているようだな」
ヒロト「ありがとうございます」

サラ「メイ、元気だった?」
メイ「はい、姉さん」

そして、そこへ現れる前ビルドダイバーズメンバー。

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

今回の話を受け、アニメ公式サイトの登場人物紹介にも、サラやモモカたちが追加されています。

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

※詳細はこちらから
http://gundam-bd.net/character/

マギー「じゃあミッションについて紹介よ」

一機でも撃墜されたらアウトのミッション形式を希望したヒロトたち。
ヒロトたちは襲い掛かるほかのダイバーたちを退け、4人全員でのクリアを望みます。

モモカ「その心意気やヨシ」
パル「は、はい」

なんか髪型が前より可愛くなってるモモカキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ロータスチャレンジ

はじまる対戦――ロータスチャレンジバージョンエルドラ。ヒロトたちは4人で凄腕ダイバーたちを退け、破壊対象を破壊することでクリアとなります。

ここで、パルの新型エクスヴァルキランダーのお披露目。

聖獣クアドルンをモチーフとしたSDガンプラで、クアドルンのような形態に変形できます。

パル「メイさんの追加装甲も強そうですね」
メイ「ああ、なんとか間に合わせた」

プラスアーマーによる追加の装甲で、防御力がアップ。
さらに、内臓スラスターで推進力も上がったウォドムポッド+です。

そのころシドー・マサキは子供たちにガンプラづくりを教えていました。
子供たちの間ではGBNがはやっているようです。

やっぱり上位陣は強かった

腕の立つGBNプレイヤーたちを相手にしながらも、なんとか耐えしのぎ突破しようとするヒロトたち。

コーイチ「これ、こういう使い方じゃないんだけど」
モモ「いいから撃って!」

味方に自身の乗るモモカプルを叩き飛ばさせ、突進。
からのビーム攻撃という、セオリーを無視したような独特な戦い方をするモモカ。

やはり、凄腕たちの中でも第二次有志連合戦を乗り越えたリクたちは別格。

パル「よし、このまま」

隙をついて脱出するパルだったけど、アヤメさんに斬られてしまい敗北。
ひとりでも落ちたらやり直しの厳しいルールです。

何度でも挑戦

ヒロトの方も、かつて共に戦ったチャンピオンの仲間たち「AVALON(アヴァロン)」のメンバーに動きを読まれてしまいます。
ランキング1位のフォースですからね。チャンピオン以外も凄腕です。

パル「このままじゃっ」

そして、タイムアップ。
一筋縄ではいかない戦いですが、諦めません。

フレディたちの世界を救いに行けるのはヒロトたちだけなのです。

12回目の挑戦。
タイガーウルフ(ランキング5位のフォースにして、近接戦闘が得意)に敗北するカザミ。

16回目の挑戦。
ロンメルたちに落とされるメイ。

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

20戦目。

パルはついにトランザムをマスターしますが、

シャフリヤール「やるじゃないか。だが君のガンプラは、さらなる高みを求めているね。トランザム」

兄のトランザムの前に敗北し。

ダブルオースカイメビウス

ヒロトもまた、大苦戦。

カザミ「ここまでか。いや、違う。キャプテンジオンだったら、こんなところであきらめたりしねえ!」

ロンメル隊を振り切るカザミ。

そのころミズキは、ようやくガンプラとGBNを受け入れ、ヒロトたちの戦いの配信をみていました。

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

リク「全力でいくよ! トランザムインフィニティ!!」

ヒロト「このパワー、スピード……ならっ」

ついに激突する現主人公と、前主人公。リクが乗るのは「ダブルオースカイメビウス」。1話だけの登場みたいですが、新機体でガンプラも出ます。

ヒロトのギミックを対応するリク。
2人のすべてがぶつかり合って。

ガンプラが喜んでいる――と思うサラ。
ヒロトとリクは戦いの中で楽しんでいました。

ガンダムTRYAGEマグナム

キョウヤ「たしかに面白いチームだ。だがまだ確信はできない。1つの星を護るという未曽有のミッションに、ふさわしいものたちなのか。証明してみせろ。君たちが選ばれたことは必然だと!」

そして、戦いを眺めているチャンピオン。
キョウヤは事情を知っているようです。

ついに動き出すチャンピオンキョウヤ。
ガンダムTRYAGEマグナムのCファンネルにより、ヒロトたち4人を同時に撃墜します。

ヒロト「なっ……隊長……」

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

40戦目。

カザミ「なんなんだよこのバケモンはっ」
パル「これがチャンピオンっ」

1対4の状況でも、まるで歯が立たないヒロトたち。

想いの力

ヒロト「みんな! あの時と同じやり方で行こう!」

ヒロトたちは連携して、メイとパルでCファンネルを落とします。
そして、カザミがガンダムTRYAGEマグナムを受け止めて。

ヒロトがクリア条件である破壊対象の元へと抜けていきます。チャンピオンを倒すことがクリアではないですからね。

画像引用元:(C) 創通・サンライズ

そのころマサキは、姉に対しビルダーの強さの理由について言いました。

マサキ「一番大切なのは想いだよ。強くなりたいという想い。そして、誰かを救いたい、支えたいという願いだ」
ミズキ「そっか。同じなんだ」

ミズキは、マサキとヒロトの想いと強さの理由を理解し、マサキを想う自分の想いをマサキに託しました。
こうして、出撃の許可が与えられたマサキ。

一方ヒロトは、ボロボロになりながらもミッションをクリアしました。

交流、そして

そのあとはビルダーたちとの交流。
互いに認め合い、たたえ合い、成長していくヒロトたち。

パルも兄からアドバイスをもらえることに。

そして、カザミ。キャプテンジオンであるロンメルと話すことに。
まあ、ロンメルの正体には気づいていないようですが。

その後。
ヒロトはリク&サラと直接会います。

2人は互いに謝ります。

ヒロト「どうして?」
リク「聞いたんです」

メイから事情を聞いていたというリク。
イヴはサラの姉で、リクがサラを救おうとした裏で、救えなかったイヴの存在。

それを知ったリク。だけど。

「謝らないでください。むしろ俺は、サラさんとリクさんにお礼を言わないと」

けれど、ヒロトはイヴの死を乗り越え、サラが幸せに生き続ける世界というイヴの願いを叶えてくれたリクに、感謝しました。

こうして2人は握手を交わし、分かり合えたのでした。


協調性のなかったヒロトたちが、協力して上位のダイバーたちともやりあえるまでになりました。

ヒロトは憎んでいたリクとも分かり合い、これで完全に前へ進めるようになりました。

それでも、やっぱり実力的にはチャンピオンが圧倒的なんですね。機体も新しくなって、さらに強さに磨きがかかっているような気がします。

 

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE の各話を振り返りチェック!


ガンダムビルドダイバーズRe:RISE アニメ情報

(C) 創通・サンライズ
ホームページ:ガンダムビルドダイバーズRe:RISE

この記事のライティング担当:星崎梓

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第24話「ビルドダイバーズ」チャンピオン、強すぎる【感想コラム】
最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG