フジファブリックの歌う楽曲は、辛い今を元気にしてくれる「元気曲」なんだな。

2000年に結成されたロックバンド‘フジファブリック’が歌うアニメソングの中で、聴くと青春時代を思い出して懐かしい気持ちにさせてくれると感じた曲を紹介していこうと思います。

大人になると、自分の事以外の周りの環境変化も受け止めて合わせながら行動しないといけなくなるからこそ、疲れた時には子供の頃の楽しかった思い出を振り返るのも悪くはないかなと私は思います。

たまには何も考えず、子供の時みたいに自分の思いに任せて人と関わると、今まで自分が気づかなかった思いが見えてくることもありますよね。

恋愛はそれぞれのやり方で進めればいい「ブルー」

アオハライド

2014年に放送されたテレビアニメ『アオハライド』エンディングテーマ。

Aメロの「夕立残っている街の中 それじゃまたねと小さく振るよ改札の先、目で追いかけて 期待通りにはなかなかね」というフレーズが、子供でも大人でも挨拶はすんなり言えても恋愛感情を持つ相手に気持ちを伝えられないのはなかなか進歩しないからゆっくり行こうという思いが込められているように感じました。

サビの「レールは君を運んで行くからいつも同じ見飽きた帰り道 まとめた言葉 単純なのにな いつも上手く言えないのはなんでだろう」という歌詞が、大人になったら何気ない日々が流れて気持ちは複雑に変わってしまうから思ったことを素直に伝えるという子供の頃の無邪気さは忘れないようにしようというメッセージが込められているように感じました。

全体的にテンポがゆったりとしていてピアノとドラムのメロディーが優しいので、学生時代に戻れたら放課後帰宅しながら聞きたいですね。

最終回で主人公である双葉が想い人の洸に他の友達と一緒に寄り道して夏の予定を決めようと誘うシーンでサビが流れてきたのが爽やかで‘ザ・青春’って感じがしてきゅんきゅんしました。

公式サイト:http://aoha-anime.com/
© 2014 咲坂伊緒/集英社・「アオハライド」製作委員会

仲間を思い出せば一人でも前に進める「LIFE」

銀の匙 Silver Spoon

2014年に放送されたテレビアニメ「銀の匙 Silver Spoon」第2期オープニングテーマ。

Aメロの「ちっちゃい頃に思ってた 未来の姿と今はなんだか違うようだけれどそれもいっか」という歌詞が、思っていた将来と違う道を選んで後悔してしまう人は多いけど新玉道を歩んでみようという好奇心に気持ちが変わっていけば大きな成長へと繋がるよと背中を押してくれているように感じました。
 
サビ前の「LOVE ME自分ばかりでは上手くはいかない でもLOVE YOU出会えた奇跡を信じていたいな」という歌詞が、大人になると一人にたくさんの仕事を任されることが増えるけど一人では全てのことをやり遂げられるわけではないから、困った時は自分を認めてくれる仲間に頼る事も大切だというメッセージ性を感じましたし、このパートの時に主人公の八軒や動物たちが徐々に出てくるところが、散歩しているようで見ていていやされました。

サビの「見慣れていた景色さえも輝いてた‘いつまでも忘れない’そんな事思う日がくるかな」というフレーズは誰もが学生時代に抱いている思いだから大人になってから聴くとこの1節だけで懐かしいと思えてきそうですね。

アップテンポなドラムのリズムが曲に温かみを与えている気がします。

公式サイト:https://www.ginsaji-anime.com/
©荒川弘・小学館/エゾノー祭実行委員会

関連記事

子供の頃、毎度食事をする前には、きちんと「いただきます」と躾けられたものです。子供の頃は言われるがままに「いただきます」と言っていたものが、思春期あたりになると「いただきます」がなんかカッコ悪いような気がして、「いただきます」を言わないのが[…]

日々の中では心も子供から大人に成長する「破顔」

2019年に放送されたテレビアニメ『3D彼女 リアルガール』第2シーズンエンディングテーマ。

歌い出しの「枯葉のリズム終わりの季節 僕の手を引いてた白い吐息は 消えかけていた未来」という歌詞には、小さい頃はずっと一緒にいられると思っていた幼馴染とも別れの時は来るからこそ、季節の流れの中で男女の立場が逆転することを見越して互いに思いやりを持って執着しすぎないことが大切だということを伝えようとしているのかなと感じました。

サビの「会いたい人に会えたかな なりたい人になれたかな 君が君らしくいることで僕が僕らしくいれたよ」という歌詞は、周りに振り回されず自分らしく生きていける大人になれるように自分の好きな時に好きなことをやれる時間を学生時代から作ると、迷っても自分の意思で物事を決めることができるようになるという教えを曲を通して人々に理解してもらおうとしているように感じました。

サビの歌詞と共に聞こえてくるドラムのリズムが力強いのは、心の底から決意して生まれた感情なんだということを表現しているのかなと感じ、このシーンでの主人公・筒井 光の表情が曇っていて不安そうな様子から前を向いて頑張ろうという意志の強い表情に変わっていくところが印象的ですね。

公式サイト:https://www.vap.co.jp/3dkanojo-anime/
©那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

大人でも無邪気な心は残したい。その方が人生を何倍も何事も楽しめるよね!

フジファブリックの楽曲は今まで聴くことが少なかったのですが、今回紹介した3曲はワンフレーズ聴いただけで学生時代に戻ったような懐かしさを感じ、「もっと早いうちにこのバンドを知っていればよかった」と強く思いました。

ちなみに私は青色が好きなことと一番爽やかさを感じられるという理由から「ブルー」が一番好きな曲であり、特に本文でも紹介した1番Aメロの「またねと小さく振るよ改札の先、目で追いかけて 期待通りにはなかなかね」というフレーズが、片思いの切なさがリアルに表現されていて切なくなるけどお気に入りです。

 

文章:あそしえいつ T.A

ハチミツとクローバー の懐かしさ香るアニソンたち

ついつい踊りたくなるアニソントップ3

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

この記事のライティング担当:あにぶ編集部

最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG