アニメ「魔女の旅々」第2話『魔法使いの国』

TVアニメ「魔女の旅々」第2話『魔法使いの国』【感想コラム】

アニメ「魔女の旅々」第2話『魔法使いの国』 あらすじ  

魔法使いの国を訪れたイレイナは、入国早々ほうきに乗って猛スピードで突っ込んできた少女と正面衝突し、散々な1日を送ることに。少女・サヤはイレイナに、魔女見習い試験の極意を教えてほしいと頼み込む。

第1話では、魔女・イレイナの生い立ちと人間としての成長を描きましたが、第2話ではいよいよイレイナが旅を始めます。魔女の証であるブローチを付け颯爽と「魔法使いの国」へ入国したイレイナが出会った少女との一幕とは…。

OP「リテラチュア」

まず本編に入る前に!第2話からOPが入りました! 声優・上田麗奈さんの2年振りのアニメタイアップとなる「リテラチュア」。伊藤賢さん×RIRIKOさんによる癒しサウンドと、各地を旅するイレイナを描いたOP。世界観にマッチングしていてとても素晴らしい。 雨宿りをするイレイナが特に最高。

失くしたブローチ

アニメ「魔女の旅々」第2話『魔法使いの国』
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

イレイナが訪れたのは「魔法使い」を敬い、魔女が入国すればチヤホヤされると噂の「魔法使いの国」。その国は魔女は空を飛ぶことを推奨され、何人もの魔法使いを空を行きかい、建物も高いところに扉があるまさしく「魔法使いのための国」 悠々と空を飛んでいたそんなイレイナに突如として衝突してくる少女が現れます。それが魔法使い見習いの僕っ子少女・サヤとの出会いでした。

衝突した衝撃で壊れた瓦屋根を直すイレイナ。 裾からシュッと登場するステッキ。魔法の粒子。光の線の表現といい、ファンタジーを扱う作品だけに魔法の描写が非常にきれいに描かれています。 トラブルがありながらも予定通り宿屋を探すイレイナ。最年少魔女という自分に絶対の自信を持っているイレイナは、きっとこの魔法使いの国ならばどこの宿屋でも歓迎されるはずと高を括っていたのですが…。

チヤホヤどころかなぜだかどこの宿屋でも宿泊を拒否されてしまいます。最後にはいきついたはのおんぼろな宿屋…ここなら大丈夫と選んだ先にいたのは、入国して一番最初に出会った少女・サヤがいました。 先刻の事故のお詫びにとイレイナを泊めることにしたサヤ。しかし、イレイナはその胸に魔女の証であるブローチがないことに気付きます。

イレイナ先生、誕生

アニメ「魔女の旅々」第2話『魔法使いの国』
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

失くしたブローチを必死に探し続けるイレイナでしたが、まったく見つけることができず自分がようやく魔女として見られていなかったことに気付きます。 魔法で失くした物とか見つけられないんかい!!…と少し思いでしょうが、この世界ではたくさんの魔法に溢れているのでそれぞれの魔法をちゃんと勉強しないと覚えられないので、イレイナはこの時はそんな魔法を習得していなかったのでしょう。 その夜のこと…イレイナの泊まる部屋になぜかやってくるサヤ。「魔女見習い」試験の極意を教えてほしいとお願いしてきます。 東の国からはるばるやってきたサヤは宿屋でお金を稼ぎながら、妹とともに試験を受けてきたけれど妹だけが先に合格してしまい焦りを感じているという。

そこに“たまたま”やってきたイレイナにお願いをしたサヤは“失くしたブローチが見つかるまで”を条件に、イレイナから魔法を教わることになります。 イレイナとしても「先生」という響きに酔ってしまっている様子。魔女見習いの第二試験では誰か一人になるまでバトルロイヤル形式で魔法で攻撃しあうという壮絶な試験があり、あのイレイナでさえ「二度と受けたくない」と言わしめる厳しいもの。

サナの実力では試験に合格するのは難しいと厳しい言葉を与えるが、箒の扱いかたから自分も克服した嫌いな食べ物をを食べさせたりと、意外と親身になって先生をやるイレイナ。サヤの飲みこみの早さは高く、イレイナはなぜこんなにすぐに上達するのに…と疑問に思うのでした。

魔女見習いの試験で風魔法で他人を妨害するというイレイナらしさのあるちょっと汚いやり方も教えつつ数日が過ぎますが、肝心のブローチが見つかることはありませんでした。

ブローチの真実とは…

アニメ「魔女の旅々」第2話『魔法使いの国』
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

必死に探すイレイナは、宿屋のとあるおばさんからブローチに関する情報を得ます。 その夜、サヤがイレイナの寝室にやってくるのですが、イレイナは「もう教えることはない」と突き放すような冷たい態度を取る反面、サヤはイレイナにべったりとくっつき「まだまだ教えてほしい」と食らいつきます。 イレイナはサヤに「ブローチを返して欲しい」とお願いします。

箒の扱いも上手く、魔法もそこそこに使えるサヤは、イレイナのブローチを奪う目的でイレイナに接触し、ブローチが見つかるまでならずっと一緒に入れるという気持ちで自身の寂しさを埋めようとしていたのでした。 サヤは妹がいなくなったことで孤独に押しつぶされそうになり怖くなってしまったのでした。イレイナは「何かを成し遂げようとしたとき人はいつだって孤独なんです」と、自身の体験を言葉にし、一人でも大丈夫なようにとブローチの代わりに予備の帽子をプレゼントしてあげるのでした。

「一人になるけど、孤独ではないいつでも見守っている」というイレイナからのメッセージにサヤは思わず涙を流すのでした。 そして二人は夜通しお互いの話をして過ごすのでした。 後日、イレイナは別の国でサヤが見事、魔女見習いとなったこと、そしてとある旅人に会いにいきたいというメッセージを受け取ったのでした。

自分を見つめ直す、いいエピソード

アニメ「魔女の旅々」第2話『魔法使いの国』
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

いやー今回もいい話でしたね…。 「何かを成し遂げようとしたとき人はいつだって孤独なんです」 これもうパンチラインですよパンチライン!! 最年少で合格したもののその後に孤独になってしまったイレイナだからこそ説得力が増すセリフですよね。

寂しくて泣いてしまったサヤを、自分に重ねあの頃に自分のように叱咤激励をする、まるで鏡写しのような自分を見てイレイナが自分を見つめなおす。

そんないい話回でした。 全体的な雰囲気も魔法の描写も、イレイナのちょっと高飛車な性格なんだけどツンデレな感じもすべてが良いです!三話も期待!

魔女の旅々 アニメ情報

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
ホームページ:魔女の旅々

この記事のライティング担当:Uemt

アニメ「魔女の旅々」第2話『魔法使いの国』
最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG