実在した伝説のスナイパーを描いた映画「スターリングラード」

どうもお久しぶりでございます、金剛です。

ミリマガでのコラムもかなり隔週になってしまい、皆様にも編集長にも申し訳ないです(笑)

さて今回のコラムは、戦争映画のコラムになります。今回紹介する映画は、実在した伝説のスナイパーを題材にした映画「スターリングラード」紹介します。

スターリングラード戦で伝説となった、ソ連軍伝説のスナイパー「ヴァシリ・ザイツェフ」

この映画は、「スターリングラード」という題材になっていますが、スターリングラードそのものの戦いではなく、その中で起きた、スナイパー(狙撃手)とスナイパーの戦いを中心に描いています。

主人公の「ヴァシリ・ザイツェフ」(役;ジュード・ロウ)と政治将校の「ダニロフ」(役:ジョセフ・ファインズ)は、スターリングラードのある戦いの最中、味方が全滅する中、命を拾います。戦闘が収まった戦場で、ダニロフは目の前にドイツ軍の高級将校がシャワーを浴びるところを発見し、落ちていたライフルで狙撃を試みますが、たまたまダニロフの近くで同じく命を拾っていたザイツェフに、「爆撃の音に合わせて狙撃をするように」とアドバイスを受けます。その一言で、ダニロフはザイツェフをタダ者はないと感じ、彼にライフルを手渡します。すると、ザイツェフは、瞬く間にドイツ軍将校、そして取り巻き達を狙撃します。

この戦いの後、生き残ったダニロフは、上官から苦戦するスターリングラード戦を制するにはどうしたらいいか尋ねられたところ、このザイツェフを「英雄」に祭り上げ、これにより兵士の士気を上げるという方法を提案します。

ダニロフの提案により「英雄」となったザイツェフは、次々にドイツ軍将校を打ち取り、その戦果は、赤軍の広報誌で大々的に戦地に配られ、兵士の士気を上げることに成功しました。

こうした中、ドイツ軍では、ザイツェフを葬る為に、一人のエリートスナイパーをスターリングラードに派遣します。それがザイツェフの宿敵となる、エルヴィン・ケーニッヒ少佐(役;エド・ハリス)でした。

この映画の見どころはすなわち、「スナイパーVSスナイパー」の息詰まる戦いです。例えば物陰からターゲットを狙う為、廃屋に敵を誘い込み、味方の遺体を利用してカモフラージュにし、ターゲットに発砲させ居場所を探り出すなど、細かい部分でスナイパーの戦いを再現しています。

ちなみに、物語はフィクションとありますが、主人公のザイツェフは、実在の人物で、ソ連軍の伝説的なスナイパーです。

(本映画の主人公のモデルとなり、実在したスナイパー「ヴァシリ・ザイツェフ」。独ソ戦でのソ連軍優位の転換点となった地獄のスターリングラード戦で英雄となり、兵士としての自身の活躍もさることながら、その存在は苦戦を強いられたソ連軍兵士に希望を与えたとされている。写真;Wikipedia)

 

スナイパーで有名所と言えば、1939年に起きた「冬戦争」でソ連軍から「白い死神」と呼ばれたフィンランド軍の伝説のスナイパー「シモ・ヘイヘ」(2002年享年96歳)が有名です。

(1939年に起きた冬戦争(ソ・フィン戦争)で542人狙撃という驚異的なスコアを残し、ソ連軍から「白い死神」と呼ばれたフィンランドの英雄の一人、シモ・ヘイヘ:写真 Wikipediaより)

「プロパガンダ」と「英雄」の存在

また、この物語においても描かれていますが、いわゆる兵士の戦意高揚のためにザイツェフは「英雄」に祭り上げられますが、ドイツ軍、ソ連軍共に「プロパガンダ」として兵士の英雄化を利用しています。

現在においても、旧ドイツ軍では、いわゆる戦車エースや、戦闘機エースなどで著名人の名前が語り継がれています。有名どころでドイツ戦車隊でのエースとして名高い「ミヒャエル・ヴィットマン」や「オットー・カリウス」が有名で、彼らの存在は、戦時中においても劣勢の自軍兵士に希望を与えたと、様々の書籍等で語り継がれています。スターリングラード戦開始くらいまでは、ソ連軍は劣勢でありましたから、その存在は大きい物と考えられます。

映画では、英雄に祭り上げられた兵士と、英雄に祭り上げた政治将校が、一時的に恋敵となりその関係が崩れるなど、人間ドラマも展開され、見応えも十分と思います。

ある種、市街戦の、その中の戦いという非常に細部の部分をクローズアップしている作品でありますので、ファンとしても一度見る価値はある作品と思いますので、是非ご覧あれ!

(文:金剛たけし)

兵士の目線で戦場を追体験することができる戦争映画「 ネービー・シールズ 」

ガルパンから歴史を学ぼう⑥プラウダ戦のモチーフは「スターリングラード戦」ではありません!多分!!

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

この記事のライティング担当:金剛たけし

最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG