「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』【感想コラム】

「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』【感想コラム】

アニメ「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』 あらすじ  

『旅人が刻む壁』 人によって隔てられた、競い合う2つの土地のお話。『ニケの冒険譚』に綴られた、壁で分断された仲の悪い2つの国。ある日役人が旅人のニケに、壁のこちら側がいかに素晴らしいかを自慢したいと相談する。

ニケはおもむろに壁に賞賛の文字を掘り始める。 『ぶどう踏みの少女』 ぶどう酒が特産の「こっちの村」は、道を挟んで競い合う「あっちの村」の姑息な販売商法に対抗するため、イレイナの擁立を企む。最初は乗り気でなかったイレイナも、あれよあれよと担がれるうち、闘志に火が付いてしまう。

国を分断する壁と“心の壁”と

「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』【感想コラム】
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

“両国を壁で隔てられた2つの国”。その2つの国は、壁の内側さえも向こう側の国には負けたくないと張り合いを続ける国民たちがにらみ合いを続ける国であった。 その国を訪れた旅人の魔女は、「旅人たちが、この壁にいかにこの国が素晴らしいかの言葉を刻む」のだと助言する。

そして「壁の向こう側では旅人の言葉がたくさん刻まれていた」という嘘をつき、それと同じ話を互いの国ですると、その国では「壁に言葉を刻む風習」が出来上がったのだ………という昔話をいつか読んだ『ニケの冒険譚』にあったことをイレイナは思い出していた。

「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』【感想コラム】
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

そんな、イレイナは冒険譚で読んだいつかの国を訪れたのサヤは、「この壁をどうにかしてほしい」と、10数年の間に言葉を刻まれ続けた壁だが、もっと国を盛り上げるいいアイディアが欲しいという依頼を受けたのだ。 サヤは「壁は旅人たちが言葉を刻むもの」から「自分たちのための壁」に代えてみるべきだと提案する。しかし、その助言が国の壁をとんでもない方向へと曲げてしまう。

そんな国に今度はイレイナが訪れる。国の人々はなぜだかニケをイレイナだと勘違いしているようだったが、すぐに別人だと気付く。 冒険譚にかかれていたような壁を楽しみに訪れたイレイナだったが、なぜか壁が壊され人々がその残骸を配っている様子に愕然としてしまう。 自分たちのために言葉を刻むようになったその壁だったが…私情にまみれた言葉たちに国中が混乱。

恥ずかしい思いをした国民たちが壁を取り壊してしまったのだという。 しかし、そんな恥ずかしい言葉は結果としていがみ合っていたはずの2つの国民同士の仲を取り持ち、因縁はすっかりと消え去っていたのだった。

お互いにお互いを見ないことで、自分たちが優れていた感じていた両者が、互いの“恥部”をさらけ出したことで心の壁も取り払うことができたのだ。 思い出に持ち帰った壁の破片には、「イレイ…」と気になる文字が刻まれていたが…果して。

その葡萄酒は誰が踏んだものか

「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』【感想コラム】
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

今回イレイナが訪れたのは、互いの村を“あっちの村”、“こっちの村”と呼び合い、対立している村。 互いに“葡萄酒”が名産だという村だったが“あっちの村”がなんとかわいい村人をラベルにし、「私が踏んでつくりました」という下心丸出しの商法で儲けを上げ始めただという…。 「じゃあ自分たちも同じことをすれば」と軽く提案してしまったイレイナ。なぜだか自分が、ブドウ踏みの乙女をやるはめになってしまう。

「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』【感想コラム】
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

伝統衣装を身にまといあれよあれよと村の男たちに担がれてしまったイレイナは、“あっちの村”の乙女であるローズマリーちゃんの挑発も受けて、ひたすら殺意を込めながら葡萄酒を踏み続けるも出来上がったのはほんの少しのお酒の分だけ…。 ここで一つの疑問がわく。相当の売り上げを誇る“あっちの村”の葡萄酒だが…そんなに作るのにローズマリーちゃんはどれだけブドウを踏み続けているのかと。

そこで”あっちの村”を覗くと……ローズマリーちゃん…ではなく、村の男たちが必死にブドウを踏んでいたのである…。 その事実になぜか多大なショックを受ける“こっちの村”の男たち。ローズマリーちゃんに裏切られたと怒った男たちでなぜか始まった“ブドウ投げ大会”

夜通し行われたブドウ投げに、酔ったイレイナの魔法も相成り、いつしか村人同士は仲良くなり魔女のラベルが貼られた葡萄酒は伝説の葡萄酒となったのだった…。

珍しくコメディに偏った回

「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』【感想コラム】
画像引用元:© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

うーん。 今回は「互いにいがみ合う国・村」をテーマにした珍しくギャグ回だったなという印象。 ドイツを分断したベルリンの壁しかり、アメリカとカナダを分断しようとした壁しかり、人間は心の壁と共に物理的な壁をしいて強制的に距離を取らせることでいがみ合いはより進行していくもの しかし、物理的な壁を壊せば案外距離はすぐに縮まるという、若干世界情勢をさえも匂わせる回と、もう一つは完全にギャグ回でしたね。 必死こいてブドウを踏み続けるイレイナの可愛さが術てな回でした。“あっちの村”の葡萄酒の売り上げはほとんど“こっちの村”の男たちだろ絶対。 そしてもう一つ気になるポイントがありました。 ニケの訪れた国の人々がイレイナをニケと見間違えたところ。もしかしたらニケ=イレイナの母、とかでしょうか。いずれにせよ、ニケの核心には今後触れていくもしれませんね。

 

魔女の旅々 アニメ情報

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
ホームページ:魔女の旅々

この記事のライティング担当:Uemt

「魔女の旅々」第7話『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』【感想コラム】
最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG