TVアニメ『神様になった日』第7話 「映画撮影の日」【感想コラム】

TVアニメ『神様になった日』第7話 「映画撮影の日」【感想コラム】

TVアニメ『神様になった日』第7話 「映画撮影の日」あらすじ

ついに映画の脚本を完成させた空は、撮影に向けてスタッフキャストを集めるよう陽太にお願いする。陽太はメンバーをかき集め、伊座並や阿修羅、神宮司、天願など大勢のメンバーが参加することに。
そして、空が配役を検討した結果、ひなと陽太がメインキャラクターを演じる事に。
しかし、ひながヒロイン役である事を天願は疑問に思うのだった…。

配役

以前から映画の脚本を書いていた空が、ついに映画の脚本を完成させた様子。

空の為に、映画のスタッフキャストをかき集めた陽太だったが、以前の祭りを楽しんだメンバーよりも更に多いキャストを獲得する事に成功する。

しかし、ひなの役と自分の役に納得していない天願は苛立ちを隠せない。
ひなの演技があまりにも酷かった場合は、天願と交代ということになり、しぶしぶ了承した天願。

いよいよ、映画の撮影が始まる——。

音痴の神

映画撮影を進めるにあたり、ヒロイン役が歌う場面があった。
早速、ひなが歌い始めるが…あまりの音痴に天願は耳を塞いで声を荒げる。

見かねた陽太が、ひなをフォローするために直ぐ様、仲裁に入る。
陽太の行動、言葉のおかげでひなは、それなりの音程で歌う事に成功する。

そして、映画撮影は順調に進んでいき…。

TVアニメ『神様になった日』第7話 「映画撮影の日」【感想コラム】
画像引用元:©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

痕跡

命じられた任務を遂行する央人は、目的地へと到達する。
しかし、既に目的のモノは破棄された後だった。
直ぐ様、ごみ処理場へと向かう央人。

今にもスクラップにされそうなゴミの中を漁る央人は、目的のモノを発見する。
回収して喜ぶ央人だったが、タイミングが悪く…スクラップ機械目掛けて落ちていくのだった…。

TVアニメ『神様になった日』第7話 「映画撮影の日」感想

今回は、突然に場面が切り替わったという印象でした。
Aパートは映画撮影、Bパートは央人を中心にした構成となっていました。

Aパートの映画撮影は、いつものような楽しくてほんわかとした日常で、面白かったです。
しかし、Bパートの央人を中心とした物語。こちらがメインストーリーなのかもしれませんね。
物語の確信に迫ってきているように感じました。

今後は、央人がひなと関わって来る可能性がありますね。

世界の終わりが近づいてきているので、もしかすると央人がひなに対して接触した際に何かが起こるのか、央人達がひなを処理するのか……。

次回の展開によって、『神様になった日』の真髄が見られるかも…?
非常に楽しみです!

 

神様になった日 アニメ情報

©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
ホームページ:神様になった日

この記事のライティング担当:サイコ高橋

TVアニメ『神様になった日』第7話 「映画撮影の日」【感想コラム】
最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG