TVアニメ『神様になった日』第11話 「遊戯の日」【感想コラム】

TVアニメ『神様になった日』第11話 「遊戯の日」【感想コラム】

TVアニメ『神様になった日』第11話 「遊戯の日」あらすじ

ひなを取り戻すことを決意した陽太は、央人の協力のもと、ひながいる養護施設に潜入する。
そして、ついに再開を果たすが、ひなは完全に心を閉ざしていた。
それでも、ひなの中に「あの夏、一緒に過ごしたひな」がいる事を信じて、陽太は必死に向き合っていく…。

現実を受け入れる勇気

変わり果てたひなの姿を見た陽太だったが、ひなに何とか近づこうとする。
しかし、ひなは陽太の全てを否定するかのように、陽太が近づくだけで怯えて、話しかけられると暴れてしまう。
それでも陽太は、もう一度ひなの笑顔を観る為に、あらゆる手段を用いてひなの心に触れようとしていくのだった。

TVアニメ『神様になった日』第11話 「遊戯の日」【感想コラム】
画像引用元:©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

もう一度冒険へ

完全に心を閉ざしていたひなに、心を開いてもらう為に陽太はある道具を用意する。
それは、ひなと一緒に遊んでいたゲームだった。
ひなの病室にゲームを設置した陽太は、ひなと共に再び冒険へと繰り出す。
しかし、最初のボスでひなは1発で倒されてゲームオーバー。そして、泣きながら暴れだすひな。
そんな、ひなの姿を見た陽太は一人、外に出てネガティブな思考を続けていた。
その時、陽太を助ける為の1本の電話が鳴り響く…。

最後の刻

ひなの病室で夜通しゲームのレベル上げをする陽太。
ひながゲームをやりたいと思ったときに、レベリングをしていなくても簡単に進められるようにする算段のようだ。
そして、ひながゲームをしたいと告げてきたので、陽太は笑顔でひなにコントローラーを渡す。
ひなは簡単にボスを倒して進める事に笑顔を見せる。やっと見られたひなの笑顔に陽太は涙する。
その後も2人でゲームを続けていた陽太だったが、施設に侵入したことがバレてしまい……。

TVアニメ『神様になった日』第11話 「遊戯の日」感想

TVアニメ『神様になった日』第11話 「遊戯の日」【感想コラム】
画像引用元:©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

今まで見てきた「神様になった日」は何処へ行ったんだ…!

俺たちは一体、何を見せられているんだ。介護アニメを見せられているのだろうか…。
と思う位に、アニメ内容が豹変してしまいましたね。

はっきり言って陽太が、クズすぎて気分が悪いです。
ひなに対して悪影響のある行動と言動ばかりで、本当に周りが見えていないなぁと感じました。
今までの陽太はここまで無能だっただろうか。否、ひなを失ってから無能になりました。

何かを失って、その大切な何かを再び手にすることが出来る。
そうなった時、人は正常に行動できるのか、焦りが募るばかりでまともに行動出来ないのではないのだろうか。
そういった人間的な所を、視聴者に伝えたいのかな?と思いながら視聴していましたね…。

施設に侵入したことがバレた陽太は、ひなを家に連れ帰る事が出来るのでしょうか。
あっと驚くような展開に期待したいと思います。

神様になった日 アニメ情報

©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
ホームページ:神様になった日

この記事のライティング担当:サイコ高橋

TVアニメ『神様になった日』第11話 「遊戯の日」【感想コラム】
最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG