僕らはみんな河合荘

「僕らはみんな河合荘」お人好しくんが憧れていた女性や仲間たちは超変人!

2014年4月から6月まで放送されていたテレビアニメ「僕らはみんな河合荘」より親の転勤の都合で河合荘に住むことになったお人好しな高校生・宇佐 和成、常に本を持っていてヒマさえあれば図書館に足を運ぶ読書少女・河合 律、過去に小説を書いていたこともあったようですが宇佐が来た当初は「充電中」と言って無職をつらぬく同居人・城崎志弦について紹介していこうと思います。

憧れの先輩である河合律と共に穏やかで充実した高校生活を送りたいと願っていた宇佐でしたが、実際の彼女は無愛想で、いつも本に夢中で心を開こうとしないうえルームメイトの城崎は肉体的・精神的苦痛を受ける事に喜びを感じる変人だったため振り回されてばかりな日々を送ることになるのです。

憧れの人が個性的だったとしても、毎日楽しく一緒に過ごせたらそれでいいじゃない!

変人でもしっかり相手ができるお人好しくん・宇佐和成

僕らはみんな河合荘
画像引用元:©宮原るり・少年画報社/委員会はみんな河合荘

親の転勤をきっかけに「河合荘」に入居する北高に通う図書委員の男子高校生。

同居人の城崎の変人ぶりを目の当たりにした事で一度は入居を辞めようとしたが、一目惚れした河合律が住んでいることを知るとあっさり承諾した。
他人を放っておけない性格かつ大家族育ち故にコミュニケーション能力も高いので、相手がどんなに変人だろうとしっかりと対応する癖があり同級生や後輩からも好かれやすい。
部屋にヌード写真集を隠すなど思春期らしい下心を持ち、律の無自覚なエロっぽい言動に下半身が勝手に反応してしまうことをよく城崎にからかわれている。

律に対しては入居以来アプローチをかけ続けているが、タイミングの悪さと彼女の面倒くさがりで鈍感な性格から進展は極めて遅い。

本にしか興味を持たない宇佐の憧れの人・河合律

僕らはみんな河合荘
画像引用元:©宮原るり・少年画報社/委員会はみんな河合荘

高校入学と同時に河合荘に住んでいる書委員だった宇佐が以前から憧れの知的美少女として認識していた女子高生。

怒りっぽく手が出やすい性格で常に無愛想・無表情・口数少なめ、さらに恥ずかしい思いをさせられた時や親しい誰かが傷つけられるとためらいなく本や竹刀等の武器も遠慮なく使い攻撃するうえ本にしか興味を示さなかったため、彼女にお近づきになりたかった宇佐は本心を読み取ることに苦労していたが努力の甲斐もあって、徐々に明るい表情も彼に見せるようになっていく。

読書の際はいろいろな本を手当たり次第に読むため好き嫌いが激しいが、ハマった時は周りの言葉や出来事も完全にシャットアウトしてしまう。また読んでいる小説作品に感情移入しすぎて、まるで自身がその作品の世界にいるような振る舞いをすることがあるが本の扱いは雑で、乱雑に置く、飛び道具や凶器として使うのは日常茶飯事で、虫が本に落ちてきた際もそのまま本で潰そうとしていたほど。

いじられるのが好きなコワモテ変態さん・城崎志弦

僕らはみんな河合荘
画像引用元:©宮原るり・少年画報社/委員会はみんな河合荘

言葉で罵られたり殴られたりすると体が震えるほどの喜びを表す真性のマゾヒストな宇佐のルームメイト。普段は作務衣もしくは奇妙な日本語ロゴ入りのTシャツの上に袢纏を着ている。

外に出歩けば怪しい行動でたびたび警察官から職務質問を受けることがあり、落し物の財布を届けに行った時にも「自首?」と言われ捕まりそうになっていた。

亀甲縛りを一瞬で出来てしまうほど手先は器用で、思いつきで工作や新しい遊びを始めようとする。

個性的な人が多いと毎日が新鮮に感じられて面白い!

宇佐みたいに大家族で過ごしていると自分の時間が取れなくなるから辛いけど、コミュニケーション能力の向上に繋がるきっかけになるって思えば人が多いのも悪くないなって思えてきますね。また、律の一つのことに真剣に向き合っていくところはすごいんですが、そのせいで人付き合いが悪いのは女の子として可愛いのにもったいないなと私は思ってしまいました。

憧れの人や周りの人間が個性的すぎると最初は対応するのが大変かもしれませんが、自分と感性が全く違うことが刺激になって毎日のちょっとした出来事を新鮮に感じながら日々を過ごせるかもですね!

文章:あそしえいつ T.A

 

天体戦士サンレッド はギャグ化した正義の味方のヒーロー

学校には事件と感動がいっぱい落ちてるぞ!『ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~』

©宮原るり・少年画報社/委員会はみんな河合荘
ホームページ:僕らはみんな河合荘

この記事のライティング担当:あそしえいつ

僕らはみんな河合荘
最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG