キラッとプリ☆チャン 第148話「ついに開催!クイーンズ・グランプリだッチュ!」最高の友でありライバル【感想コラム】

前回のプリチャン

キラッとプリ☆チャン 第147話「プリ☆チャンシネマパラダイスだッチュ!」大好きな仲間たちと競い合う幸せ【感想コラム】

 

大好きな仲間たちと競い合う幸せ。

最後の戦いがはじまる

ついにはじまるクイーンズグランプリ。

みらいやえもたちの家族も会場へ観に行くことに。
みらいたちもやる気満々。

イブ「いよいよね。でも、今回のグランプリはアリスと2人だから心強いわ」
アリス「うん! 2人でクイーンになって、プリチャンを盛り上げていこうね」

やがて時間となり、めが兄ぃが司会で各グループを紹介。

レインボースカイエリアのプリンセス:ミラクルキラッツ
メロディーファンタジーエリアのプリンセス:メルティックスター
マーメイドオーシャンエリアのプリンセス:リングマリィ
サンシャインサーカスエリアのプリンセス:アライブ
ムーンライトマジックエリアのプリンセス:Wだいあ

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

今回も「いいね」の数で競う

めが兄ぃ「世界中から集められたいいねは、あちらのキラッとクイーンエッグにすべてたまる仕掛けとなっております」

卵型のオブジェクトに溜まっていくいいね。

めが兄ぃ「そして、よりいいねを集めたグループが優勝。真のトッププリチャンアイドルの象徴イルミナージュクイーンが決定されます。そのグランプリで盛り上がったいいねパワーにより、キャッスルコーデが完成し、キラッと輝く素晴らしいクイーンパレードが行えますよ」

その美しいコーデのイメージに、着てみたいと憧れる女の子たち。

キラッCHU「素敵ッチュ」
メルパン「あれをご主人様が着るには」
ラビリィ「優勝するしかないラビ」

ライブを行う順番は、各ユニットのマスコットがひくことに。

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

だいあだけ、マスコットにしてユニットメンバーなんですよね。

こうして、先行1番目のグループは2人のだいあに決定。

 

だいあとだいあのライブ

みらい「だいあちゃんたち。ライブ、急だからびっくりしちゃうよね」

虹ノ咲「うん。1番だなんて予想外だったから」

みらい「私、2人のライブすっごく楽しみにしてるんだ」

みらいは2人のだいあによるパワーアップしたライブをドキドキすると言って。
だいあもまた、憧れの人であるみらいと同じステージに立てることを喜び、ライブを行いました。

虹ノ咲(私がデザイナーになれたのも、友達が出来たのも、こんな立派なステージに立てたのも、プリチャンのおかげ。嬉しい気持ちがいっぱい溢れてくる)

だいあ(バーチャルなのにモヤモヤした心が生まれて、みんなに超迷惑かけちゃったんだよん。でもね、だからこそ本当に大切なものが見えたんだよん)

虹ノ咲「そこにいるのにここにいない。けど、みんなの心にいるんだもん!」
だいあ「友達にリアルもバーチャルも関係ない」

2人「「それがプリチャン!」」

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

ライブに盛り上がる会場。

みらい「だいあちゃんたち凄い」

キラッとプリ☆チャン 第101話「だいあが守る!  みんなのプリ☆チャン! だもん!」みんなでライブする【感想コラム】

まりすずとラビリィ

そして、2番手は「リングマリィ」。

すず「まりあ、今日のライブ楽しもうね」
まりあ「はい。まりあは、すずちゃんと一緒ならブロードウェイでも、クイーンズカップでも、とっても可愛く楽しめちゃいますよ」

かわいく、そしてかっこよく、集まってくれたみんなのためにもライブを行うまりすず。
違うからこそ一緒に輝ける2人に対し、ラビリィはステージの上で感謝のお手紙を読み上げました。

「ラビリィは、産まれた時からずっと1人ボッチだったラビ。ご主人様がいない状態でたまごから出ちゃったラビリィが、いよいよリセットされちゃうって時、ランドに遊びに来ていたまりあちゃんとすずちゃんと出会えたラビ」

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

「素敵な思い出が出来てよかった。ありがとうって思ってたら、2人はわざわざブロードウェイでの大切なお仕事をお休みして、ラビリィのご主人様になる決心を固めてくれたラビ」

「まりあちゃん、すずちゃん。ラビリィのご主人様になってくれてありがとう。ラビリィ、毎日ぽかぽか温かい気持ちでとっても幸せラビ。今日のライブも、マスコットして、精一杯応援させてもらうラビ」

そんなラビリィに感謝し、可愛いラビリィのためにも頑張るまりすず。

キラッとプリ☆チャン 第94話「まりあ大ショック!?  すずはライバルなんだよん!」仲間でありライバル【感想コラム】

『 キラッとプリ☆チャン 』第116話「ハッピーラブリィウェディングラビ!」ラビリィ、プリティーマスコットへ【感想コラム】

最高のライバルには最高の席を

そして、3番手は「メルティックスター」。

メルパンはあんな様たちの最高のライバルである「ミラクルキラッツ」を、1番の特等席に座らせました。

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

えも「あんなたちが間近で見えるじゃん」

そんなメルパンの行動に対し

める「メルパンやるぅ」
さら「粋な計らいをしてくれたねえ」
あんな「さすがメルパン。言わなくてもわたくしたちが望んでいることを、すべて汲み取っていますのね」

あんな様たちも大変ご満足の様子。

えも「おーいあんな~! ここでばっちり見てるからね~! しょうもないライブをしたら許さないよ~!」

ステージ正面の特等席から、ライバルであり親友のあんな様に声をかけるえも。

それに対し、一瞬だけ凄く嬉しそうな顔をして、

あんな「さあ! 夢見る準備はよろしくて!!」

と、ファンに対し声をかけながら全力でライブを始めるあんな様。
ここでいつものように張り合うのはなく、最高のライバルからの応援にライブで答えるところが熱いですわね。

キラッとプリ☆チャン 第97話「ついに開幕!  ジュエルコレクション! だよん!」最高の友達と最強のライバル【感想コラム】

 

最高の仲間と共に、最高のライバルと競い合う

さら(メルティックスターは、3人それぞれの個性が黄金バランスで成り立っている最高のグループだ。あんなとめる。かけがえのない最高の仲間に出会えてよかった)

める(あんあんもさららも、めるめるを必要としてくれた。そして、信頼してくれたベリーベリー大切なfriend。心の底からアイラブユーだYO!)

あんな(わたくしたちメルティックスターは、もはや一心同体。3人で1つですわ。そんなわたくしたちが高みを目指し続けていられたのも。「ミラクルキラッツ」。あなた達のおかげですわね。ありがとう。心から感謝いたしますわ。そして宣言しておきますわ。「メルティックスター」は、このクイーンズグランプリで。1番に輝くことを)

画像引用元:© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会

3人「「「そう! 「ミラクルキラッツ」! あなた(/みんな)たちを超えて!!」」」

高め合うチームメイトと共に、高め合う親友でありライバルの「ミラクルキラッツ」と全力でぶつかる。
そんな「メルティックスター」の最高のパフォーマンスに会場は大盛り上がり。宇宙でめるめるの両親も配信をみていました。

みらい「凄いステージだったね」
りんか「メルティックの本気、伝わってきたわね」

そんなライブを友として楽しみつつ、

えも「あたしたちも負けてられない!」
みらい「最高のライブ! みんなに届けなきゃ!」
りんか「ええ!」

ライバルとして本気でぶつかり合う覚悟もあるみらいたち。

そんな中、ひっそりと会場の入り口から様子を見ているルルナさん。
と、意味深に視線を送っているようなソルルでした。


憧れのアンジュさんを追いかけてきたみらいと、みらいに憧れみらいに救われただいあ。

まりすずに救われたラビリィと、ラビリィのためにも頑張るまりすず。

最高のライバルと高め合うあんな・さら・める。

それぞれの想いがぶつかり合う最終決戦。
あんえもの百合ってたり、熱いライバルだったりする関係もいいですし、まりすずの公開結婚式すぎるライブにラビリィのスピーチをぶつけるという公開家族っぷりも尊く。

ここまでは3年間の集大成といった感じですが――今回一言も喋らなかったソルルが不穏ですね。
これまでなら「ミラクルキラッツ」の1番のライバルである「メルティックスター」がみらいたちの直前にライブを行う流れでしたが、今回は回を挟んでイブとアリスがみらいたちの直前にライブを行うようです。

そういう意味でも、次回何か起こりそうですね。
これまで紳士っぷりを披露しまくってきたソルルが、ここにきてルルナさんに手を伸ばしたことも含め、ソルルが何かをやらかしそうな感じ。
それとも、普通にルルナさんと和解して、サプライズデュエットライブでイブとの仲直りを狙っているだけ?

しかし。6月いっぱいまでプリチャンをやって、7月から新シリーズだと思っていましたが、5月中には終わりそうな勢いですね。いつ最終回がくるかわからないですね。

『トロピカル~ジュ!プリキュア』第8話「初めての部活! お弁当でトロピカっちゃえ!」【感想コラム】

キラッとプリ☆チャン 感想 のまとめ

キラッとプリ☆チャンの各話も是非チェックして下さい!

キラッとプリ☆チャン1話から64話まで(クリックで開きます)

キラッとプリ☆チャン65話から最新話まで(クリックで開きます)

© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会
ホームページ:キラッとプリ☆チャン

この記事のライティング担当:星崎梓

最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG