『キラッとプリ☆チャン』は挑戦と高め合うライバルたちを描いた、百合力も高いアニメ【感想/総括】

『キラッとプリ☆チャン』は挑戦と高め合うライバルたちを描いた、百合力も高いアニメ【感想/総括】

2018年4月から放送していたプリティーシリーズの『キラッとプリ☆チャン』が、2021年5月に最終回をむかえました。
プリチャンを全話観みたので、「プリチャンはこんなアニメだった」というのをまとめてみようと思います。

前作『プリパラ』と比べて

プリティーシリーズのアニメは、前シリーズのキャラクターが少しだけ登場します。
苗字と設定は少し変わるので前シリーズを見ていなくても楽しめますが、知っているともっと楽しめるというファンサービスですね。

プリチャンではなる、ゆいがこれに値します。

『 キラッとプリ☆チャン 』第75話「いっしょにハピなる!めが姉ぇさんと私!だもん」めが姉ぇとなるの想いに涙腺崩壊【感想コラム】

そんなプリチャンですが、前作『プリパラ』に出演している声優も多く、時々狂ったようなギャグをやるという共通点もありますが、

・『プリパラ』よりはギャグは薄め
・『プリパラ』より曲の平均的な対象年齢をあげてきた

という印象でした。
各シーズンの終盤に感動路線をやってくるという共通点もありました。
けれど、最終シーズンとなる3年目は、感動成分よりノリの良さの方を重視している感じはありましたね。

キラッとプリ☆チャン 第153話(最終回)「キラッとプリ☆チャンやってみよう!」今の時代にこそみてほしいアニメ【感想コラム】

『 プリパラ 』は泣けるアニメ!展開から演出まで、神としか言いようがない『アイドルタイムプリパラ』ガァララ×ファララとは!?

 

やってみなくちゃわからない

プリチャンのアニメは第1話からセリフとして登場している「やってみなくちゃわからない」「わからなかったらやってみよう」が軸にあり、テーマとして機能していました。

うまくいくかはわからないし、やってみても失敗することだってあるし、成功するには正しく努力することが必要でもある。
けれど、やってみなくちゃわからないし、やってみないことには始まらない

だから、やってみる。
その踏み出す1歩の大切さが全編を通して描かれていました。

『 キラッとプリ☆チャン 』第1話「キラッとプリ☆チャンやってみた!」をキラッとレビューやってみた!

主人公のみらいがプリチャン(3年目ではバーチャルな世界でしたが、当初はなんでも配信できるYouTube的なものでした)でアイドルをはじめたのも、友人のえもが「やってみなくちゃわからない」といったから。

プリチャンで活躍し人気アイドルになったみらいに憧れた虹ノ咲さんに、踏み出す勇気を与えたのも「やってみなくちゃわからない」の信念。

『 キラッとプリ☆チャン 』の7クール目(77~90話)まとめだもん!あんえも、まりすず、虹ノ咲さんの告白

プリチャンの物語は「やってみなくちゃわからない」から始まり、最終話でも一歩を踏み出せずにいる子供たちの背中を押すという、「やってみなくちゃわからない」で終わりました。

キラッとプリ☆チャン 第99話「いよいよ決着!  ジュエルコレクション!!! だよん!」追いかけられる立場じゃなく【感想コラム】

 

憧れは憧れだけでは終われない

憧れた世界に踏み出す勇気を与える、「やってみなくちゃわからない」という言葉。

そして、憧れだった人と対等の立場になったり、憧れの人とぶつかり合うような関係になったり。
そういった王道のスポコン的な展開もプリチャンでは多く描かれました。

1年目では、みらいにとって憧れの存在だったアンジュさんが、自分はトップに上り詰めたので後を後輩に任せ引退しようとしました。
けれど、みらいはアンジュさんとライブで対決し、憧れの人と対等にぶつかりあう関係になり、アンジュさんの引退を止めました。

『 キラッとプリ☆チャン 』第50話「夢のプリ☆チャン、やってみた!」6人ライブでキラッとスタート【感想コラム】

2年目では、逆に自分に憧れているけれど踏み出せないでいた虹ノ咲さんの背中を押しました。

高め合うライバル

「やってみなくちゃわからない」の他に大切なプリチャンの要素と言えば、ライバルの存在。

「ミラクルキラッツ」「メルティックスター」「リングマリイ」などなど。
プリチャンに登場するユニットたちは、時に競い合い、時に助け合い、認め合っているからこそぶつかり合って高め合う、最高のライバル同士でした。

とくに「メルティックスター」は、メンバー同士でも競い合い高め合うような関係でした。

ちなみにこの高め合うライバル同士という関係。
同期の女児アニメであった『アイカツフレンズ!』でも描かれていました。

『 アイカツフレンズ! 』を最終回まで観た感想と、プリチャンやスターズを絡めての想い【総括】

百合要素も豊富

プリチャンは百合要素も豊富でした。

高め合うライバル同士であるえもとあんな。

とくにこの2人は百合が濃かったですね。
会うたびに喧嘩したり張り合ったりするけれど、互いの実力を信じているし、だからこそステージでは全力でぶつかり合うし、時には一緒に組むこともあって。

あんなは初登場の1話から高根の花的存在でしたが、そのころからあんなにとってえもは数少ない自分と対等に接してくれる存在でした。

『 キラッとプリ☆チャン 』第87話「あんなちゃんえもちゃん、一つ屋根の下? だもん!」あんな様、えもと初めての夜をお過ごしになられる【感想コラム】

『 キラッとプリ☆チャン 』第109話「まるっと解決? 仲直り大作戦ッチュ!パン!」ライバルは競い合い高め合うもの【感想コラム】

『 キラッとプリ☆チャン 』第110話「ひびけ! メロディープリンセスカップだパン!」友でありライバルなあんえも【感想コラム】

 

その他にも、かっこいいと可愛い、違うからこそいい「リングマリィ」のまりすず。
かっこいいのすずの方が年下で、可愛いのまりあの方が身長が高いというギャップ。
年上らしくまりあが引っ張ることがあれば、かっこいい担当らしくすずがエスコートすることもあって。

公開結婚式にしか見えないライブ演出も尊かったですね。

キラッとプリ☆チャン 第98話「まだまだ続くよ!  ジュエルコレクション!! だよん!」すず、まりあにプロポーズ(?)【感想コラム】

3年目では、ソルルという性別不明だからこそどっちにも対応できるキャラクターも登場しました。

ソルルナは百合なのか、そうではないのか。
楽しみ方の自由度も高かったです。

キラッとプリ☆チャン 第127話「とべ!アリス! サンシャインプリンセスカップ!」ソルルが導いてくれて【感想コラム】

まとめ

まとめると、プリチャンは

・挑戦と高め合うライバル同士を描いた、百合力も高いアニメ

でした。

プリチャンのアニメは終わりましたが、プリチャンは『プリティーオールフレンズ』に引き継がれ、プリティーシリーズのアニメは新作へと移行していきます。
次はどんな作品になっていくのか、楽しみです。

『キラッとプリ☆チャン』「お出かけふぉとすた!」おやすみソルル&おこってるルルナレビュー!『ゆるキャン△』からも出るぞ!!

アイカツオンパレード! 1~25話の感想&まとめ!最高の物語【総括】

キラッとプリ☆チャン 感想 のまとめ

キラッとプリ☆チャンの各話も是非チェックして下さい!

キラッとプリ☆チャン1話から64話まで(クリックで開きます)

キラッとプリ☆チャン65話から最新話まで(クリックで開きます)

© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH3製作委員会
ホームページ:キラッとプリ☆チャン

この記事のライティング担当:星崎梓

『キラッとプリ☆チャン』は挑戦と高め合うライバルたちを描いた、百合力も高いアニメ【感想/総括】
最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG