けいおんの楽曲はかっこよさの中に温かさが感じられて聴くと笑顔になれる!

2009年と2010年にテレビアニメが放送され、その翌年には映画化社会家現象を巻き起こした名作「けいおん!」

桜高軽音部’に所属する平沢唯(CV:豊崎愛生)・秋山澪(CV:日笠陽子)・田井中律(CV:佐藤聡美)・琴吹紬(CV:寿美菜子)、後に入部する後輩の中野梓(CV:竹達彩奈)

”女子高生5名による軽音バンド『放課後ティータイム』”(略称:HTT)

ゆーるい日常バートはメインキャラクター達の可愛い一面を描きつつも、文化祭やイベント事ではライブでカッコよくキメる!
このメリハリが「けいおん!」の魅力でもあります。今回はそんなHTTが歌う挿入歌やOP、EDを紹介させてください。

HTTの曲はカッコイイだけでなく、”チャイム”や”卒業”といったキーワードが歌詞になっていて、彼女たちの気持ちをそのまま歌っているんだろな~と思わせてくれます。

大切な人へのアプローチ!思いが伝われば繋がれる「ふわふわ時間」

テレビアニメ第1期の第6話、11話、24話の劇中で流れる唯と澪がメインで歌っている挿入歌。

「キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI 揺れる思いはマシュマロみたいにふわ☆ふわ いつもがんばるキミの横顔 ずっと見てても気づかないよね夢の中なら二人の距離縮められるのにな」というAメロ、唯がメインだと柔らかくて優しい声なのが大好きです!

まるで、好きな人に気持ちを伝えようとしているけど、早く伝えないと他の人に取られてしまうかも…という恋心の焦りが表現されているように感じました。

6話の文化祭のシーンでは、喉がつぶれて歌えなくなった唯の代わりに澪がこの曲を歌うことなってしまいますが

サビの「あぁ カミサマお願い二人だけのDream Timeください☆お気に入りのうさちゃん 抱いて今夜も オヤスミ♪」というフレーズ。

唯はかすれ声でも最後まで自分のパートを歌い切り、澪は最初こそおどおどしたけど、その歌声は堂々としていて大切な人は命を懸けて守りたいという責任感の強い人間性が表れているように思いました。

ラストのふわふわ時間(タイム)と繰り返し歌うところは、澪と唯のバート分けが聴き心地よくて、不思議とまた聞きたくなります。

楽しかった思い出はいつまでも忘れないでいたい「天使にふれたよ」

テレビアニメ第2期の最終回で、卒業する唯たちが梓のために歌った挿入歌「天使にふれたよ」

「ねえ 思い出のカケラに 名前を付けて 保存 するなら ”宝物”が ピッタリだねそう 心の容量が いっぱいに なるくらいに 過ごしたね ときめき色の 毎日」

Aメロの歌詞は胸がいっぱい詰め込んだみんなとの思い出が何よりも宝物。毎日楽しかったね!と軽音部の日常を振り返るような歌詞に加えて

「でもね 会えたよ! 素敵な 天使に 卒業は 終わりじゃない これからも仲間だから 一緒の写真たち おそろのキーホルダー いつまでも 輝いてる ずっと その 笑顔 ありがとう」

素敵な天使に会えたと”天使=梓”、卒業しても仲間だから!という唯たちの想いが詰め込まれているみたいに思えて感動しました。

この曲を聴くだけで唯たちのメッセージを受け取って涙する梓の表情が思い浮かぶ…ホント心に沁みる名曲です!
アニメを見てるとキーホルダーというワードもエモエモなんですよね。

実は梓が軽音部に入部するまでにも色んな出来事がありました。簡単な振り返りです!

関連記事

女子高生のゆる~いバンド活動を描いたアニメ「けいおん!」 その中で唯一の後輩キャラであり、作中で猫可愛がりされていたのが 中野梓 。先輩たちともなじみ、先輩メンバー卒業回では「卒業しないでよ…」と涙まで流す梓。 しかし彼女がここまで[…]

辛い事も嬉しい事もかけがえない思い出として積み重ねて成長していく「Cagayake!GIRLS」

テレビアニメ第1期のオープニングテーマ「Cagayake!GIRLS」は、ハイテンションでアップテンポな楽曲です!

「授業より楽しいことがしたい!ライブだし、ティータイムには持ってこい」というような歌詞も”放課後ティータイム”らしいですね!

Aメロの「ドキドキが止まんない フルスロットルな脳内 希望/欲望/煩悩 リボンかけて包装 ネタどっさり持ち寄り New Type Version打ち込み 男子禁制のプリ帳 恋綴った日記帳」

担当する楽器とキャラクタ-ごとの名前が丸みのあるフォントで紹介されていて可愛いですし、この歌詞には女の子たちは日々の中でいろんな物事に興味を持ち触れていくことで成長しているから男の子達には見守っていてほしいというメッセージが込められているように感じました。

サビの「Jumping Now ガチでウルワシ Never Ending Girl’s Life 日々マジ ライブだし待ったなし早起きしても早寝はNon Non Non! 目一杯Shouting ワッショイガチでスバラシ Never Ending Girl’s Song 午後ティータイムには持ってこい 片想いでも玉砕でHere We Go! 歌えばShining After School! 」

この英語と日本語が織り交ぜられた歌詞を噛まずに歌えてしまう唯もすごい!と感心しますし、みんなが「Non Non Non!」や「ワッショイ」という掛け声がはっちゃけてる思春期の女の子イメージでテンションあげるにはもってこいの一曲だと思っています。

ラストに繰り返される「Shining Shiner Shinyest Girls be ambitious & shine」のフレーズも爽やかさが感じられていいですね!

自分達で音色を奏でるからこそ思いのこもった曲を作り上げられる!

「けいおん!」の「放課後ティータイム」の楽曲はどれも学生らしい視点から紡がれた歌詞、そこから読み取れる友達との絆が優しく温かみがあるなと思いました。

ちなみに私は、2曲目に紹介した「天使にふれたよ!」の友達を天使と表現しているところと、Aメロにある「なじんだ制服と上履き ホワイトボードの落書き明日の入り口に置いてかなくちゃいけないのかな」というもう卒業なんだな…と連想させる歌詞や友達と他愛ない話をしたことを思い出して切なくなるけど、思い出で終わりじゃないよ!また会えるよ!と思えてくるのでお気に入りです。

そして、「けいおん!」は声優さんってやっぱりすごいと感心する作品だったりします。

その歌唱力もさることながら、とにかくハイスピードな曲調でも一音一音聞き取りやすくよく噛まないなーと思ったり、唯を演じる豊崎愛生さんのかすれ声の歌声が凄すぎる!ぜひ、アニメを見てほしいです。

大切な仲間ともに音楽で一つになる部活ってある意味学生の特権でもありますが「けいおん!」のようにゆるーいティータイム、そんな日常が思い出っていうのもいいですね。

文章:あそしえいつ T.A

ロウきゅーぶには可愛さの中にも仲間との絆を感じられる「前向きソング」が勢ぞろい!

脳がトロトロになる♪電波ソングを聴こう!

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

この記事のライティング担当:あそしえいつ

最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG