『トロピカル~ジュ!プリキュア』第29話「甦る伝説! プリキュアおめかしアップ!」【感想コラム】

前回のトロプリ

みのりん回。

『トロピカル~ジュ!プリキュア』第28話「文化祭! 力あわせて、あおぞらメイク!」【感想コラム】

魔女の悪夢(?)

 

みのりの活躍した前回の文化祭。
トロピカる部の催しは生徒投票により2位となりました。

その頃暗い海の底では、あとまわしの魔女が夢にうなされていました。

「夢か……あの人間は誰だ……!!」
「思いだせない! 誰なのだ!!」

夢の中で観た女性の姿に苦しむ魔女。
その苦しみの中で、新たなヤラネーダの素が誕生。

それを受け取ったバトラーは、焦っていました。

その後――

バトラー「では、始めるとしましょう。さあ、おゆきなさい。超ゼッタイヤラネーダ!」

今回はバトラーが初の出撃。
水辺にヤラネーダの素を沈めました。

一方まなつもまた夢の中で謎の女性と出会っていました。

 

伝説のプリキュア

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

「――まなつ。あれが伝説のプリキュアよ」

夢の中でローラが言います。

まなつ「伝説のプリキュア?」

まなつは女性を見つめますが、そこで目が覚めて――。

登校途中、まなつはローラに夢の話をしました。

ローラ「おかしな夢。でもそれって、伝説のプリキュアが何か伝えようとしているのかも」

まなつ「伝説のプリキュアって、そもそもなんなの?」

ローラ「大昔、世界を魔女の手から救った伝説の戦士のことよ」

まなつ「魔女って、あとまわしの魔女?」

ローラ「それはよく知らないけど」

話をする2人の前で、逃げ惑う人々。

まなつ「なに?」

異変に気付いたまなつとローラの前に、水のヤラネーダが現れました。

同時刻、ほかのみんなの前にも同様のヤラネーダが登場。
放たれた場所にいるみんながそれぞれプリキュアに変身します。

 

強敵

キュアラメールはいつものようにアクアポッドで奪われたやる気を回収しようとしますが、アクアポッドは反応しませんでした。

キュアラメール「なんで!? やる気パワーが見つからない!?」

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

キュアサマー「だったらこのままやっつけちゃっていいよね!」

突っ込むキュアサマーですが、今回のヤラネーダは水です。
液体だけに物理攻撃をすり抜け、水を飛ばしてくる強敵でした。

ワンピの自然系(ロギア)能力者みたいなやつですね。
しかも、数はいっぱい。

これまでとは明らかにレベルが違いますね。

キュアサマーは戦いの中で飛び上がり、上から街を見下ろしました。

キュアサマー「街中にいる!?」

キュアサマー「手分けして倒そう!!」

キュアラメールは心配しますが、キュアサマーは分かれて倒すことを提案。
一方、キュアコーラル、キュアパパイア、キュアフラミンゴは合流して戦っていました。

そんな中、チョンギーレたちはアジトで待機中。
3人の会話によると、何故だか魔女の前では「プリキュア」というワードを出してはいけないようです。

 

ピンチのキュアサマー

1人になったキュアサマーは、部室でヤラネーダに襲われているくるるんを発見。

追い詰められ、変身が解除されてしまうまなつ。
またもややる気を奪われてしまいます。

キュアラメールは他のみんなと合流しますが、次々現れる敵に大苦戦。

キュアパパイア「もしかしてどこかに本体がいて、それを倒さないとダメなんじゃ」

キュアコーラル「どうやって見つけるの?」

キュアパパイア「多分、奪われたやる気パワーを全部持っているのが本体」

そこへ川を泳いでやってきたくるるんが登場。
くるるんの言っていることがわかるキュアパパイアは、まなつがピンチだと知ります。

現場へ駆けつけるみんなですが、ヤラネーダの大群もおってきます。

キュアパパイア「ちょうどいい。本体がどこかわからないなら、一か所に集めた方がいい」

キュアラメール(もうっ、全然平気じゃないじゃないっ。無事でいてっ、まなつ!)

 

新たな力

やる気を奪われたまなつでしたが、

まなつ「これ以上学校を滅茶苦茶にさせないっ」

気合で耐えていました。

そして、学校に現れる巨大な水のヤラネーダ。
そこへ駆けつけるみんな。

まなつを想うみんなの力に反応し、まなつがキュアサマーに再度変身して復活。

キュアラメール「心配したんだからッ」

キュアサマー「ごめんごめん。でもみんなのやる気パワーのおかげで助かったよ」

全員が集まったところで、集まったヤラネーダを倒しながら本体を探すことに。

キュアラメール(本体はどこ!?)

キュアラメールはついに本体を発見し、やる気パワーを回収しました。
しかし、回収したやる気を一番デカいヤラネーダに奪われてしまい――

連携でヤラネーダを追い詰めますが、キュアラメールの必殺技を受けても本体は無事でした。
それでもあきらめないキュアサマー。

その時、そこに伝説のプリキュアが現れました。

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

「この世界を……救って……そして、あとまわしの魔女になってしまった魔女を」

伝説のプリキュアはそう言うと、前回みんなでつくったドレッサーを新しいパワーアップアイテムにかえ、新しいリングまで出してくれました。

こうして、キュアサマーたちはおめかしアップし、新たなフォーム”エクセレン・トロピカルスタイル”に変身。
そのまま新しい合体技”ランドビートダイナミック”により、ヤラネーダの撃破の成功しました。

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

「まさか彼女が……それにあれは大地のリング。だとすれば……」

一部始終を見ていたバトラーは、意味深なことをつぶやき去っていくのでした。

結束

戦いを終えて、暗くなるみんな。

あすか「なんとか守り切ったな」

みのり「でも、ヤラネーダはどんどんパワーアップしてきてる」

さんご「あとまわしの魔女の目的ってなんなんだろう」

ローラ「わからない」

まなつ「でも! 私たちにはトロピカったドレッサーと! 伝説のプリキュアがくれたリングがある! 絶対に負けない!!」

ローラ「そうね。みんなで力を合わせればきっと大丈夫よ」

けれど、まなつの言葉により元気を取り戻し、より結束するみんなでした。

トロプリ29話 感想

今回判明したこと。

・伝説のプリキュアとあとまわしの魔女は知り合い同士?
・魔女はプリキュアの顔と名前を忘れているらしい
・バトラーはそのことを知っているのか、魔女の前に「プリキュア」というワードを出すことをチョンギーレたちに禁止させている

”あとまわしの魔女”がボスなのではなく、バトラーがなんらかの目的のために、最初のプリキュアの身内・あるいは友人である”良い魔女”を悪い魔女に変えてしまった。
そして、チョンギーレたちのこともだまして利用している。

という線が出てきましたね。
問題はバトラーがラスボスなのか、背後に誰かがいるのか、これから何かを生み出そうとしていて、それがラスボスになるのか、といったところ。

魔女も元々悪人ではなかったという可能性が出てきたので、チョンギーレ、ヌメリー、エルダ、魔女の4人と和解する展開もありそうです。

 

それにしても今回は

・映画並みに動きまくる神作画
・まなつを心配するローラが完全に彼女ポジション

という風に、バトルシーンと百合要素、どちらも100点の回でしたね。

©ABC-A 東映アニメーション
ホームページ:トロピカル~ジュ!プリキュア

この記事のライティング担当:星崎梓

最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG