『トロピカル~ジュ!プリキュア』第32話「駆けろランウェイ! さんごのファッションショー!」【感想コラム】

前回のトロプリ

あすかの修学旅行

『トロピカル~ジュ!プリキュア』第31話「トラブル列車! あすかの修学旅行!」【感想コラム】

さんご、モデルに選ばれる

さんご「これひょっとして」

さんごママ「ええ。今度のファッションショーで使うコスメのコーナーを作ってみたの」

さんごママのみゆきさんは、コスメショップ「Pretty Holic」を経営しています。
ファッション業界とのつながりも深いので、その関係で自分のお店にショーに関係するコスメを置いているようです。

さんご「今年もプリティーホリックはメイクで参加することになってるんだよね?」
さんごママ「ええ。さんごも見に来るでしょ」

さんごは母の出るファッションショーを楽しみにしていましたが、ショーの関係者である男がお店に飛び込んできます。
どうやら、ショーに出るはずのモデルがこられなくなったそうです。衣装に合うモデルを今から用意するのは大変――悩んでしまうさんごママたち。

その男を見て、

さんご「あのっ、コニーさんですよね!? 可愛いのカリスマデザイナーの!」

コニー「いかにもあたしはコニーだけど」

コニーさんはさんごを見て、自分のデザインした服にぴったりのイメージだと思い、さんごをモデルの代役として勧誘しました。

ランウェイを歩く特訓

部室にて。

まなつたちはさんごがファッションショーに出ると聞いて、驚きます。

あおぞらプリティーコレクションは、たくさんのブランドが出展する大きなファッションショーです。さんごは昔からあおぞらプリティーコレクションが大好きで、憧れていたそうです。
それに出れると知って、嬉しそうなさんご。

あすか「私たちも見に行くよ」
みのり「応援は任せて」

とみんな。

その日から、さんごは基本の立ち方、歩き方などなどランウェイを歩く練習を始めました。

お客さんに可愛いを届ける

そんな中、さんごママからファッションショーで使う衣服のサンプルを見せてもらいます。
せっかくなので、みんなで着てみることに。

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

さんご「このスカート、こうすると模様が見える」
まなつ「ほんとだ」

さんご「せっかく可愛いガラがあるのに、見えないと勿体ないね」
さんごママ「ええ、その通りよ。ファッションショーはね、服の魅力を余すことなくお客さんに伝えることが大切なの」

まなつ「服の魅力?」

さんごママ「どうすればその服が一番よく見えるのかを考えるのも、モデルのお仕事よ」

ローラ「それって、その服を着た自分を可愛く見せるのとは違うんですか?」

さんごママ「そうねぇ。コニーさんもよく言ってる事なんだけど、モデルはお客さんに可愛いを届けるのが仕事ってこと」

服の魅力、可愛さに気づけたさんごは、コスメやファッションショー好きなだけあって、モデルにも向いているのかもしれませんね。
逆に自分が目立ちたいローラでは、通常のファッションショーには向いていなさそうです。

 

その頃。

ヌメリー「いつもの薬、出しておくわ」

ヌメリー「あんまりイライラしちゃだめよ」

あとまわしの魔女のアジトでは、ヌメリーさんがバトラーに薬を出していました。
基本やる気ないけど仲間同士で仲良しなヌメリーさんたちと違い、バトラーは真面目ですからね。ストレスを抱え込んでいるようです。

そんなバトラーは、ヌメリーさんがおしゃれだと持ち上げてその気にさせて、ファッションショーへ出撃させました。

 

プロたちを前に緊張

ファッションショー当日。

さんごはメイクをしているショーの裏側を見て、その真剣な空気に緊張してしまいます。
プロのモデルでも、大きなショーでは緊張することもあると言いますしね。

そんな中で、さんごはコスメ好きで才能があるとはいえ、モデルの経験はナシ。
それなのにいきなり大きなショーのメイン級モデルに選ばれてしまって……。

それでも、

さんご(やっぱり緊張する。でも私だってモデルの一員として、このショーを成功させるんだ)

と、リハーサルに参加します。
しかし、みんなの見ている前で転んでしまい、ランウェイの途中で立ち止まってしまいました。

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

まなつたちは心配しますが、そのままバックに引っ込んでしまうさんご。

ヌメリー「あらあら」

その様子をヌメリーさんが空から見ていました。

 

可愛いものが大好き

ヌメリーさんはやる気パワーを奪うため、ヤラネーダをモデルに化けさせて会場を盛り上げることに。
少しずつやる気を奪われていく観客たちを見て、怪しむまなつたち。

まなつたちはモデルがヤラネーダであることに気づくと、プリキュアに変身しました。

一方、ショーの裏では――

ショーに使うはずだったハート模様の風船が、トラブルによりギリギリのタイミングで到着していました。

それでも、コニーさんは風船を膨らませ、「みんな、はやく終わらせましょ」と言います。

スタッフ「でも、時間が」
コニー「う~ん……でもね、この風船があった方が……絶対にかわいい。でしょ?」

そんなコニーさんの言葉を受け、「私も手伝います」とモデルたちも声をあげました。
さんごも動きました。

スタッフもモデルも関係なく、みんなで協力してショーの準備を進めます。
そんな中、先輩のモデルはさんごに言いました。

「これでちょっとでもショーがよくなるなら。それって凄くワクワクするよね」

んご(そっか。ここにいるのって)

コニー「私たちは可愛いものが大好きなの」

コニー「あなたもよね」

コニーさんは、大好きな”かわいい”を広めるため、努力するさんごの姿を見ていました。

さんご(ここにいるのは私とは違う世界の人たちだと思っていたけど、みんな、気持ちは同じだったんだ)

大きなショー。
プロのモデルやメイクたち。
それらを見て委縮していたさんごでしたが、ついに覚悟が決まりました。

さんご、ランウェイへ

さんごはファッションが、コスメが好きだから、自分の意志でランウェイに立つことを決めます。
そして、ヤラネーダの襲撃に気づきキュアコーラルへと変身。

今度は臆することなく、ランウェイを突っ切りました。

キュアコーラル「私の大好きな! ここにいるみんなの大好きな可愛いを! 絶対に壊させはしない!」

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

キュアコーラルの参戦を受け、超ゼッタイヤラネーダの討伐に成功。
ヌメリーさんは撤退していきます。

こうして、ファッションショーは無事に開催されました。

さんごは見事に服の魅力を表現するように歩き切り、

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

「あの子の着てる服可愛いね」
「とっても素敵」

と観客たちも熱狂。
大好きなかわいいに囲まれ、幸せを感じるさんごでした。

トロプリ32話 ランウェイでわらったさんご

自分の大好きで憧れの世界に飛び込んださんご。

さんごはコスメをする方と、服を魅せるモデル。
どちらの耳に進むんでしょうか。

今後のエピソードで、さらに掘り下げてきそうですね。

©ABC-A 東映アニメーション
ホームページ:トロピカル~ジュ!プリキュア

この記事のライティング担当:星崎梓

最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG