『トロピカル~ジュ!プリキュア』第42話「襲撃!最強のヤラネーダ!」【感想コラム】

前回のトロプリ

みのり、劇の脚本を考える。

『トロピカル~ジュ!プリキュア』第41話「会議だよ! トロピカる部、集合~!」【感想コラム】

週末も準備

 

「トロピカ卒業フェスティバル」が迫る中、みのりの脚本による演劇をすることになっているトロピカる部。
まなつたちは土曜日でも、準備のため学校にやってきます。

学校ではほかの生徒たちも準備をしていました。

そんな中、まなつとローラは生徒会室へいき、「トロピカ卒業フェスティバル」に参加する部活のリストを受け取りました。
もうすっかり、まなつは学校の中心人物ですね。

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

まなつ「どんなアートになるんだろう」
ローラ「楽しみね」

ほかの部活の活動のことも楽しみにするまなつたち。
みんなもまなつのことを信頼していました。

まなつ「へぇ~。これが当日の放送の内容なんだ」

と、イベントを盛り上げる放送部とも当日の流れをチェック。

 

頑張るみのり

そして、みのりは書いた脚本をもっと面白くしようと悩んでいました。

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

まなつ「そうだ! いつかローラが校内放送で歌ったグランオーシャンの歌を披露するの!」
ローラ「いいわね! みんなの前で私が歌うチャンス到来ってわけね!」

まなつがアイディアが出し、みのりはそれを入れつつも、ほかのアイディアを模索していき……。

あすか「私たちもトロフェスの準備を進めよう!」

と、外で作業するあすか。
そこへやってくる元生徒会長は、素敵なイベントを開催したトロピカる部に感謝していました。

「トロピカる部。最初は問題ありって思ってたけど、私の見る目がなかったみたい。今、卒業フェスティバルをあおぞら中のみんなが楽しみにしている。こんなにわくわくする気持ちになったのは久しぶり」

と、元会長の百合子。

あすか「そういう気分をトロピカるっていうんだ」

あすかと仲直りし、すっかりデレた百合子。
あすかも受験に受けり、進学後は2人でテニスをすることが決まったようですね。

 

ローラの不安

その後、未完成の脚本で練習をするローラたち。

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

まなつ「なんかすっごく楽しい!」

まなつたちは本番を凄く楽しみにしていました。

ローラ「私、この街に来て、みんなに出会えてよかった」

ローラは言いました。
だからこそ、ローラは思うところがあるようで。

まなつはそんなローラの些細な変化に気づきました。

夜。

「ローラは女王様になったら、グランオーシャンに帰っちゃうの?」

まなつはローラに訊ねました。

ローラは帰っても時々来ると言いますが、

まなつ「もしかして、人魚の国の掟のこと、考えてるの?」

まなつはローラの不安を見抜いて……。

それでも、ローラは女王になって掟なんか変えればいいと言います。
けれどもローラの不安は消えず……。

人魚の国の掟が絶対なら、その時は――ローラは思い詰めていました。

 

一方、あとまわしの魔女もまた苦しんでいました。

魔女「残された時間はもうあまりない。私の寿命が尽きる前に、愚者の棺を開放するのだ。そうすれば、永遠の後回しが可能になる」

魔女はバトラーに命じ、バトラーがこの海で最も強い生物をヤラネーダへ変えることに。

 

怪しいバトラー

翌日。

学校をヤラネーダが襲いました。

あらわれたのはサメのヤラネーダでした。
まなつたちはプリキュアに変身してヤラネーダを倒します。

 

しかし、バトラーの本命は海で最も大きい生物――クジラのヤラネーダでした。

やる気を奪われ、倒れていく人々。

バトラー「いいですね。遥か昔、魔女様が滅ぼそうとした世界も、こんな感じでしたでしょうか」

バトラー「あの時は伝説のプリキュアに邪魔されてしまい、魔女様の望みはかないませんでしたけど」

バトラーは伝説のプリキュアと魔女の戦いをしっているようでした。
バトラーいわく、当時の魔女は”破壊の魔女”と呼ばれていたらしく――。

そんなバトラーの攻撃により、壊れてしまうアクアポッド。

画像引用元:©ABC-A 東映アニメーション

キュアラメールはやる気の回収が出来なくなってしまいました。
怒ったキュアサマーが突っ込むも、クジラのヤラネーダに食べられてしまい――。

バトラーとヤラネーダは海へ消えてしまうのでした。

トロプリ42話感想

卒業イベントを直前に控え、いよいよ最終決戦が近くなってきたようです。

・人間と関わったら記憶を消さないといけない人魚の掟
・伝説のプリキュアと一戦交えたらしいが、記憶がないあとまわしの魔女
・すべてを知っているようなバトラー

これはやはり、バトラーが黒幕で、魔女と伝説のプリキュアは和解の流れでしょうか。
そうなってくれれば、ヌメリーさんたち仲良し一家も改心して救われるはず。

あとはローラが女王になり、掟を変えてくれればいいのですが。

この掟が魔女の記憶と関わっていそうなので、もう2~3転しそうです。
ここにローラががっつり関わってくるだろうことを思うと、

今回は本当に、まなつとローラ、ダブル主人公って感じですね。

©ABC-A 東映アニメーション
ホームページ:トロピカル~ジュ!プリキュア

この記事のライティング担当:星崎梓

最新情報をチェックしよう!