TVアニメ『冴えない彼女の育てかた』ステルスヒロイン「加藤恵」の恋心に突き動かされた立ち位置の変化!まさしく理想の彼女可愛すぎる!!

ある日の桜舞う道でオタクの高校生「安芸倫也」は転がってきた白いベレー帽を拾い、視線を見上げるとヒロイン(彼女)が立っていた。

「ある春の日…俺は運命と出会った…」

一目見た瞬間心奪われた倫也。その女子は同じ学校、しかも同じクラスメイトの「加藤恵」だった。

出会いこそラブコメ作品の王道展開なのですが「情熱だけで始まったゲーム制作から描かれる恋愛模様」は他の作品と一線を画す魅力にあふれた作品になってます!

このコラムでは「加藤恵可愛いな!」って共感していただければなーと思います。

「冴えない彼女の育てかた」のヒロイン達

「冴えカノ」ではめちゃめっちゃ人を惹きつける魅力的なヒロインたちが登場します。例えばですねー!

・霞ヶ丘詩羽

豊ヶ崎学園の美少女として有名で学園トップの学力を誇る才女。
「恋するメトロノーム」超人気ラノベ作家「霞詩子」という裏の顔も持っている。

黒髪ロングの年上のお姉さん的存在で、何かと安芸倫也を誘惑して初心な反応を楽しんでからかっていたりする。
でも倫也が「恋するメトロノーム」の大ファンであると知り、彼の妄想や要望にこたえる形で詩羽が続編を出すほど入れ込んでいく。

・澤村・スペンサー・英梨々

豊ヶ崎学園の美少女として豪邸に住む正真正銘のお嬢様。
彼女も18禁同人誌も描くイラストレーター「柏木エリ」というもう一つの顔を持っている。

金髪ツインテの倫也とは同級生であり幼馴染。昔はオタク仲間として倫也と仲良しだったがイジメが原因で赤の他人のように振る舞うようになり、疎遠になっていた。しかし、英梨々は倫也に対する好意をずっと抱いており、関係修復を望んでいる。

っとまぁー、倫也と関係性が深い2人の美少女ヒロインがいるわけですよ。

そして、もう一人の忘れちゃならないヒロインがいますよね!

・加藤恵 今回の主役です。

倫也と同じクラスメイトですが目立たなさすぎて、倫也自身も彼女の存在に気づかなかったほどで背景に溶け込むステルス性能を持っており、よく見たら可愛いくらいのごく普通の女の子です。

運命の出会いだと思ったほど、倫也の理想のヒロイン像だった。それだけの理由でとんでもない方向に巻き込まれてしまう。

恵と倫也の繋がりはただのクラスメイト。しかも倫也に一方的な理想のヒロインなんだ!と熱弁しただけなんですよ。

英梨々や詩羽と比べたら深い仲ではなく薄い関係性です。

そんな冴えない彼女、恵がどんどん可愛くなっていく、次第には『こんな彼女ほしいよ!』って思うくらい魅力的なヒロインになっていきます。

『冴えない彼女の育てかた』のメインヒロインは加藤恵です。

断言してもいい…加藤恵ってかわいいよね??

冴えない彼女の育てかた』での加藤恵

やっと本題に入っていきます。前置きが長くてすみません。

「冴えカノ」の詩羽や英梨々も最初から倫也と関係だってキャラ立ちもメインヒロインになれるくらいの魅力を秘めているんですよ。

正直、みんな可愛いわけなんですけど…あえて言います!

『冴えない彼女の育てかた』においては「加藤恵」筆者が一番大好きなヒロインでした。現実味のある女子って感じが好きになった理由です。

倫也のわがままで『加藤恵を理想のヒロイン』にしたギャルゲーを作ろう!とサークル『blessing software』が始動!

プロデューサー:安芸倫也、ヒロイン役:加藤恵、シナリオ担当:霞ヶ丘詩羽、原画担当:英梨々 

ところが、倫也宅でギャルゲーを初めてプレイした加藤は「プレゼントイベント」は、

「貰えるものは貰っておけばいいと思うんだけどなー。あーそっか、確かにプレゼント貰っちゃうと別れた後で扱いに困っちゃうもんね。」

とギャルゲーにありがちなお約束が全く理解できないし、恋愛フラグをへし折って超現実的なこと言っちゃうんですよ。普通の女子らしい反応ですよね。

しかし、そんな彼女の反応にメインヒロインらしくはないと倫也は説教しちゃいます。

だから加藤恵は倫也をサポートをする形でサークルに参加していきます。

『諦める、締め切りに間に合わない。もうダメだ、才能なんて無かったんだ。』

倫也が諦めそうな時、必ず傍に居てくれるのはいつも加藤恵でした。

どんな倫也の無茶ぶりでも、頼まれたことは基本断らない付き合いの良さやなにげない気遣いがすごく可愛いポイントなんですよ。

例えば…加藤は家族旅行を一人抜け出して、倫也の求める”理想のヒロイン”を演じてみたり、最初は倫也の精神面ので支えることが多く、筆者は『加藤恵はなんていい子なんだ』って思いました。

しかし、そんなの序の口でした。2期はやばいぞ…加藤恵がどんどん可愛く変わっていく。

冴えない彼女の育てかた♭』では友達以上恋人未満??

まず、外見的なところを言えば…ボブカットでも既に可愛かったのに髪が伸びてロングヘアの恵も可愛いから困るわ!と筆者は思いました。

ステルスヒロインだったのに、男子生徒も告白しちゃうくらい人気急上昇します!

さらに第2期『冴えない彼女の育てかた♭』では、もうね…倫也と恵付き合ってないの?恋人じゃんね!って言いたくなる距離感になります。

なぜか恵は倫也宅の合鍵を持っていたり、みんなのために夜食を振る舞ったりして女子力の高さをいかんなく発揮する場面もあります。

もうこの時点で倫也の彼女になりましたって言われたら、信じるくらいのことは2人にとっての普通になってるし、ゲーム制作にも積極的に参加していく加藤恵。

最初は半ば無理やり倫也の情熱だけで巻き込まれた恵でしたが、副代表も務めることになっていまい、スクリプト作成を少し担当していたりするまでに。彼女のやる気と行動力は倫也も驚くほどでしたね。

1期の精神的なサポートからゲーム制作のサボートへどんどん加藤恵が変わっていく『blessing software』のなくてはならない存在になっても、

「倫也のさらに近く傍に居いるよ」って感じがいいんですよ!!

いやーもう詳しくは書けませんが「冴えない彼女の育てかた♭」8話はどのシーンが神すぎる!もう夫婦だよ!って思った方も多かったんではないでしょうか? 

冬コミ後の初めての喧嘩は「頼ってほしい!」から、キッチンで料理する2人、恵が倫也に説教したり立場が逆転していて、ちょっと珍しくテンションが高い加藤恵も可愛くて幸せです。

「やすきよ」こと安野希世乃さんが加藤恵を演じている!

加藤恵を演じているのは「安野希世乃」さんです!

加藤恵のフラットな毒舌も嫌な感じがしないし、その冷静なツッコミとやすきよの落ち着いたトーンと合い過ぎていてキュン死するぜ!!って感じです!

筆者は加藤恵とやすきよの声以外に考えられません!

「冴えない彼女の育てかた」をまさかタイトルにするとは思わなかったよと照れながら言うところは可愛いくて最高のヒロインだなと思います!

加藤恵がなぜ理想的なヒロインに見えてしまうのか!

倫也のことが大好きな詩羽や英梨々も一緒にゲーム制作に参加してくれているし、同じサークルの仲間であること。ここは加藤恵と立場的には変わりません。

でも、詩羽は超売れっ子作家と英梨々も人気イラストレーターなんですよ
ココが重要なポイントだなって思いました。

製作者サイドの作品づくりの厳しさを教えてくれる存在として倫也をサポートしてくれるヒロインだったように思います。

彼が幼馴染だろうが大ファンだろうが手加減なし、「霞詩子」「柏木エリ」の関わった作品で中途半端なギャルゲーを出すなんて許さないし、許されない。

命を削って作り上げる2人のプロ意識をヒシヒシと感じて、その重圧から倫也は押しつぶされそうになることも…

そんな時に加藤恵は、すごく前向きに元気づけられる方法を考えて支える。

「倫也くん落ち込んでる場合じゃないよ、頑張って作品仕上げようよ!」

今まで受け身だった恵が、倫也を元気づけるという形で引っ張っていく。
どんどん理想のヒロインに育っていく、そんな恵が溜らなく可愛いんですよ。

『冴えない彼女の育てかた♭』を視聴し終わった頃には、「加藤恵が可愛いし、変わったなーー!」て思うはずです。

映画:冴えない彼女の育てかた Fineも最高でした。

『blessing software』がどうなっていくのか、そして、1番気になるところ、安芸倫也と加藤恵の関係は進展?停滞?それとも後退なんてこともあり得る!?

いろんな意味でドキドキ出来た最高の映画でした。「Fine」か…もう最後なのかと名残惜しい終わってほしいくない!って思っちゃいました。

「冴えない彼女の育てかた」のジャンルこそ、ラブコメディーですが「ゲームを作る「大変」と「楽しい」を教えてくれる」作品でもあります。

個人的には、「ラブコメディー」だけでは納まりきらない神作品だと思います。気になった方はぜひともチェックしてみてください。

ここまで好きに書かせていただきました。最後まで読んでくださりありがとうございました。

文章:あそしえいつMC

 

最新情報をチェックしよう!