『ゴブリンスレイヤー』超個人的な美人ヒロインをご紹介します、みんな驚異の可愛さよ。

今更ながら、「ゴブリンスレイヤー」に激ハマリしてぶっ通しで視聴してしまった。時間があれば2週目も全然観たい筆者です。

知り合いから『ゴブリンスレイヤーは硬派でいいぞ』とおススメされたのがキッカケで視聴し始めましたが、「ホントその通り」の作品でした。

まず、魔王を倒すために世界各地を冒険するみたいな物語ではありません。

本当にゴブリンだけを絶滅させることが目的。
雑魚キャラ的な扱いのゴブリンがいかに残忍かつ恐ろしい魔物かが描かれています。

主人公の『ゴブリンスレイヤー』の名に相応しい、そのストーリーの根幹が揺るがない硬派な描き方がとても大好きです。

そんな『ゴブリンスレイヤー』の可愛いなーっと激推し女性キャラクターを紹介していこうと思ってます。

ゴブリンスレイヤーについて書こうと…あにぶで検索したら

実はですね!ゴブリンスレイヤーを観終わった筆者はこんなことを思ってました。

『ファーーめっちゃ面白いじゃないですかー!ゴブリンスレイヤーの魅力について書こう!』とかなり盛り上がっていました。

しかし、あにぶさんで検索したところ…めちゃめちゃ完成度の高い作品が公開されていてびっくり!

関連記事

2018年 秋アニメの『 ゴブリンスレイヤー 』。ツイッターでもかなり話題のこの作品ですが、実際に視聴を始めてみると本当にストーリーに引き込まれるアニメ作品です。 そこでこのコラムでは、放送済みの第3話までの簡単なストーリーの流れを追って[…]

今から観ても遅くない『 ゴブリンスレイヤー 』の魅力を語りたい!

「で…でもキャラコラムならかけるよね?(震え声)」で検索したら、驚異的に面白い胸囲のコラムがあるね、びっくり!

関連記事

2018年秋アニメの『 ゴブリンスレイヤー 』にハマってるアニメファンの方々におすすめの今回のコラム。そう、『 ゴブリンスレイヤー 』に登場する、筆者お気に入りの女性キャラを、心の目で3人に絞り込みました! 『 ゴブリンスレイヤー 』はま[…]

『 ゴブリンスレイヤー 』気になる女性キャラBEST3

どちらも分かりやすくて、大事なポイントとボインを押さえてる!って思ったわけですよ。

でも、この筆者の熱量はどこへってぶつけたらいいの?って考えた結果、まだ魅力女性キャラが登場するではないか!と思いました。

剣の乙女 声:遠藤綾

10年前の魔人王を倒した「六人の英雄」の一人で神官のトップ。丁寧な言葉づかい、

どんな罪でも包み込んでくれるような女神像のような出で立ちとあの目隠しが闇を抱えていそうなミステリアスな雰囲気もあって、文句なしの絶世の美女です。

しかもゴブリンスレイヤーより格上の金等級冒険者なのでその実力が気になるところですが、正直それどころじゃないよ!

ゴブリンスレイヤーに恋の猛アタック詰め寄る詰め寄る…もうあなたのことしか見えません!「剣の乙女」をやめて「恋の乙女」みたいでした。

わざと薄着でゴブリンスレイヤーに身体を預けて守ってほしいアピールの強靭な精神力がなければあんなの耐えられないよ。
抜群のプロポーション「剣の乙女」ほんとセクシーすぎますよ。

魔女 声:日笠陽子

すごーくおっとりした喋り方で妖艶で掴みどころのない大人びた雰囲気で、常に相棒の「槍使い」と行動していたイメージがあります。

槍使いが受付嬢にちょっかいをかけようとする度に止めたり、新米冒険者に補助アイテムをあげたり、優しくて面倒見のいい人です。

一方で魔女はほんと「槍使い」を信頼しているところがめちゃくちゃ好きなんです。

「普通のゴブリンを相手するよりずっと得意」と魔女は、ゴブリンチャンピオンと戦っている槍使いの手助けするわけなく、心配するでもないただ見守るのみ。

並みの冒険者だったら絶対こんなことできませんよ。槍使いのことを誰よりも理解しているから出来ること、理想のパートナーって感じが羨ましい限りです。

そして、もうひとつ気になるのは…谷間からアイテムを取り出すシーンがあるんですよ、筆者は固唾をのんで食い入るように見てました。

初めて観た時は思わず、そのアイテムどこにしまってるんですか?ってツッコミました。まるで四次元ポケットみたいだなーってちょっと笑いました。物が埋まるくらい豊満な胸ってすごいよね!

ハイエルフの妖精弓手 声:東山奈央

ゴブリンスレイヤーとパーティーを組むハイエルフ。見た目こそ美少女ですが、年齢的には2000歳くらいだそうです。
高い探索能力と素早い動きで相手を翻弄しながら、正確な狙いでゴブリンを仕留めていく頼れる弓使い。

ゴブリンスレイヤーのだたゴブリンを殲滅するストイックな冒険スタイルを好きになれないと言っており、

冒険はもっと楽しいもの。いつか本当の冒険をさせてあげる”と彼に好意を抱いている一人でもあります。

彼の寿命が短く別れが来ると知っていても、ゴブリンスレイヤーと冒険がしたいという妖精弓手。
いつか旅が終わったとしても、共に歩み続けたい。そんな冒険ならものすごくロマンチックですね。

彼女からは単に恋心というだけでなく、ゴブリンスレイヤーに対する尊敬みたいなものを感じます。

大きい…大きい…こぶり…。おっとつい口にしてしまった!

「ゴブリンスレイヤー」マジで他の冒険譚とは一線を画す面白さがあります。

世界を救う勇者でもない単なる冒険者「ゴブリンスレイヤー」という変わり者をこんなにカッコイイと思ってしまうのか?
全話観終わったころには、必ず彼のトリコになっていると思います。

ちなみに、大きい…大きい…こぶり…と書きましたが何にも深い意味はありませんよ!

みんな驚異的に可愛いので、「ゴブリンスレイヤー」おススメですよ!!

文章:あそしえいつYH

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

この記事のライティング担当:あそしえいつ

最新情報をチェックしよう!